596件中 51 - 60件表示
  • キューバ

    キューバから見たベン・ベラ

    1962年2月3日にアメリカのジョン・F・ケネディ大統領はキューバとの輸出入を全面禁止し、キューバの経済封鎖を行うと発表した。同年、キューバにおけるソ連の弾道ミサイル基地の建設とミサイルの搬入が明らかとなり、核戦争の危機となった。米ソの妥協で核戦争は回避されたが(キューバ危機)、アメリカとキューバの関係は一挙に悪化した。1965年にアメリカとキューバは反体制派キューバ人のアメリカ亡命を認めることで合意し、1973年までに26万人以上がキューバを去った。1960年代のキューバは第三世界非同盟外交に基づいて世界革命を推進し、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ各地に軍事顧問団を派遣した。ベトナム戦争を戦う北ベトナムや、セク・トゥーレ政権のギニア、ベン・ベラ政権のアルジェリアなどと関係を深め、コンゴ民主共和国やボリビアにはチェ・ゲバラ率いるゲリラ部隊が派遣された。1967年にゲバラがボリビアで戦死したため、『ゲリラ戦争』で主張されたマルクス=レーニン主義、チェ・ゲバラ=フィデル・カストロ路線に基づくラテンアメリカでの農村ゲリラ革命路線は失敗に終わった。ゲバラの死後のラテンアメリカ諸国の社会主義運動は、1970年のチリに於けるサルバドール・アジェンデ政権成立のように平和革命路線に移行し、キューバもそれまでの強硬路線に代えてこのような平和的変革を支持した。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たアナスタス・ミコヤン

    2月4日 アナスタス・ミコヤンソ連副首相訪問、キューバ・ソ連通商条約調印キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たルイス・ティアント

    ルイス・ティアント(元メジャーリーガー)キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たトマス・グティエレス・アレア

    著名な映画人としては、イタリアのネオレアリズモに影響を受け、ブラジルのネルソン・ペレイラ・ドス・サントス、アルゼンチンのフェルナンド・ビッリと共に新ラテンアメリカ映画運動の火付け役ともなった『エル・メガノ』(1955年)のフリオ・ガルシア・エスピノーサや、『ルシア』(1968年)のウンベルト・ソラス、『低開発の記憶』(1970年)、『苺とチョコレート』(1993年)のトマス・グティエレス・アレア、『永遠のハバナ』(2003年)のフェルナンド・ペレスが挙げられる。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たシモン・ボリーバル

    19世紀初め、シモン・ボリーバルやホセ・デ・サン・マルティン、ミゲル・イダルゴらの活躍により、大陸部のスペイン植民地は既に独立していたが、キューバではそのように新たに独立した国から旧王党派が亡命し、スペイン本国はフィリピン、プエルトリコなどと共にわずかに残った最後の植民地キューバを決して手放すまいとして、キューバの駐留スペイン軍を強化した。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たロス・バン・バン

    冷戦後、1990年代になると、ロス・バン・バン、アダルベルト・アルバレス・イ・ス・ソンなど、ニューヨーク・サルサのセンスも取り入れたソンのグループが次々に現れ、大きな人気を獲得。また、ヨーロッパなどで公演する演奏家も増加した。1990年代末には古老ミュージシャン達を扱った映画(1998年のヴィム・ヴェンダース監督作品『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ』)が世界的なヒットとなったこともあり、経済封鎖自体はまだ続いているものの、アメリカ系大手レコード会社が、次々にキューバの音楽家と契約し、来日公演なども増加するなど、キューバ・ブームといってよいほどの活況を呈している。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たドワイト・D・アイゼンハワー

    4月15日 フィデル・カストロ、ニューヨークへアメリカ政府に対する表敬訪問。アメリカ政府はアイゼンハウアー大統領がゴルフに出かけたとの理由で首脳会談を拒否キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たホエール・カサマヨール

    ホエール・カサマヨール(ボクサー、バルセロナオリンピック金メダリスト、現世界チャンピオン)キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たクリストバル・トリエンテ

    クリストバル・トリエンテ(元ニグロリーガー、アメリカ野球殿堂入り)キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たジョルジュ・ビゼー

    19世紀にフランスのジョルジュ・ビゼーがハバネラのリズムを取り入れた時からキューバ音楽の世界への拡大は始まっていたが、キューバ音楽は、まず1930年にソンがアメリカで紹介され、1930年代以降、アメリカを中心に世界中に広まった。ただし、その際にソンが「ルンバ」として紹介されたため、元来のルンバと「ルンバ」と呼ばれるソン(現在でも社交ダンスで「ルンバ」と呼ばれるものは、このソンである)を区別する必要がある。キューバ フレッシュアイペディアより)

596件中 51 - 60件表示

「キューバ」のニューストピックワード