69件中 41 - 50件表示
  • キューピー

    キューピーから見た日本興業銀行

    日本の長期信用銀行であった日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)もキューピーを使用していた。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見たみずほコーポレート銀行

    日本の長期信用銀行であった日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)もキューピーを使用していた。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見たクピードー

    キューピー(Kewpie)とは、1909年に米国のイラストレーター、ローズ・オニール(Rose O'Neill、1874年6月25日 - 1944年4月6日)がキューピッドをモチーフとしたイラストで発表したキャラクターである。この項ではキャラクターおよびキャラクターをもとにした人形について記す。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見たイラストレーション

    キューピー(Kewpie)とは、1909年に米国のイラストレーター、ローズ・オニール(Rose O'Neill、1874年6月25日 - 1944年4月6日)がキューピッドをモチーフとしたイラストで発表したキャラクターである。この項ではキャラクターおよびキャラクターをもとにした人形について記す。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見た天才バカボン

    キュージョンの融合対象は、「ウルトラマン」「天才バカボン」「セサミストリート」「忍者ハットリくん」「鉄腕アトム」「ゲゲゲの鬼太郎」「妖怪人間ベム」「ゴレンジャー」「科学忍者隊ガッチャマン」「ヤッターマン」「仮面ライダー」「新世紀エヴァンゲリオン」「サンダーバード」など多岐にわたっている。またハローキティなどのキャラクターと同様に、ご当地限定グッズの展開も行っている。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見た玩具

    1925年以降になると材質はセルロイド製が主流になった。第一次世界大戦で疲弊したドイツに代わり日本がセルロイド製品を多く手がけるようになり(原料である樟脳の資源が豊富だった背景がある)、着色が容易なことからカラフルなキューピーが登場した。燃えやすいなどの欠点が指摘され始めて以降はソフトビニール製のキューピーが主流となった。(1954年に、アメリカはセルロイド製の玩具を輸入禁止としている)キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見たアメリカ合衆国

    キューピー(Kewpie)とは、1909年に米国のイラストレーター、ローズ・オニール(Rose O'Neill、1874年6月25日 - 1944年4月6日)がキューピッドをモチーフとしたイラストで発表したキャラクターである。この項ではキャラクターおよびキャラクターをもとにした人形について記す。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見たサンダーバード (テレビ番組)

    キュージョンの融合対象は、「ウルトラマン」「天才バカボン」「セサミストリート」「忍者ハットリくん」「鉄腕アトム」「ゲゲゲの鬼太郎」「妖怪人間ベム」「ゴレンジャー」「科学忍者隊ガッチャマン」「ヤッターマン」「仮面ライダー」「新世紀エヴァンゲリオン」「サンダーバード」など多岐にわたっている。またハローキティなどのキャラクターと同様に、ご当地限定グッズの展開も行っている。キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見た雑誌

    1903年の暮れ、オニールはキューピッドをモチーフとしたイラストキューピーをアメリカの雑誌「COSMOPOLITAN」に発表した。その後、1904年・1905年・1908年に、同様のイラストを雑誌に発表しており、1909年までに作者自身が非公式に編集者などの打ち合わせの際などにキューピーと呼んでいたキャラクターやイラストはあることがわかっている。(オニール本人は、1909年6月に書かれた編集者宛の手紙の中で「・・・私は数年前から彼らをキューピーと呼んでいます。」と言っている。)キューピー フレッシュアイペディアより)

  • キューピー

    キューピーから見たイタリア

    オニールはこのキャラクターへの反響に応えて、雑誌の付録として紙を切り抜く形での立体人形を手がけるようになる。これはキューピーの表と裏からみた場合のイラストを、切り抜いて貼り合わせ、同様に着せ替えもできるというものであった。それにつれて立体的な人形の形でという要望が多くなり、オニールは自分の手で小さな彫像を彫ってみたところ、それを見た複数のメーカーが商品化のオファーを持ってくるようになった。初登場から4年程が経過した1912年、ドイツのメーカーによるからビスク・ドール製のキューピーが試作された。この背景にはオニールの妹であるカリスタがイタリアで美術を学んでいたことから助手を努め、二人で実際にドイツの工場に行き助言や要望をしたこと、および、この時期ドイツ製の廉価なビスク・ドールが最盛期になりつつあったことなどがある。キューピー フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示