47件中 21 - 30件表示
  • 1984年ロサンゼルスオリンピックのサッカー競技

    1984年ロサンゼルスオリンピックのサッカー競技から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    また、この大会からIOCはオリンピックサッカー競技においてプロフェッショナルプレーヤーが出場することを認めた(五輪憲章のアマチュア条項は、このロサンゼルス五輪より10年前の1974年の第75回IOC総会で、削除されていた)。これは当時のオリンピックにおけるプロ解禁と言う潮流の一環であったが、これは国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)の間に新しい対立を引き起こした。すなわち、集客性に富んだサッカーの充実を図りたいIOC(プロ解禁したのでA代表を五輪に出すよう要請)とワールドカップ(W杯)と言う大会の威厳とプレミアを守りたいFIFA(年齢制限のない最強の代表A代表を五輪に出せばW杯の意味が無くなる)の利害の対立である。最終的に、ロサンゼルス五輪ではモスクワ五輪と同様に、W杯予選もしくはW杯本大会に出場した欧州と南米の選手は、五輪に出場できないことにした。この大会に参加した有名選手としては、ドゥンガ、マウロ・ガウボン(以上ブラジル)、ギド・ブッフバルト、アンドレアス・ブレーメ、ウーベ・バイン(以上西ドイツ)、ロジェ・ミラ(カメルーン)、フランコ・バレージ、ダニエレ・マッサーロ、アルド・セレナ(以上イタリア)、等がいる。1984年ロサンゼルスオリンピックのサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 彩の国功労賞

    彩の国功労賞から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルト(2006年12月28日受賞、2006J1リーグ優勝)彩の国功労賞 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤徹志

    近藤徹志から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    2005年に浦和レッズに入団。2005年6月4日のナビスコカップ、対大宮アルディージャ戦でデビューしたが、開始5分で左膝前十字靭帯断裂の重傷を負った。2006年、怪我から復帰したものの、ブッフバルト監督の信頼を得られず公式戦出場機会はなかった。2007年、出場機会を求めて愛媛FCへ期限付き移籍した。愛媛FCでは開幕時こそサブだったがすぐにレギュラーに定着、DF陣の要として活躍し、天皇杯4回戦で古巣浦和を破る原動力となった。近藤徹志 フレッシュアイペディアより)

  • クリストフ・ダウム

    クリストフ・ダウムから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1990年11月にドイツ・ブンデスリーガ1部に属するVfBシュトゥットガルトの監督に就任。就任当時リーグ15位と低迷していたチームを6位に押し上げシーズン終了後にはUEFAカップ出場権を得た。1991?92年シーズンにはマティアス・ザマーやギド・ブッフバルトらを中心にまとめ上げたチームを作り上げ、ドイツ・ブンデスリーガ1部での優勝を果たした。翌シーズンにはドイツ・スーパーカップのタイトルを獲得。UEFAチャンピオンズリーグの本大会に出場するものの、リーズ・ユナイテッドAFC戦で交代ミスを犯し(当時は外国人枠は3人までであったが、4人目の外国人選手を試合途中から投入)、本大会から姿を消すこととなった。。翌シーズンはリーグ7位でシーズンを終えた。クリストフ・ダウム フレッシュアイペディアより)

  • ウーベ・バイン

    ウーベ・バインから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1994年からギド・ブッフバルトと共に日本の浦和レッドダイヤモンズへ移籍。翌1995年の浦和の上位進出に貢献した。特にエースストライカー福田正博とのコンビは絶妙で、彼がこのシーズンに得点王を獲得できたのは、バインの正確なキックから放たれたスルーパスによるところが大きい。ウーベ・バイン フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・アウゲンターラー

    クラウス・アウゲンターラーから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    西ドイツ代表として2度のワールドカップ(1986年、1990年)に出場。1990年大会ではリベロとしてギド・ブッフバルト、ユルゲン・コーラーからなる屈強なストッパー陣を統率して堅守を築き、西ドイツの優勝に貢献した。クラウス・アウゲンターラー フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・バッベル

    マルクス・バッベルから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1990年代はバイエルン・ミュンヘンなどでDFとして活躍。ドイツ代表ではEURO1996初戦、チェコ代表戦で負傷したユルゲン・コーラーの代役を完璧にこなし、代表でのポジションを不動のものとする。安定したプレーでギド・ブッフバルトに並ぶドイツ屈指のマンマーカーとの評価を得、1998年にはワールドカップフランス大会にも出場。オランダ、ベルギーで開催されたEURO2000を機に代表を辞退するまで、51試合に出場を果たす。マルクス・バッベル フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    開幕前に肉体改造に取り組み、徹底した走りこみやウエイトトレーニングを続け下半身を鍛え抜いた。永井本人はFWとしての出場を希望していたが、ギド・ブッフバルトは監督就任当初から、右サイドの攻撃の要として永井に期待をかけていたからであった。永井の持つスピードをサイドでのアップダウンに繋げ、チームを攻守に活性化しようと意図したものであった。実際、FWのレギュラーだった田中達也かエメルソンの代役を除き、右ウィングバックでの出場が主だった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高慶汰

    高慶汰から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    中学3年時にはゲルト・エンゲルスにスカウトされドイツ・ブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトへの練習参加と試合に出場しギド・ブッフバルトからも高く評価される。高慶汰 フレッシュアイペディアより)

  • 細貝萌

    細貝萌から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    前橋育英高校時代は背番号10をつけトップ下を本職としていた。高校卒業後の2005年、前年に特別指定選手として加入していた浦和レッドダイヤモンズに加入。デビュー1年目のシーズンは天皇杯でセンターバックとして出場した際、安定した守りを見せた。U-22日本代表では右サイドバックでもプレーし、新境地を開いている。ブッフバルト監督体制下においては主にCB、オジェック監督体制下においてはCB、SB、WBで、エンゲルス監督体制下では本職のボランチで起用されていた。フィンケ監督就任後は、本職である堤俊輔が負傷した影響もあり、左SBとして起用されていたが、2010年は堤俊輔の復帰と宇賀神友弥の加入で左SBにある程度の人員が揃った事もあり、キャンプや練習試合でもボランチで固定され、Jリーグ第1節、対鹿島アントラーズ戦ではキャプテンの鈴木啓太を押しのける形で先発出場を果たした。これ以降もボランチとしてレギュラーポジションを確保し、前年までと同様にチーム事情、試合展開によっては右SB、左SBを務めることもあった。細貝萌 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示