47件中 11 - 20件表示
  • 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2007年元日の決勝に勝ち進んだのは、2006年のJ1を制し、シーズン二冠と天皇杯連覇を狙う浦和レッズと、「6度目の正直」でJリーグ発足後初めて決勝に勝ち進んだガンバ大阪の対戦となった。両チームは前年の天皇杯覇者(浦和)とシーズン覇者(G大阪)としてゼロックススーパーカップを皮切りにリーグ戦の開幕戦と最終戦と、いずれもシーズンの節目となるタイミングで対戦していた。この試合は浦和監督のギド・ブッフバルトのラストゲームであると同時に、G大阪の精神的支柱であったDF宮本恒靖の移籍前ラストゲームでもあった。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • アレマニア・アーヘン

    アレマニア・アーヘンから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    06-07シーズンはホーム・ティヴォリで昨シーズン王者バイエルン・ミュンヘンを撃破するなどの見せ場を作るも終盤に失速、17位に終わり目標の残留は叶わなかった。2007年6月、元ドイツ代表DFで前浦和レッズ監督のギド・ブッフバルトが監督に就任したが、成績が中位に甘んじた事等が経営陣の不興を買い、わずか半年で解任された。アレマニア・アーヘン フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹浦和店

    伊勢丹浦和店から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    平成6年度 - レディア、森孝慈、横山謙三、福田正博、土田尚史、堀孝史、ギド・ブッフバルト伊勢丹浦和店 フレッシュアイペディアより)

  • 池田太

    池田太から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1993年にJリーグ開幕の年に浦和レッドダイヤモンズへ入団。連敗が続き守備の建て直しが図られた事情から1stステージから出場機会を掴み、主に左サイドバックを担当した。1994年にはサンフレッチェ広島から田口禎則、柏レイソルから曹貴裁が加入しポジション争いが激しくなったが、レギュラーの座を獲得。曹やドイツ代表のギド・ブッフバルトらと共に守備陣支え、1994年シーズンのレッズで最も成長した選手との評価を得た。池田太 フレッシュアイペディアより)

  • 相川宗一

    相川宗一から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    両チームが対戦するさいたまダービーも、「自分が会場に行くと角が立つ」と言う理由でもっぱらテレビ観戦だった。とは言うものの、2009年の市長選では浦和レッズの元監督ギド・ブッフバルトが応援演説を行った。相川宗一 フレッシュアイペディアより)

  • PK戦の記録

    PK戦の記録から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    Jリーグ史上最長のPK戦。浦和の14人目・ブッフバルトが失敗し試合終了。PK戦の記録 フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1997年、高校時代の活躍を認められ田畑と共に地元の浦和レッドダイヤモンズに入団。高卒新人の同期には田畑の他、永井雄一郎、三本菅崇がおり、ポジションはディフェンダーとして登録され背番号は33を与えられた。当時の浦和はケッペル監督の下、守備陣には元ドイツ代表のブッフバルト、ユーゴスラビア代表のペトロビッチをはじめ、西野努らがおり、守備的な中盤でもベテランの堀孝史、広瀬治をはじめ、土橋正樹、阿部敏之、石井俊也らがおり、これらの実力者とポジションを争う事となった。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    レッズ歴代選抜 Rest of the REDS(監督:ギド・ブッフバルト山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 柏原丈二

    柏原丈二から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2005年7月30日の親善試合、浦和レッズ対マンチェスター・ユナイテッド戦では、ハーフタイム時に、判定にいらついたマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーから、擦れ違いざまに侮辱を浴びせられるなどの事態を起こしている。さらに、この件については浦和のギド・ブッフバルト監督からも「審判団の技術の進歩も必要だ」とのコメントを残されている。柏原丈二 フレッシュアイペディアより)

  • ウーベ・ラーン

    ウーベ・ラーンから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1993年途中に浦和レッドダイヤモンズに移籍。攻撃の要として期待されたものの調整不足からか結果を残す事が出来ず、シーズン終盤はセンターバックにコンバートされた。1994年は試合出場は無く、ギド・ブッフバルト、ウーベ・バインがレッズに加入することになると外国人枠の関係もあり退団した。ウーベ・ラーン フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示