47件中 31 - 40件表示
  • 似島検疫所

    似島検疫所から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    似島イレブンとして広島で試合に出た一人であるフーゴー・クライバーは、ドイツに帰国後でサッカークラブ「SV ヴァンバイル」を創設した。このクラブは後にドイツ代表ギド・ブッフバルトを輩出している。似島検疫所 フレッシュアイペディアより)

  • 日独関係

    日独関係から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    また、西ドイツ政府により1960年に策定されたスポーツ施設の総合整備計画「ゴールデンプラン」は日本のスポーツ指導者などから羨望され、「地域社会に根ざした総合スポーツクラブの創設」の理念は1991年設立の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)へ取り込まれた。このJリーグ草創期のスター選手としてジェフ市原に入団し、西ドイツ代表としてのW杯イタリア大会優勝メンバーだったピエール・リトバルスキーは、その後も日本で選手や指導者のキャリアを積んだ。また、リトバルスキーと共にW杯イタリア大会で優勝したギド・ブッフバルトは後に浦和レッドダイヤモンズの選手・監督となった。一方、1977年に1.FCケルンへ入団した奥寺康彦以後、ドイツのプロサッカーリーグであるブンデスリーガでプレーする日本人選手も存在し、近年多くの選手が同リーグに渡っている。奥寺と長谷部誠、香川真司は同リーグ1部の優勝も経験している。日独関係 フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    一方で浦和入団の際にラブコールを出してくれたギド・ブッフバルト監督の退任以降に就任したホルガー・オジェック、フォルカー・フィンケら後任監督と相次いで衝突した。オジェックの後任監督のゲルト・エンゲルスとは良好な関係を築いており、解任に際して惜しむコメントを残している。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

  • ロブソン・ポンテ

    ロブソン・ポンテから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    その後、当時浦和レッズの監督だったギド・ブッフバルトに口説かれ2005年7月、浦和レッドダイヤモンズに加入。Jリーグ公式戦初出場となった2005年8月20日のFC東京戦で初ゴールを決めた。ロブソン・ポンテ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパスエイト

    名古屋グランパスエイトから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ベストイレブンにはチーム最多の5人が選出。最優秀監督賞にストイコビッチ、MVPに楢崎正剛が選出され、ケネディが得点王を獲得した。なお、元Jリーガーの最優秀監督賞受賞はギド・ブッフバルトに続く2人目 で、選手としてのMVPと両方を獲得したのはストイコビッチが初である。楢崎はGKとして初めてMVPに選出された。名古屋グランパスエイト フレッシュアイペディアより)

  • マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ

    マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ラフプレーや独り善がりなプレーが多いことでも知られていたが、2004年に就任したギド・ブッフバルトの下では警告も減少し、30試合で27得点を挙げ浦和では福田正博に続く2人目のJリーグ得点王となり、チームの第2ステージ優勝に貢献した。また、この時期には日本に帰化して日本代表入りするという意思があり本人も「日本で何年もプレーするうちに日本のことが好きなった、日本に帰化して代表でプレーしたいと思っている」と発言するが翌年、多額の報酬に惹かれカタールリーグに移籍した。マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ フレッシュアイペディアより)

  • 田口禎則

    田口禎則から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1995年、ホルガー・オジェックが監督に就任すると意識改革に成功。フィジカルの強さを生かしながら反則を犯さずに相手からボールを奪取するクリーンなプレーが可能となり、サントリーシリーズでの上位進出の原動力となった。一方、ニコスシリーズ第9節の横浜M戦から3連敗を喫すると同年9月23日の名古屋グランパスエイト戦後にサポーターへの暴行事件を引き起こし、4ヶ月の出場停止処分を受けた。埼玉県内のリハビリ施設や養護施設でのボランティア活動を経て、復帰後はオジェックの下で再び出場機会を得てギド・ブッフバルトやバジール・ボリと共に堅固な守備陣を形成した。田口禎則 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    準決勝は所属クラブの本拠地ナポリで、開催国イタリアと対戦した。試合前にイタリアファンを煽るような発言をしたことや、PK戦で最後に蹴って勝利を決めたのがマラドーナであったことから、イタリア国民やSSCナポリファンとの関係が悪化した。決勝の西ドイツ戦ではアルゼンチンの国歌吹奏に場内から大ブーイングが浴びせられ、マラドーナはカメラに向かって「イホス・デ・プータ(英語の『サノバビッチ』に相当する侮蔑語)」と吐き捨てた。試合ではギド・ブッフバルトのマークに沈黙。敗戦後は人目をはばからず号泣し、イングランド代表のポール・ガスコインが準決勝で流した涙とともに人々に記憶されている。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    社長の犬飼基昭、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフトを監督に招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・クリンスマン

    ユルゲン・クリンスマンから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    VfBシュトゥットガルト時代のチームメイトであり、後に浦和レッズの監督を務めたギド・ブッフバルトとは唯一無二の親友である。一方で、ローター・マテウスとは犬猿の仲であることで知られる。ユルゲン・クリンスマン フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示