ギド・ブッフバルト ニュース&Wiki etc.

ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー指導者、元サッカー選手。 (出典:Wikipedia)

「ギド・ブッフバルト」最新ニュース

「ギド・ブッフバルト」Q&A

  • Q&A

    腐った原博実に、一言でも二言でもお願いします。、「Jリーグ経験者を優先させすぎる選び…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2010年8月23日 21:04

  • Q&A

    サッカー日本代表新監督について。現在難航している監督人事ですが、あまりに協会の見通し…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2010年8月19日 17:34

  • Q&A

    どうなってる!?日本代表次期監督!!現鹿島監督オズワルド・オリベイラ、現チリ監督マル…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2010年7月29日 16:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ギド・ブッフバルト」のつながり調べ

  • 近藤徹志

    近藤徹志から見たギド・ブッフバルト

    2005年に浦和レッドダイヤモンズに入団。2005年6月4日のナビスコカップ、対大宮アルディージャ戦でデビューしたが、開始5分で左膝前十字靭帯断裂の重傷を負った。2006年、怪我から復帰したものの、ブッフバルト監督の信頼を得られず公式戦出場機会はなし。2007年、出場機会を求めて愛媛FCへレンタル移籍した。愛媛FCでは開幕時こそサブだったがすぐにレギュラーに定着、DF陣の要として活躍し、天皇杯4回戦で古巣浦和を破る原動力となった。(近藤徹志 フレッシュアイペディアより)

  • 池田太

    池田太から見たギド・ブッフバルト

    1993年にJリーグ開幕の年に浦和レッドダイヤモンズへ入団。連敗が続き守備の建て直しが図られた事情から1stステージから出場機会を掴み、主に左サイドバックを担当した。1994年には広島から田口禎則、柏から曹貴裁が加入しポジション争いが激しくなったが、レギュラーの座を獲得。曹やドイツ代表のギド・ブッフバルトらと共に守備陣支え、1994年シーズンのレッズで最も成長した選手との評価を得た。(池田太 フレッシュアイペディアより)

「ギド・ブッフバルト」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード