キラーT細胞 ニュース&Wiki etc.

細胞傷害性T細胞(さいぼうしょうがいせいTさいぼう、cytotoxic T lymphocyte; TcまたはCTL)とは、リンパ球T細胞のうちの一種で、宿主にとって異物になる細胞(移植細胞、ウイルス感染細胞、癌細胞など)を認識して破壊する。殺し屋ということで、以前はキラーT細胞とも呼ばれたが、最近はCTLと呼ばれること… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「細胞傷害性T細胞」のつながり調べ

  • 偏性細胞内寄生体

    偏性細胞内寄生体から見た細胞傷害性T細胞

    ヒトをはじめとする動物においては、抗体や補体による液性免疫と、食細胞や細胞傷害性T細胞による細胞性免疫の二つの免疫機構が、互いに協調して病原体による感染から宿主を防御しているが、このうち液性免疫の主役である抗体や補体は細胞の内部には入りこめない。そのため偏性細胞内寄生体に対する感染防御においては、液性免疫は病原体に接触してから侵入するまでのごく限られた段階にしか有効ではなく、細胞性免疫が果たす役割が大きい。この問題は通性細胞内寄生体にも共通に見られる。(偏性細胞内寄生体 フレッシュアイペディアより)

  • 腎移植

    腎移植から見た細胞傷害性T細胞

    急性拒絶反応は移植後3カ月以内程度に起こる拒絶反応で、細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)の遅延型反応によって引き起こされると考えられている。(腎移植 フレッシュアイペディアより)

「細胞傷害性T細胞」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「キラーT細胞」のニューストピックワード