41件中 21 - 30件表示
  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    開幕前に肉体改造に取り組み、徹底した走りこみやウエイトトレーニングを続け下半身を鍛え抜いた。永井本人はFWとしての出場を希望していたが、ギド・ブッフバルトは監督就任当初から、右サイドの攻撃の要として永井に期待をかけていたからであった。永井の持つスピードをサイドでのアップダウンに繋げ、チームを攻守に活性化しようと意図したものであった。実際、FWのレギュラーだった田中達也かエメルソンの代役を除き、右ウィングバックでの出場が主だった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 坂元昭二

    坂元昭二から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    また浦和市在住と言うこともあり、Jリーグ・浦和レッズのファンで、1stアルバムに「浦和Reds Rag ?ギドに捧ぐ」という曲も収録されている(注:ギド=ギド・ブッフバルト 元浦和レッズ監督)。サポーターズ・クラブも作っている。坂元昭二 フレッシュアイペディアより)

  • 胴上げ

    胴上げから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2007年1月1日に開催されたサッカー天皇杯決勝戦では、優勝した浦和レッドダイヤモンズのギド・ブッフバルト監督は試合後に選手の手で胴上げされ、更にこの試合限りで退任する予定だったため、表彰式の後にはスタンドのサポーターにより再び胴上げされた。胴上げ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤徹志

    近藤徹志から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2005年に浦和レッドダイヤモンズに入団。2005年6月4日のナビスコカップ、対大宮アルディージャ戦でデビューしたが、開始5分で左膝前十字靭帯断裂の重傷を負った。2006年、怪我から復帰したものの、ブッフバルト監督の信頼を得られず公式戦出場機会はなかった。2007年、出場機会を求めて愛媛FCへ期限付き移籍した。愛媛FCでは開幕時こそサブだったがすぐにレギュラーに定着、DF陣の要として活躍し、天皇杯4回戦で古巣浦和を破る原動力となった。近藤徹志 フレッシュアイペディアより)

  • 田口禎則

    田口禎則から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1995年、ホルガー・オジェックが監督に就任すると意識改革に成功。フィジカルの強さを生かしながら反則を犯さずに相手からボールを奪取するクリーンなプレーが可能となり、サントリーシリーズでの上位進出の原動力となった。しかし同年9月23日の名古屋グランパスエイト戦後にサポーターへの暴行事件を引き起こし、4ヶ月の出場停止処分を受け再びチーム関係者とサポーターの信頼を失う結果となった。埼玉県内のリハビリ施設や養護施設でのボランティア活動を経て復帰後はオジェックの下で再び出場機会を得てギド・ブッフバルトやバジール・ボリと共に堅固な守備陣を形成した。田口禎則 フレッシュアイペディアより)

  • アレマニア・アーヘン

    アレマニア・アーヘンから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    06-07シーズンはホーム・ティヴォリで昨シーズン王者バイエルン・ミュンヘンを撃破するなどの見せ場を作るも終盤に失速、17位に終わり目標の残留は叶わなかった。2007年6月、元ドイツ代表DFで前浦和レッズ監督のギド・ブッフバルトが監督に就任したが、成績が中位に甘んじた事等が経営陣の不興を買い、わずか半年で解任された。アレマニア・アーヘン フレッシュアイペディアより)

  • 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2007年元日の決勝に勝ち進んだのは、2006年のJ1を制し、シーズン二冠と天皇杯連覇を狙う浦和レッズと、「6度目の正直」でJリーグ発足後初めて決勝に勝ち進んだガンバ大阪の対戦となった。両チームは前年の天皇杯覇者(浦和)とシーズン覇者(G大阪)としてゼロックススーパーカップを皮切りにリーグ戦の開幕戦と最終戦と、いずれもシーズンの節目となるタイミングで対戦していた。この試合は浦和監督のギド・ブッフバルトのラストゲームであると同時に、G大阪の精神的支柱であったDF宮本恒靖の移籍前ラストゲームでもあった。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 細貝萌

    細貝萌から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    前橋育英高校時代は背番号10をつけトップ下を本職としていた。高校卒業後の2005年、前年に特別指定選手として加入していた浦和レッズに入団。デビュー1年目のシーズンは天皇杯でセンターバックとして出場した際、安定した守りを見せた。U-22日本代表では右サイドバックでもプレーし、新境地を開いている。ブッフバルト監督体制下においては主にCB、オジェック監督体制下においてはCB、SB、WBで、エンゲルス監督体制下では本職のボランチで起用されていた。フィンケ監督就任後は、本職である堤俊輔が負傷した影響もあり、左SBとして起用されていたが、2010年は堤俊輔の復帰と宇賀神友弥の加入で左SBにある程度の人員が揃った事もあり、キャンプや練習試合でもボランチで固定され、Jリーグ第1節、対鹿島アントラーズ戦ではキャプテンの鈴木啓太を押しのける形で先発出場を果たした。これ以降もボランチとしてレギュラーポジションを確保し、前年までと同様にチーム事情、試合展開によっては右SB、左SBを務めることもあった。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

  • 日独関係

    日独関係から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    また、西ドイツ政府により1960年に策定されたスポーツ施設の総合整備計画「ゴールデンプラン」は日本のスポーツ指導者などから羨望され、「地域社会に根ざした総合スポーツクラブの創設」の理念は1991年設立の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)へ取り込まれた。このJリーグ草創期のスター選手としてジェフ市原に入団し、西ドイツ代表としてのW杯イタリア大会優勝メンバーだったピエール・リトバルスキーは、その後も日本で選手や指導者のキャリアを積んだ。また、リトバルスキーと共にW杯イタリア大会で優勝したギド・ブッフバルトは後に浦和レッドダイヤモンズの選手・監督となった。一方、1977年に1.FCケルンへ入団した奥寺康彦以後、ドイツのプロサッカーリーグであるブンデスリーガでプレーする日本人選手も存在し、近年多くの選手が同リーグに渡っている。奥寺と長谷部誠、香川真司は同リーグ1部の優勝も経験している。日独関係 フレッシュアイペディアより)

  • PK戦の記録

    PK戦の記録から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ※この試合5人ずつを蹴り終えても決着が付かず、サドンデスを行ったがそれでも同点の状態が続き、14人目・浦和のギド・ブッフバルトが失敗したことによって勝負が付いた。Jリーグ史上最長となった。PK戦の記録 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード