59件中 11 - 20件表示
  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たケイト・ベッキンセール

    ハリウッドスター屈指のクラシックな美貌はデビュー時から米ピープル誌などから注目され、「絶世の美女」とも呼ばれるなど、女性人気も高い。米国の映画専門サイト「インディペンデント・クリティクス」が発表する「最も美しい顔100人」では初めて2002年に15位に選出されて以降、10年連続ランクイン。2005、2006年は同じく常連のナタリー・ポートマンを退け、連続1位の快挙を達成、翌2007年は史上初の三連覇も期待されたが、同じく絶世の美女の異名を持つケイト・ベッキンセールに僅差で敗れ2位となる。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たココ・シャネル

    2003年から2年間ユニリーバ・ジャパンの「ラックス スーパーリッチ」のCMに出演。2007年からはシャネルの香水「ココ・マドモアゼル」の広告塔に起用されており、このCMでココ・シャネルを演じている。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たジェイミー・ドーナン

    2003年12月にジェイミー・ドーナンと交際を始めた。2005年から2010年まで『プライドと偏見』で共演したルパート・フレンドと交際していた。2011年3月からイギリスのロックバンドクラクソンズのジェイムズ・ライトンと交際し、2013年5月に結婚。結婚式は南フランスのマザンの公民館で家族、友人など11人の前で、カジュアルな装いで行われた。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たジェーン・オースティン

    2005年には3本の主演映画が公開されるが、『ジャケット』と『ドミノ』は期待されたほど興行収入・評価が得られなかった。しかし、ジェーン・オースティン原作の『プライドと偏見』では主役のエリザベス役で、史上3番目(20歳と311日)の若さでアカデミー主演女優賞にノミネートされ、映画芸術科学アカデミーの会員へ招待された。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見た摂食障害

    貧乳に加えて非常に細身の体型であることから拒食症や摂食障害と噂されることが多いが、キーラ自身は単なる体質であり、拒食症ではないとこれを否定している。2007年にデイリー・メールが「拒食症で死亡した少女の記事」と一緒にキーラの写真を掲載し、少女の死に責任があるように記事を書いたことを訴え、3000ポンド(約72万円)の賠償金を勝ち取り、摂食障害のための基金に寄付した。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たロンドン

    イングランド・ロンドンのテディントンで生まれ、リッチモンドで育つ。父親は舞台役者のウィル・ナイトレイ、母親はウェールズ人の血を引くスコットランド人劇作家のシャーマン・マクドナルド。1978年生まれの兄キャレブがいる。名前のキーラはゲール語で「黒い髪」という意味であり、元のつづりはKieraである。幼い頃から役者志望であり、また両親だけにエージェントがいることに不満を持ち、自分にもエージェントが欲しいと両親にせがんだ。6歳の時に、母親と「学校が休みの時だけ演技の仕事をしてもいいわよ」という約束をし、エージェントが付くようになる。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たアカデミー賞

    チャリティー活動も積極的に行っており、2006年4月に自身がアカデミー賞で着用したヴェラ・ウォンのドレスをオークションにかけ、落札金をオックスファム(オックスフォード大学の飢餓救済委員会)を通じて東アフリカの救援活動に寄付した。また、アムネスティ・インターナショナルの人権を支持するキャンペーンの一環として短編映画や2009年4月にはウィメンズ・エイドによる家庭内暴力反対のCM(監督はジョー・ライト)に出演。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たオックスフォード大学

    チャリティー活動も積極的に行っており、2006年4月に自身がアカデミー賞で着用したヴェラ・ウォンのドレスをオークションにかけ、落札金をオックスファム(オックスフォード大学の飢餓救済委員会)を通じて東アフリカの救援活動に寄付した。また、アムネスティ・インターナショナルの人権を支持するキャンペーンの一環として短編映画や2009年4月にはウィメンズ・エイドによる家庭内暴力反対のCM(監督はジョー・ライト)に出演。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見た学習障害

    キーラは学習障害のひとつ、ディスレクシア(識字障害)のため、録音読書で学習したり、色付き眼鏡をかけて文章の文字が混じって見えないように工夫し読書している。10代の時にプロの助けを借りて克服した。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・ナイトレイ

    キーラ・ナイトレイから見たジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人)

    2007年は『プライドと偏見』の監督ジョー・ライトと再びタッグを組んだイアン・マキューアン原作の『つぐない』でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。翌年公開の『ある公爵夫人の生涯』ではデヴォンシャー公爵夫人を演じた。キーラ・ナイトレイ フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「キーラ・ナイトレイ」のニューストピックワード