42件中 11 - 20件表示
  • グランザイムA

    グランザイムAから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    この酵素は、細胞傷害性T細胞中に存在する。グランザイムA フレッシュアイペディアより)

  • 腫瘍免疫

    腫瘍免疫から見た細胞障害性T細胞細胞傷害性T細胞

    免疫とは細菌などの生体異物(非自己)を排除するための機構であり、正常な状態では自己に対して免疫機構は働かない。自己と非自己の判別は各細胞が主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスIと呼ばれる分子を介して提示した抗原断片を識別することによって行われる。細胞障害性T細胞(CTL)は腫瘍免疫の主役を担う細胞であり、ウイルス感染細胞や癌細胞等の除去を担当する。CTLによって非自己とみなされた細胞は細胞死(アポトーシス)へと誘導される。ウイルスや紫外線などにより誘発された腫瘍は抗原性が高く、CTLにより認識されやすい。一方、自然発癌による腫瘍細胞は抗原性が低く、CTLによってはほとんど排除されない。CTLの分化は樹状細胞からの抗原提示によって誘導される。樹状細胞は抗原提示細胞として働くことが知られており、抗原を細胞内に取り込んだ後に分解を行い、その断片を細胞表面に提示する。抗原提示を受けたヘルパーT細胞は活性化してサイトカインを放出し、CTLの分化・増殖を促す。また、腫瘍免疫には適応免疫系だけではなく、NK細胞やNKT細胞、マクロファージ、顆粒球などの自然免疫も関与しており、癌の進展を抑制している。腫瘍免疫 フレッシュアイペディアより)

  • CD8

    CD8から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    CD8共受容体は主にいわゆるキラーT細胞(細胞傷害性T細胞)の細胞膜上に発現しているが、ナチュラルキラー細胞、胸腺上皮細胞、樹状細胞にも発現している。非ホジキンリンパ腫の一部のタイプで発現していることがあるが、ほとんどの新生物では失われている。CD8 フレッシュアイペディアより)

  • 抗原提示

    抗原提示から見た細胞障害性T細胞細胞傷害性T細胞

    一方、内因性抗原の提示機構も知られており、MHCクラスI分子により提示が行われる。この機構は抗原提示細胞に限らず赤血球等の一部の細胞を除いて広く全身の細胞に備わっており、異物を提示している細胞は細胞障害性T細胞 (cytotoxic T lymphocyte, CTL) によって細胞死へと導かれる。抗原提示 フレッシュアイペディアより)

  • ナチュラルキラー細胞

    ナチュラルキラー細胞から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    実際に腫瘍やウイルスに感染した細胞などでは、MHCクラスI分子の発現が低下していることがある。これは、細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)の抗原認識にMHCクラスI分子が必要なことと関係がある。MHCクラスI分子を発現している腫瘍細胞はキラーT細胞によって攻撃されるが、もし遺伝子異常によりMHCクラスI分子の発現が低下するとキラーT細胞の攻撃から逃れることができる。そこでキラーT細胞から逃れた細胞をNK細胞が攻撃するという相補的な関係にあると考えられた。ナチュラルキラー細胞 フレッシュアイペディアより)

  • CD4

    CD4から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    CD4陽性T細胞はヒトの免疫系において必要不可欠な白血球である。しばしばCD4細胞、Th細胞、T4細胞と呼ばれることもある(以下CD4細胞)。この細胞の主要な役割はCD8陽性T細胞(いわゆるキラーT細胞、もしくは細胞傷害性T細胞、以下CD8細胞)などの他の免疫系細胞にシグナルを送ることであり、このことからCD4細胞はヘルパー細胞と呼ばれる。CD4細胞がシグナルを送ると、CD8細胞はそれを受けて感染細胞を破壊しこれを殺す。無治療のHIV-1感染患者や臓器移植前の免疫抑制状態のようにCD4細胞が枯渇してしまうと、健康な人では感染症を起こさないような様々な病原体に対して感染を起こしやすい状態になってしまう(日和見感染)。CD4 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞毒性

    細胞毒性から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    抗体依存性細胞傷害性(ADCC) - 細胞表面の抗原に対する抗体で標識された細胞が細胞傷害性T細胞に攻撃される細胞毒性 フレッシュアイペディアより)

  • 腎移植

    腎移植から見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    急性拒絶反応は移植後3カ月以内程度に起こる拒絶反応で、細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)の遅延型反応によって引き起こされると考えられている。腎移植 フレッシュアイペディアより)

  • 抗原提示細胞

    抗原提示細胞から見た細胞障害性T細胞細胞傷害性T細胞

    体内のほとんど全ての有核細胞はMHCクラスI分子を持っているので、自己の細胞内の抗原をMHCクラスI分子を介してCD8陽性T細胞(細胞障害性T細胞)に抗原提示を行いうるが、抗原提示細胞はMHCクラスI以外にMHCクラスII分子を持っており、これを介して外来抗原をCD4陽性T細胞(ヘルパーT細胞)に提示することができる。広義の抗原提示細胞は前者を含むこともあるが、通常は後者、つまりMHCクラスII分子およびT細胞活性化に必要な分子を持ち、CD4陽性T細胞に抗原を提示し活性化することのできる細胞を指す。後者の中でも特に抗原提示に特化した細胞は、「プロフェッショナルな」抗原提示細胞と呼ばれることもある。抗原提示細胞 フレッシュアイペディアより)

  • タクロリムス

    タクロリムスから見た細胞傷害性T細胞細胞傷害性T細胞

    タクロリムスは細胞内でまずFKBP (FK506 binding protein) と複合体を形成し、これがさらにカルシニューリンに結合する。そしてそのNFAT脱リン酸化反応を阻害することにより、IL-2に代表される種々のサイトカインの発現を抑制する。これにより、細胞傷害性T細胞の分化増殖を抑制、細胞性免疫・体液性免疫の両方を抑制する。タクロリムス フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「キラーT細胞」のニューストピックワード