前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 免疫系

    免疫系から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    獲得免疫に関与する細胞は特定の種類の白血球で、リンパ球と呼ばれている。その主要なタイプはB細胞とT細胞であり、骨髄の中の造血幹細胞に由来する。B細胞は体液性免疫反応に関与し、T細胞は細胞性免疫応答に関与する。B細胞とT細胞は、特定の目標を認識する受容体分子をもっている。T細胞が病原体のような「異物」のターゲットを認識するには、抗原(病原体)が小片まで分解されて自己の受容体である主要組織適合遺伝子複合体(MHC、Major Histocompatibility Complex)分子と組み合わさって提示されねばならない。T細胞には細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)とヘルパーT細胞の2種類の主要なサブタイプがある。細胞傷害性T細胞はMHCクラスI分子と結合した抗原のみを認識し、ヘルパーT細胞はMHCクラスII分子と結合した抗原のみを認識する。これらの2つの抗原提示の機構は、2タイプのT細胞の異なる役割を反映している。3番目のマイナーなサブタイプのT細胞としてγδT細胞があり、MHC受容体に結合しない、非加工の抗原を認識する。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • HIVワクチン

    HIVワクチンから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    感染の初期ないし急性期の間、血液は沢山のウイルス粒子を含み、これらはさまざまな臓器、特にリンパ組織を通して体内に広がる。初期のウイルスの増殖は感染から数週間以内であれば細胞障害性Tリンパ球(CTL)で1000分の1か、それ以下に減少させる事が出来る。免疫機構は細胞傷害性T細胞(CD8陽性T細胞)とB細胞の産出した抗体により対抗する。しばらくするとそれらは使い果たされ消滅する。通常感染初期に続く免疫応答がウイルスを低いレベルまで減少させるという事実にもかかわらず、わずかなHIVは必ず生き残る。HIVワクチン フレッシュアイペディアより)

  • がんワクチン

    がんワクチンから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    がんワクチンとは、がん細胞に多く発現し正常細胞には全く発現せず、がん特異性で、かつ強い免疫原性(抗原が抗体の産生や細胞性免疫を誘導する性質)をもつ、がんの予防や治療を行なうために用いる(ワクチン)製剤である。通常はワクチン製剤が樹状細胞によりヒト白血球型抗原 (HLA) を介しリンパ球(細胞傷害性T細胞、細胞傷害性リンパ球)に抗原を提示して活性化させ、そのリンパ球ががん細胞を攻撃することにより、治療を行なうワクチン製剤である。ワクチンの効果を高めるため、アジュバンド(免疫賦活剤)と呼ばれる補助薬剤を通常併用する。このアジュバンドによりワクチンの効果に大きな違いが生じる場合がある。がんワクチンは必ずしも腫瘍の縮小を目指さないことから、抗がん剤などとは違った薬効の評価がなされるべき、と主張する研究者もいる。がんワクチン フレッシュアイペディアより)

  • リンパ球

    リンパ球から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    T細胞(胸腺thymusに由来)およびB細胞(骨髄bone marrowあるいはファブリキウス嚢bursa of Fabricius由来)は適応免疫応答の主要な細胞成分である。T細胞とB細胞の機能は、抗原提示と呼ばれる過程の間に特異的な「非自己」抗原を認識することである。抗原が侵入者であると同定されば、これらの細胞は特定の病原体または病原体に感染された細胞を最大限に排除するよう仕立てられた特異的応答を生み出す。B細胞は、大量の抗体を生産し、細菌やウイルスのような異物を中和することによって病原体に応答する。病原体に応答して、「ヘルパーT細胞」と呼ばれる一部のT細胞は免疫応答を指示するサイトカインを生産するのに対して、「細胞傷害性T細胞」と呼ばれる別のT細胞は病原体感染細胞の死を誘導する強力な酵素を含むを生産する。活性化後、B細胞とT細胞は、「メモリー細胞」の形で自身が遭遇した抗原の持続的な遺産を残す。動物の一生を通じて、これらのメモリー細胞は遭遇した個々の特異的病原体を「記憶」し、その病原体が再び検出されれば強力かつ素早い応答を開始することができる。リンパ球 フレッシュアイペディアより)

  • Fasリガンド

    Fasリガンドから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    細胞傷害性T細胞の活性:Fas誘導性アポトーシスおよび経路は外来性の抗原を提示している細胞傷害性T細胞誘導性細胞死の二大経路である。Fasリガンド フレッシュアイペディアより)

  • イピリムマブ

    イピリムマブから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    細胞傷害性T細胞(CTL)は癌細胞を認識し破壊する能力を持つが、それを抑制するメカニズムが存在する。イピリムマブはそのメカニズムを解除して、CTLの機能を発揮させる。イピリムマブ フレッシュアイペディアより)

  • Th1細胞

    Th1細胞から見た細胞障害性T細胞細胞傷害性T細胞

    Th1細胞(?さいぼう、)は、CD4+T細胞(いわゆるヘルパーT細胞)の亜群であり、インターフェロン-γやインターロイキン-12(IL-12)の刺激を受けることによりナイーブT細胞とよばれる抗原タンパク質との接触経歴を持たないT細胞からの分化が誘導される。T細胞をはじめとした免疫系の細胞はサイトカイン産生能を有しているがTh1細胞により産生されるインターフェロン-γ(IFN-γ)をはじめとしたサイトカインは特にTh1サイトカインと呼ばれ、マクロファージや細胞障害性T細胞(CTL)などの細胞を活性化してウイルスや細胞内抗原の除去、自己免疫疾患の発症、抗腫瘍免疫を担う細胞性免疫などに関与していることが知られている。同様にナイーブT細胞から分化するTh2細胞はIL-4などのいわゆるTh2サイトカインを産生し、Th1細胞とTh2細胞はサイトカインを放出することにより互いの機能を抑制しあっている。Th1細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞傷害性Tリンパ球

    細胞傷害性Tリンパ球から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    細胞傷害性Tリンパ球 フレッシュアイペディアより)

  • ヌードマウス

    ヌードマウスから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    ウイルスが感染あるいは悪性化した細胞の殺害(CD8+ 細胞傷害性T細胞を必要とする)ヌードマウス フレッシュアイペディアより)

  • 万能ワクチン

    万能ワクチンから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    国立感染症研究所の内田哲也を中心とする研究班は、免疫細胞内にインフルエンザウイルスに似た人工物を送り込み細胞傷害性T細胞を誘導するワクチンを開発した。マウス実験においてソ連型、香港型、鳥インフルエンザの3つのウイルスに対する効果を確認し、実用化に向けて研究を進めている。万能ワクチン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「キラーT細胞」のニューストピックワード