前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • ホルガー・オジェック

    ホルガー・オジェックから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    その後、ドイツのVfLボーフム、トルコのフェネルバフチェの監督を経て、1995年から浦和レッドダイヤモンズの監督に就任。堅守速攻に加えポゼッションサッカーを取り入れ、それまで2年連続最下位だったチームをギド・ブッフバルトを中心にした守備陣とウーベ・バイン、福田正博を中心とした速攻で建て直し、一躍優勝争いに加わらせた。なお、2003年に行われた福田正博の引退試合では、レッズ歴代選抜チームの指揮を執っている。ホルガー・オジェック フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1982年、1986年大会は、2大会連続決勝戦で敗れたが、1990年大会では、前回大会の雪辱を期して引き続きベッケンバウアーが監督としてドイツ代表を率いて参加した。決勝戦ではディエゴ・マラドーナ率いるアルゼンチンと対戦。この決勝戦ではマラドーナをギド・ブッフバルトが完封するなど守備的に進行し、アンドレアス・ブレーメのPKによる得点が決勝点となり3度目の優勝を成し遂げた。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    当時の補強方針にも疑問符がついた。センターフォワードのヴィクトール・ウーゴ・フェレイラが出場4試合で解雇され、さらには攻撃の要として期待されたウーベ・ラーンが結果を残せずセンターバックにコンバートされた事はクラブの迷走を象徴するものであった。また、守備強化のためGKのミロを獲得し、ミロ自体はGKとしては活躍したものの肝心のDFは補強されなかったため、出場3試合目の名古屋グランパス戦に大敗し3連敗を喫した後に報道陣に対し「次が(自分が出場する)最後(の試合)になるかも」「もう帰りたい」とコメントするほどで、結果的にこの時期に外国人選手で活躍したのはミヒャエル・ルンメニゲだけであった。しかし、94年セカンドステージからギド・ブッフバルトやウーベ・バインが加入すると徐々に改善の兆しを見せていった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • ブッフバルト

    ブッフバルトから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • 相川宗一

    相川宗一から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    両チームが対戦するさいたまダービーも、「自分が会場に行くと角が立つ」と言う理由でもっぱらテレビ観戦だった。とは言うものの、2009年の市長選では浦和レッズの元監督ギド・ブッフバルトが応援演説を行った。相川宗一 フレッシュアイペディアより)

  • 似島検疫所

    似島検疫所から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1919年(大正8年)には、このドイツ人捕虜チームと広島高等師範学校チーム・広島県師範学校チームとでサッカーの試合が行われ、大差でドイツ人捕虜チームが勝利している。これらドイツ人捕虜チームとの試合は、日本初のサッカー国際試合とも言われている。出場選手の一人フーゴー・クライバー(Hugo Klaiber)は、ドイツに帰国後ヴァンヴァイル市(:de:Wannweil)でサッカークラブ「SV Wannweil」を創設した。クラブは着実に成長し、後にギド・ブッフバルト(元ドイツ代表、元浦和レッドダイヤモンズ所属)を輩出している。また、このとき広島高師の主将を務めた田中敬孝は捕虜のサッカー技術の高さに驚き、試合後、軍の許可を得て捕虜からサッカーを教わっている。田中は翌年から広島一中の監督として指導し、ドイツ人から教わったという話を聞きつけた関西の師範学校から指導に来るよう頼まれるほど、捕虜のサッカー技術知識は需要があったという。似島検疫所 フレッシュアイペディアより)

  • バナナキングコンテスト

    バナナキングコンテストから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2004年2月に行われた浦和レッズ編で、監督のギド・ブッフバルトが背広・革靴を使いながら36バナナを達成したが、その後同年9月の柏レイソル編で、監督の早野宏史がそれと並ぶ記録を達成した。バナナキングコンテスト フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・アウゲンターラー

    クラウス・アウゲンターラーから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    西ドイツ代表として2度のワールドカップ(1986年、1990年)に出場。1990年大会ではリベロとしてギド・ブッフバルト、ユルゲン・コーラーからなる屈強なストッパー陣を統率して堅守を築き、西ドイツの優勝に貢献した。クラウス・アウゲンターラー フレッシュアイペディアより)

  • 柏原丈二

    柏原丈二から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2005年7月30日の親善試合、浦和レッズ対マンチェスター・ユナイテッド戦では、ハーフタイム時に、判定にいらついたマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーから、擦れ違いざまに侮辱を浴びせられるなどの事態を起こしている。さらに、この件については浦和のギド・ブッフバルト監督からも「審判団の技術の進歩も必要だ」とのコメントを残されている。柏原丈二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード