41件中 11 - 20件表示
  • ウーベ・ラーン

    ウーベ・ラーンから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1993年途中に浦和レッドダイヤモンズに移籍。攻撃の要として期待されたものの調整不足からか結果を残す事が出来ず、シーズン終盤はセンターバックにコンバートされた。1994年は試合出場は無く、ギド・ブッフバルト、ウーベ・バインがレッズに加入することになると外国人枠の関係もあり退団した。ウーベ・ラーン フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるサッカー競技

    ロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるサッカー競技から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    また、この大会からIOCはオリンピックサッカー競技においてプロフェッショナルプレーヤーが出場することを認めた(五輪憲章のアマチュア条項は、このロサンゼルス五輪より10年前の1974年の第75回IOC総会で、削除されていた)。これは当時のオリンピックにおけるプロ解禁と言う潮流の一環であったが、これは国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)の間に新しい対立を引き起こした。すなわち、集客性に富んだサッカーの充実を図りたいIOC(プロ解禁したのでA代表を五輪に出すよう要請)とワールドカップ(W杯)と言う大会の威厳とプレミアを守りたいFIFA(年齢制限のない最強の代表A代表を五輪に出せばW杯の意味が無くなる)の利害の対立である。最終的に、ロサンゼルス五輪ではモスクワ五輪と同様に、W杯予選もしくはW杯本大会に出場した欧州と南米の選手は、五輪に出場できないことにした。この大会に参加した有名選手としては、ドゥンガ、マウロ・ガウボン(以上ブラジル)、ギド・ブッフバルト、アンドレアス・ブレーメ、ウーベ・バイン(以上西ドイツ)、ロジェ・ミラ(カメルーン)、フランコ・バレージ、ダニエレ・マッサーロ、アルド・セレナ(以上イタリア)、等がいる。ロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・バッベル

    マルクス・バッベルから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    90年代はバイエルン・ミュンヘンなどでDFとして活躍。ドイツ代表ではEURO1996初戦、チェコ代表戦で負傷したユルゲン・コーラーの代役を完璧にこなし、代表でのポジションを不動のものとする。安定したプレーでギド・ブッフバルトに並ぶドイツ屈指のマンマーカーとの評価を得、1998年にはワールドカップフランス大会にも出場。オランダ、ベルギーで開催されたEURO2000を機に代表を辞退するまで、51試合に出場を果たす。マルクス・バッベル フレッシュアイペディアより)

  • ロブソン・ポンテ

    ロブソン・ポンテから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    その後、当時浦和レッズの監督だったギド・ブッフバルトに口説かれ2005年7月、浦和レッドダイヤモンズに加入。Jリーグ公式戦初出場となった2005年8月20日のFC東京戦で初ゴールを決めた。ロブソン・ポンテ フレッシュアイペディアより)

  • バジール・ボリ

    バジール・ボリから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1996年に浦和レッドダイヤモンズ入りすると、ギド・ブッフバルト、田口禎則と共に強力3バックを形成、1996年の浦和のリーグ最少失点に貢献した。1997年は膝の故障で満足な働きが出来ず、この年限りで退団した。バジール・ボリ フレッシュアイペディアより)

  • ウーベ・バイン

    ウーベ・バインから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1994年からギド・ブッフバルトと共に日本の浦和レッドダイヤモンズへ移籍。翌1995年の浦和の躍進に大きく貢献した。特にエースストライカー福田正博とのコンビは絶妙で、彼がこのシーズンに得点王を獲得できたのは、バインが絶妙なタイミングと正確なキックで放ったスルーパスによるところが大きい。ウーベ・バイン フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルト(浦和 2004-2006)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 1961年のスポーツ

    1961年のスポーツから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1月24日 - ギド・ブッフバルト(ドイツ、サッカー)1961年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 池田太

    池田太から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1993年にJリーグ開幕の年に浦和レッドダイヤモンズへ入団。連敗が続き守備の建て直しが図られた事情から1stステージから出場機会を掴み、主に左サイドバックを担当した。1994年にはサンフレッチェ広島から田口禎則、柏レイソルから曹貴裁が加入しポジション争いが激しくなったが、レギュラーの座を獲得。曹やドイツ代表のギド・ブッフバルトらと共に守備陣支え、1994年シーズンのレッズで最も成長した選手との評価を得た。池田太 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬治

    広瀬治から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    しかし、1995年にホルガー・オジェックが監督に就任すると守備的MFにコンバート。新人の土橋正樹とのコンビでレッズの中盤を構築すると、冷静な読みを武器にサントリーシリーズ3位に貢献しオジェック体制で欠かすことの出来ない存在となっていった。翌1996年にはギド・ブッフバルトを負傷で欠いたこともありリベロへコンバート。ブッフバルトの復帰後もこのポジションを務め、最後尾からチームを統率した。2000年に引退するまでいぶし銀のプレーで、前身の三菱時代を含め17シーズンにわたって同クラブの中盤を支え続けた。広瀬治 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード