2028件中 61 - 70件表示
  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見たキューバキューバ

    遥か南で解放者シモン・ボリーバルやホセ・デ・サン・マルティンが諸国を解放する中、黒人、インディオ、メスティーソらの下層民衆による反乱を恐れるペルー、アルト・ペルー、キューバ、プエルトリコ、中央アメリカ、メキシコのクリオージョはスペインの絶対王政を維持しようとしていたが、1820年にスペイン本国で自由主義的なリエゴ革命が勃発すると、王党派・保守派クリオージョは本国で採択された自由主義憲法に反発してスペインへの抵抗を叫ぶようになった。この時流をうまくつかんだクリオーリョの軍人アグスティン・デ・イトゥルビデがメスティーソやインディオを含む独立派ゲリラ軍と、保守的クリオーリョらを、「スペインへの反発と独立志向」という共通点でまとめることに成功し、副王以下の植民地軍は屈服した。1821年にはヌエバ・エスパーニャ副王領は廃止され、メキシコは独立を達成した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たキューバキューバ

    1956年にベラスコ・イバラは任期を無事に終え、キリスト教社会党から出馬したカミーロ・ポンセがプラサ政権以来の外資導入による農業、油田、鉱業の開発を進めた。しかし、1959年にバナナブームが終焉すると、ポンセ政権は不安定化し、1960年にはベラスコ・イバラが大統領に就任した。第四次ベラスコ・イバラ政権は1960年に1942年のリオデジャネイロ議定書を無効と宣言し、ペルーのアマゾン領有を認めない姿勢をとって民族主義色を打ち出し、この時からエクアドルは「アマゾン国家」であることを標榜するようになったが、経済の衰退に対処できず、翌1961年に失脚した。後を継いだ副大統領カルロス・フリオ・モンロイの時代に、キューバ革命の影響を受けてエクアドル青年革命同盟がゲリラ戦を開始し、1962年にはキューバとの断交を決意した。1963年にモンロイはゲリラに脅威を覚えた軍部のクーデターにより失脚し、海軍のラモン・カストロ・ヒホン提督が政権に就いたが、左翼勢力を弾圧する一方で「進歩のための同盟」の要請に基づいて行われた農地改革は遅々として進まず、国内がまとまらないまま1966年にヒホン政権は崩壊した。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ミレヤ・ルイス

    ミレヤ・ルイスから見たキューバキューバ

    アレハンドリナ・ミレヤ・ルイス・エルナンデス(Alejandrina Mireya Luis Hernández, 1967年8月25日 - )は、キューバの女子バレーボール選手。カマグエイ出身。ポジションはウイングスパイカー。元バレーボールキューバ女子代表。ミレヤ・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ぜんぶ、フィデルのせい

    ぜんぶ、フィデルのせいから見たキューバキューバ

    『ぜんぶ、フィデルのせい』() は、政治的で左翼的な映画づくりで有名なギリシャ出身・フランスの映画監督・脚本家コスタ=ガヴラスの娘、ジュリー・ガヴラス監督初の長編劇映画・フィクション作品。1968年の五月革命、フランコ独裁政権のスペイン、1970年のアジェンデ大統領の就任によるチリ社会主義政権成立などを背景に、主としてパリにおけるフランスの反体制(共産主義や社会主義)運動に参加する父親と、人工妊娠中絶の権利を求めるフランスのウーマンリブ運動に参加する母親を持った娘の視点から、親との葛藤と自身の成長の過程を描く。題名の「フィデル」は指導者として1959年のキューバ革命で社会主義政権を成立させたキューバ国家元首のフィデル・カストロを指す。ぜんぶ、フィデルのせい フレッシュアイペディアより)

  • ダナイ・ガルシア

    ダナイ・ガルシアから見たキューバキューバ

    ダナイ・ガルシア(Danay García,1984年7月5日-)は、キューバの女優。現在はフォックス放送のテレビドラマ『プリズン・ブレイク』でソフィア・ルーゴを演じている。ダナイ・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アマダレガイ

    アマダレガイから見たキューバキューバ

    アマダレガイ(雨垂れ貝)、学名 はアマガイモドキ科(あるいは科)に分類される巻貝の一種。パラオの海底洞窟で発見された死貝に基づいて1999年に新属新種として記載されたが、あまりにも風変わりな形から、新種記載の時点では所属の科が特定されず、現在も1属1種。その後よく似た形態をもつ種がキューバの海底洞窟から発見され、こちらも2009年に新科新属新種として記載されたが、現在も両種はそれぞれ別科に置かれている。和名は殻形を雨滴に見立てたもの。属名はラテン語の「pluvia(雨)」と「stilla(滴)」を合わせたもの、種名は「パラオに産する」の意。アマダレガイ フレッシュアイペディアより)

  • ビニャーレス渓谷

    ビニャーレス渓谷から見たキューバキューバ

    ビニャーレス渓谷()は、キューバにあるカルスト地形の窪地である。渓谷の面積は、132 km² で、ピナル・デル・リオ州(Pinar del Río Province)ビニャーレス市(Viñales)の真北にあたるオルガノス山脈(Sierra de los Organos)に位置している。ビニャーレス渓谷 フレッシュアイペディアより)

  • AR-10

    AR-10から見たキューバキューバ

    オランダのAI社はスーダンモデルを先駆けに多くのAR-10を製造した。スーダンモデルのAR-10は銃身にフルートが切ってある他、調整式のガスレギュレーターを備えており、重さが3.29kgと非常に軽量である。しかしAR-10の製造はグアテマラ、ビルマ(ミャンマー)イタリア、キューバ、スーダンそしてポルトガルでのみ行われ、その数は限られたものであった。スーダンではゲリラ部隊や隣国との戦闘においてAR-10が使用され、鹵獲されたAR-10はアフリカ諸国で非制式ライフルとして採用された他、ゲリラ部隊やさらにはフランスの植民地でも使用された。AR-10は1985年までスーダンの特殊部隊において使用された。AR-10 フレッシュアイペディアより)

  • ジャズドラム

    ジャズドラムから見たキューバキューバ

    アフリカの奴隷たちがカリブ海諸島、特にキューバへと連れて来られたという経緯のため、クラーベ(スペイン語:)はカリブ音楽に不可欠なものでもある。これらの文化のミュージシャンたちにとってクラーベは、リズムを合わせ、また曲の中でどの拍にアクセントを置くかを決定するための道具として機能する。アフリカでは、クラーベは小節を3つの拍に分割したものに基づいて構成され、そのうち一部の拍のみが強調される。(さまざまなバリエーションがある)アフリカのものから派生したキューバのクラーベは2つの小節からできており、うち1つは3拍、もう1つは2拍からなっている。2つの小節は3拍と2拍のどちらを先に演奏しても良く、それぞれ「2-3」「3-2」と呼ばれる。ジャズドラム フレッシュアイペディアより)

  • スペイン・ブルボン朝

    スペイン・ブルボン朝から見たキューバキューバ

    フランス革命戦争、ナポレオン戦争はスペインに革命・自由主義思想をもたらしたが、それは海を越えてスペイン領であったラテンアメリカ諸国にまで及ぶことになった。新思想に最も染まったのがクリオーリョであり、彼等は本国スペインに対して独立戦争を起こした。かくして、プエルトリコとキューバを除く全ラテンアメリカ諸国が独立を達成したのである。ラテンアメリカ諸国の独立により、スペインは広大な植民地、そして市場を失うに至った。半島戦争に次ぐ大打撃であった。スペイン・ブルボン朝 フレッシュアイペディアより)

2028件中 61 - 70件表示

「キューバ」のニューストピックワード