519件中 71 - 80件表示
  • キューバ

    キューバから見たニキータ・フルシチョフ

    10月28日 フルシチョフ・ソ連首相、ミサイル撤去受け入れキューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たホセ・デ・サン・マルティン

    19世紀初め、シモン・ボリーバルやホセ・デ・サン・マルティン、ミゲル・イダルゴらの活躍により、大陸部のスペイン植民地は既に独立していたが、キューバではそのように新たに独立した国から旧王党派が亡命し、スペイン本国はフィリピン、プエルトリコなどと共に僅かに残った最後の植民地キューバを決して手放すまいとして、駐キューバスペイン軍を強化した。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たミゲル・イダルゴ

    19世紀初め、シモン・ボリーバルやホセ・デ・サン・マルティン、ミゲル・イダルゴらの活躍により、大陸部のスペイン植民地は既に独立していたが、キューバではそのように新たに独立した国から旧王党派が亡命し、スペイン本国はフィリピン、プエルトリコなどと共に僅かに残った最後の植民地キューバを決して手放すまいとして、駐キューバスペイン軍を強化した。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たレイナルド・アレナス

    革命後は、1971年のパディーリャ事件のような革命政権による文学者への弾圧のため、カルペンティエルを例外として多くの作家がキューバを去り、亡命先で執筆を続けた。著名なキューバ人作家としては革命後に亡命し、反フィデル・カストロ運動と『三頭の悲しき虎たち』で知られるギリェルモ・カブレラ=インファンテや、ホセ・レサマ・リマ、レイナルド・アレナス、ビリヒリオ・ピニェーラ、セネル・パスなどが挙げられる。特にアレナスは亡命先のニューヨークで魔術的リアリズムの傑作として知られる『めくるめく世界』などを残している。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たジョージ・ウォーカー・ブッシュ

    アメリカ合衆国下院は2003年9月9日、アメリカ人のキューバ訪問禁止解除の法案を可決(今回で4度目の可決、賛成227、反対188)。10月23日には上院も同趣旨の法案を可決(賛成59、反対38)。いずれもジョージ・W・ブッシュ大統領の所属する共和党主導で行なわれた。連邦財務省の試算によれば、2002年に合法的にキューバを訪問したアメリカ人は約16万人で、うち半数はキューバ系アメリカ人、ほかに人権団体、教育関係者、ジャーナリスト、外交官など。それ以外に罰金・禁固刑のリスクをかえりみず、カナダ、メキシコ経由で違法にキューバ渡航する者も多いと財務省当局はみている。ロナルド・レーガン大統領の時代、罰則は罰金25万ドル・10年の懲役刑へと引き上げられている。渡航禁止が解除された場合、初年度の渡航者は100万人に達すると財務省は試算。国連総会は11月4日、アメリカの42年間におよぶ対キューバ通商禁止解除を求める決議を可決した(賛成179、反対3、反対はイスラエルとマーシャル諸島、アメリカ合衆国。この決議は今年で12回目)。11月6日、アメリカ上院はさらに、外交委員会で渡航禁止解除を決議した。ブッシュ政権は2004年の大統領選に向け、大票田であるフロリダ州のキューバ系アメリカ人票をつなぎ止めるため、上下両院で可決された法案に対し拒否権発動の姿勢を崩さない。キューバとの通商はフィデル・カストロを利するだけで、一般のキューバ人への利益にはならないというのがブッシュ政権の説明である。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たホエール・カサマヨール

    ホエール・カサマヨール(ボクサー、バルセロナ五輪金メダリスト、現世界チャンピオン)キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たペレス・プラード

    ペレス・プラード(「マンボの王様」)キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たラファエル・パルメイロ

    ラファエル・パルメイロ(元メジャーリーガー)キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たジョージ・W・ブッシュ

    アメリカ合衆国下院は2003年9月9日、アメリカ人のキューバ訪問禁止解除の法案を可決(今回で4度目の可決、賛成227、反対188)。10月23日には上院も同趣旨の法案を可決(賛成59、反対38)。いずれもジョージ・W・ブッシュ大統領の所属する共和党主導で行なわれた。連邦財務省の試算によれば、2002年に合法的にキューバを訪問したアメリカ人は約16万人で、うち半数はキューバ系アメリカ人、ほかに人権団体、教育関係者、ジャーナリスト、外交官など。それ以外に罰金・禁固刑のリスクをかえりみず、カナダ、メキシコ経由で違法にキューバ渡航する者も多いと財務省当局はみている。ロナルド・レーガン大統領の時代、罰則は罰金25万ドル・10年の懲役刑へと引き上げられている。渡航禁止が解除された場合、初年度の渡航者は100万人に達すると財務省は試算。国連総会は11月4日、アメリカの42年間におよぶ対キューバ通商禁止解除を求める決議を可決した(賛成179、反対3、反対はイスラエルとマーシャル諸島、アメリカ合衆国。この決議は今年で12回目)。11月6日、アメリカ上院はさらに、外交委員会で渡航禁止解除を決議した。ブッシュ政権は2004年の大統領選に向け、大票田であるフロリダ州のキューバ系アメリカ人票をつなぎ止めるため、上下両院で可決された法案に対し拒否権発動の姿勢を崩さない。キューバとの通商はフィデル・カストロを利するだけで、一般のキューバ人への利益にはならないというのがブッシュ政権の説明である。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たコモンズ

    吉田太郎『有機農業が国を変えた──小さなキューバの大きな実験』コモンズ、2002年8月。ISBN 4906640540。キューバ フレッシュアイペディアより)

519件中 71 - 80件表示

「キューバ」のニューストピックワード