2755件中 81 - 90件表示
  • アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)

    アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918)から見たキューバキューバ

    19世紀末、アメリカ合衆国はキューバを征服して、スペインの支配から事実上アメリカの支配下に置き、ハワイとプエルトリコを併合した。米西戦争の終わりにはフィリピンを獲得し、人民数十万人を殺害してその独立運動を抑圧し、フィリピン諸島の近代化を進めて、特に数十万人を殺した伝染病の流行を止めるために公衆衛生を改善した。アメリカ合衆国の歴史 (1865-1918) フレッシュアイペディアより)

  • ドラマティック・ディズニーシー

    ドラマティック・ディズニーシーから見たキューバキューバ

    キューバ出身のラテン・アコースティック・グループ「ティピコ・オリエンタル」(Tipico Oriental)による本格ライブ。ロストリバーデルタの「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」内に設けられた特設ステージにて開催された。ドラマティック・ディズニーシー フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂美紀

    赤穂美紀から見たキューバキューバ

    1997年、ラテン歌手のあい御影氏の率いるキューバ音楽旅行に参加。赤穂美紀 フレッシュアイペディアより)

  • THE GODFATHER2

    THE GODFATHER2から見たキューバキューバ

    物語の舞台は1958年から1959年のニューヨーク、マイアミ、キューバの首都ハバナである。マップは簡略されているが、当時の街並みを再現している。THE GODFATHER2 フレッシュアイペディアより)

  • チコとリタ

    チコとリタから見たキューバキューバ

    『チコとリタ』 (Chico & Rita) は、2010年に公開されたスペイン=イギリス合作映画。1940年代・1950年代のキューバやアメリカのジャズ・シーンを舞台にした音楽アニメーション。音楽監修と劇中のチコのピアノ演奏は、キューバ音楽の黄金時代の中心人物。チコとリタ フレッシュアイペディアより)

  • カルメン・ミランダ

    カルメン・ミランダから見たキューバキューバ

    アメリカ合衆国でミランダの人気が上昇し続ける一方、彼女はブラジル人の支持を失い始めた。1940年7月10日、彼女はブラジルに帰国しファンの声援で歓迎されたが、彼女の到着直後、ブラジルのプレスはアメリカの商業主義に屈したミランダを非難し、ブラジルにとってマイナスのイメージを投げ掛け始めた。上流階級の人々は、彼女のイメージが“黒”と感じ、あるブラジルの新聞は“不味い黒サンバを唄う”と非難した。その他ブラジル人は、アメリカ到着時に受けたインタビューで“ラテンアメリカの女性”の固定観念を誇張しているとし、非難した。によるインタビューにおいて、ミランダは当時の限られた英語の知識について話し、“お金、お金、お金。私は英語で20単語しか話せない。お金、お金、お金、万歳!”と言った。7月15日、彼女はブラジルのファースト・レディ、ダルシ・バルガス主催のチャリティ・コンサートに出演した。このコンサートは、ブラジルの上流階級が参加した。彼女は英語で聴衆を歓迎したが、沈黙した反応となった。ミランダがクラブ公演“ザ・サウスアメリカン・ウェイ”での1曲を歌い始めた際、聴衆は彼女をやじり始めた。彼女は舞台を終えようとしたが諦め、観客がやじり終えた後あと、ステージを後にした。この出来事はミランダを深く傷つけ、彼女は着替室で号泣した。翌日、ブラジル紙は“あまりにもアメリカ化されてしまった”と彼女を非難した。数週間後の1940年9月2日、ミランダはポルトガル語の歌“ Disseram QUE Voltei Americanizada”(または“They Say I've Come Back Americanized”、邦題:『アメリカかぶれしたと言われるけれど』)を録音して批判に応じた。このような曲を唄わざるを得ないほど、当時の彼女に対する批判は凄まじかったと云うことなのだろう。彼女の唄いぶりも、フレーズを崩しながら独特の“ボサ”感覚を引き出そうとしてはいるものの、節回しに以前のような余裕が無く、聞き手とのコミュニケーションが取れないことが唄に影響を及ぼしていることがわかる。別の歌である“バナナズ・イズ・マイ・ビジネス”は、彼女が出演した映画のあるくだりに基づいたもので、彼女のイメージを直接的に植えつけたものであった。彼女は自身への批判に激しく動揺し、14年間もブラジルへの帰国を避けたセッション以降、彼女はブラジルに於いて二度と録音を残すことはなかった。ミランダの出演映画は、その文化的に均一な中央・南アメリカの特徴付けにおいて、ラテンアメリカの聴衆から厳しい眼差しを向けられていた。彼女の映画が中央・南アメリカで上映された際、その映画はアメリカ人の先入観でラテンアメリカ文化を描写しており、実際とはかけ離れていると強く感じられた。多くのラテン系アメリカ人は彼らの文化が誤って伝えられており、また彼らの土地の出身であるカルメン・ミランダが、彼らのことを誤って伝えていると感じた。彼女の映画『遥かなるアルゼンチン』(1940)は、猛烈な批判を浴び、アルゼンチンの評論家はアルゼンチンの文化を描写できていないと述べた。映画中の歌詞はアルゼンチンとは関係ないテーマで唄われ、厳密にはアルゼンチンではなく寧ろメキシコ、キューバおよびブラジル文化の融合であるとされた。“ブエノスアイレスでの生活を誤って描写している”ため、『遥かなるアルゼンチン』はアルゼンチンにおけるその後の上映が禁止された 。翌年の映画“ウィークエンド・イン・ハバナ”(1941)の後、同様な気運がキューバでも高まった。キューバの聴衆は、ミランダが演じるキューバ女性の描写に立腹した。映画評論家は、リオから来た人間がハバナの女性を演じることは恐らくできないと主張した。更に、彼らは“映画でのミランダの踊りはキューバのものではない”と批判した。ミランダの演技に関しても議論が湧き、単にブラジル文化とその他ラテン文化を混成させただけとされた。批評家は、他の彼女が出演した映画では、ラテンアメリカの直接的な象徴としてはブラジル文化で十分であるという仮定の下、ラテンの地を誤って伝えていると批評した。カルメン・ミランダ フレッシュアイペディアより)

  • タンパベイ・レイズ対キューバ代表の親善試合

    タンパベイ・レイズ対キューバ代表の親善試合から見たキューバキューバ

    タンパベイ・レイズ対キューバ代表の親善試合は、2016年3月22日にキューバで開催されたメジャーリーグベースボール(MLB)のタンパベイ・レイズと野球キューバ代表による国際親善試合である。タンパベイ・レイズ対キューバ代表の親善試合 フレッシュアイペディアより)

  • ラテンアメリカ自由貿易連合条約

    ラテンアメリカ自由貿易連合条約から見たキューバキューバ

    ラテンアメリカ自由貿易連合条約(らてんあめりかじゆうぼうえきれんごうじょうやく、、略称:LAFTA)は(後にラテンアメリカ統合連合に移行した)、1960年にアルゼンチン、ブラジル、チリ、メキシコ、パラグアイ、ペルー、ウルグアイによる1960年のモンテビデオ条約に基づき創設された。加盟国はラテンアメリカに共通市場を創設することを求め、加盟国間の関税払い戻しを求めた。1980年、LAFTAは現在アルゼンチン共和国、ボリビア共和国、ブラジル連邦共和国、チリ共和国、コロンビア共和国、キューバ共和国、エクアドル共和国、メキシコ合衆国、パラグアイ共和国、ペルー共和国、東ウルグアイ共和国、ベネズエラボリーバル共和国から成るラテンアメリカ統合連合(ALADI)に再編した。ラテンアメリカ自由貿易連合条約 フレッシュアイペディアより)

  • チャノ・ポソ

    チャノ・ポソから見たキューバキューバ

    ルシアーノ・チャノ・ポソ(Luciano "Chano" Pozo, 1915年1月7日 - 1948年12月2日)は、キューバ共和国ハバナ出身のパーカッショニスト。コンガ奏者(コンゲーロ)として良く知られ、ラテン・ジャズの発展に貢献する。チャノ・ポソ フレッシュアイペディアより)

  • マリアンヌ・パール

    マリアンヌ・パールから見たキューバキューバ

    オランダ系ユダヤ人・アフロ=ラテン系キューバ人・中国系キューバ人の血を引く両親の間にパリにて生まれる。1999年にWall Street Journalの記者であるダニエル・パールと結婚。マリアンヌ・パール フレッシュアイペディアより)

2755件中 81 - 90件表示