前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2004年から4年2ヶ月の間、浦和レッドダイヤモンズのヘッドコーチを務める。エンゲルス自身監督経験豊富にもかかわらず、一歩下がって当時の監督であったギド・ブッフバルト、ホルガー・オジェックの片腕としてサポートする浦和にとって貴重な存在であった。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ホルガー・オジェック

    ホルガー・オジェックから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    その後、ドイツのVfLボーフム、トルコのフェネルバフチェの監督を経て、1995年から浦和レッドダイヤモンズの監督に就任。堅守速攻に加えポゼッションサッカーを取り入れ、それまで2年連続最下位だったチームをギド・ブッフバルトを中心にした守備陣とウーベ・バイン、福田正博を中心とした速攻で建て直し、一躍優勝争いに加わらせた。なお、2003年に行われた福田正博の引退試合では、レッズ歴代選抜チームの指揮を執っている。ホルガー・オジェック フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    当時の補強方針にも疑問符がついた。センターフォワードのヴィクトール・ウーゴ・フェレイラが出場4試合で解雇され、さらには攻撃の要として期待されたウーベ・ラーンが結果を残せずセンターバックにコンバートされた事はクラブの迷走を象徴するものであった。また、守備強化のためGKのミロを獲得し、ミロ自体はGKとしては活躍したものの肝心のDFは補強されなかったため、出場3試合目の名古屋グランパス戦に大敗し3連敗を喫した後に報道陣に対し「次が(自分が出場する)最後(の試合)になるかも」「もう帰りたい」とコメントするほどで、結果的にこの時期に外国人選手で活躍したのはミヒャエル・ルンメニゲだけであった。しかし、1994年のセカンドステージからギド・ブッフバルトやウーベ・バインが加入すると徐々に改善の兆しを見せていった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1982年、1986年と2大会続けて決勝で敗れたが、1990年大会は、前回大会の雪辱を期して引き続きベッケンバウアーが監督としてドイツ代表を率いて参加した。欧州予選は引分以下なら敗退となっていた最終戦でウェールズとホームで対戦し、逆転での2?1の勝利で辛くも突破を果たす。本大会では安定感を取り戻し、一度も相手にリードを許した時間帯を作らず、前回に続いて決勝ではディエゴ・マラドーナ擁するアルゼンチンと対戦。この試合ではマラドーナをギド・ブッフバルトが完封するなど守備的に進行し、アンドレアス・ブレーメのPKによる得点で1?0で勝利して3度目の優勝を果たした。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • ブッフバルト

    ブッフバルトから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • バナナキングコンテスト

    バナナキングコンテストから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2004年2月に行われた浦和レッズ編で、監督のギド・ブッフバルトが背広・革靴を使いながら36バナナを達成したが、その後同年9月の柏レイソル編で、監督の早野宏史がそれと並ぶ記録を達成した。バナナキングコンテスト フレッシュアイペディアより)

  • バジール・ボリ

    バジール・ボリから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1996年に浦和レッドダイヤモンズ入りすると、ギド・ブッフバルト、田口禎則と共に強力3バックを形成、1996年の浦和のリーグ最少失点に貢献した。1997年は膝の故障で満足な働きが出来ず、この年限りで退団した。バジール・ボリ フレッシュアイペディアより)

  • 坂元昭二

    坂元昭二から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    またさいたま市在住と言うこともあり、Jリーグの浦和レッズのサポーターで、自身のアルバム『樹音』に「浦和Reds Rag ?ギドに捧ぐ」という曲も収録されている(注:ギドとはギド・ブッフバルト、元浦和レッズ選手・監督)。サポーターズ・クラブも作っている。坂元昭二 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬治

    広瀬治から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    しかし、1995年にホルガー・オジェックが監督に就任すると守備的MFにコンバート。新人の土橋正樹とのコンビでレッズの中盤を構築すると、冷静な読みを武器にサントリーシリーズ3位に貢献しオジェック体制で欠かすことの出来ない存在となっていった。翌1996年にはギド・ブッフバルトを負傷で欠いたこともありリベロへコンバート。ブッフバルトの復帰後もこのポジションを務め、最後尾からチームを統率した。2000年に引退するまでいぶし銀のプレーで、前身の三菱時代を含め17シーズンにわたって同クラブの中盤を支え続けた。広瀬治 フレッシュアイペディアより)

  • 1961年のスポーツ

    1961年のスポーツから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1月24日 - ギド・ブッフバルト(ドイツ、サッカー)1961年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示