キラーT細胞 ニュース&Wiki etc.

細胞傷害性T細胞(さいぼうしょうがいせいTさいぼう、cytotoxic T lymphocyte; TcまたはCTL)とは、リンパ球T細胞のうちのひとつで、宿主にとって異物になる細胞(移植細胞、ウイルス感染細胞、癌細胞など)を認識して破壊する。殺し屋ということで、以前はキラーT細胞とも呼ばれたが、最近はCTLと呼ばれるこ… (出典:Wikipedia)

「キラーT細胞」Q&A

  • Q&A

    生物 写真の図34の、体液性免疫と細胞性免疫の一番下にあるB細胞やキラーT細胞が増…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月4日 11:48

  • Q&A

    生物基礎の細胞性免疫についてです。 樹状細胞がヘルパーT細胞に伝え、ヘルパーT細胞は…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月30日 18:07

  • Q&A

    至急お願いします。NK細胞とキラーT細胞の違いは何ですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月28日 15:48

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「細胞傷害性T細胞」のつながり調べ

  • 細胞障害性T細胞

    細胞障害性T細胞から見た細胞傷害性T細胞

    細胞障害性T細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 主要組織適合遺伝子複合体

    主要組織適合遺伝子複合体から見た細胞傷害性T細胞

    CD8陽性T細胞は、細胞膜上に発現したMHCクラスI分子と抗原を認識し、活性化する。そしてその抗原を発現している細胞、例えばウイルス感染細胞やがん細胞を傷害するようになる(細胞傷害性T細胞)。ただしCD8陽性T細胞は、自己と同じMHCクラスI分子に結合した抗原のみ認識し、自己と異なるMHC分子は異物と見なし攻撃する。(主要組織適合遺伝子複合体 フレッシュアイペディアより)

「細胞傷害性T細胞」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「キラーT細胞」のニューストピックワード