41件中 31 - 40件表示
  • 三菱ふそう・スーパーグレート

    三菱ふそう・スーパーグレートから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1996年6月5日 - ザ・グレートの後継として登場。CMに当時は浦和レッズの司令塔だったギド・ブッフバルト(元監督)を起用。翌月トラクタシリーズを追加。4軸低床車のFSはこれまでの異径ではなく、第1軸のタイヤを第2軸以降と同じ19.5インチのタイヤに変更し、日本の大型トラックで初めて総輪同径の4軸低床車を実現した。これまでFTと同じだった第1軸の位置を前進し、22.5インチタイヤを装着する前輪1軸車と同じ位置に変更した。これにより使用するタイヤを1種類に統一でき、スペアタイヤを1個にする事で軽量化につながっている。第1軸の位置が通常の前輪1軸車と同じ位置に変更したことからコーナリング性能が向上し、最小回転半径を縮小している。三菱ふそう・スーパーグレート フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    塚本に代わって半年後に就任した犬飼基昭社長、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフト監督を招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 1月24日

    1月24日から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1961年 - ギド・ブッフバルト、Jリーグ・監督1月24日 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・リトバルスキー

    ピエール・リトバルスキーから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ブンデスリーガでは406試合に出場して113得点を決め、欧州カップ戦には53試合に出場して16得点を決めた。ドイツ代表としては73試合に出場して18得点し、FIFAワールドカップに3度出場して1度の優勝と2度の準優勝という輝かしい成績を残した。2万2000人の観客を集めて行われたお別れ試合にはGKハラルト・シューマッハー、モアテン・オルセン、DFギド・ブッフバルト、トーマス・ヘスラー、MFローター・マテウス、FWカール=ハインツ・ルンメニゲなどの名選手がずらりと勢ぞろいし、試合に出場した選手とフランツ・ベッケンバウアー監督の代表キャップ数を合計すると1100にも上った。ピエール・リトバルスキー フレッシュアイペディアより)

  • 1990 FIFAワールドカップ

    1990 FIFAワールドカップから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    大会は西ドイツが優勝し、この3度目の優勝と3つの準優勝で、次の大会でブラジルが4度目の優勝を達成するまで、ワールドカップ史上最高の経歴を誇ることになる。西ドイツの監督を務めたフランツ・ベッケンバウアーは、マリオ・ザガロに次ぎ、選手と監督の両方でワールドカップ優勝を成し遂げた人物となった。東西ドイツ統合直前の西ドイツは、決勝戦で敗退した前の2大会とは違い、開幕前からイタリアなどと並ぶ優勝候補の筆頭と目され、その前評判に違わぬ強さを見せた。FWのユルゲン・クリンスマン、ルディ・フェラー、MFのローター・マテウス、アンドレアス・ブレーメ、ピエール・リトバルスキー、トーマス・ヘスラーらどこからでも点の取れる攻撃陣とクラウス・アウゲンターラー、ユルゲン・コーラー、ギド・ブッフバルトら大柄で屈強な選手を揃えた守備陣を誇る、攻守のバランスが取れた非常に完成度の高いチームで、グループリーグから決勝戦まで相手に一度もリードを許すことなく優勝した。1990 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    準決勝は所属クラブの本拠地ナポリで、開催国イタリアと対戦した。試合前にイタリアファンを煽るような発言をしたことや、PK戦で最後に蹴って勝利を決めたのがマラドーナであったことから、イタリア国民やSSCナポリファンとの関係が悪化した。決勝の西ドイツ戦ではアルゼンチンの国歌吹奏に場内から大ブーイングが浴びせられ、マラドーナはカメラに向かって「イホス・デ・プータ(英語の『サノバビッチ』に相当する侮蔑語)」と吐き捨てた。試合ではギド・ブッフバルトのマークに沈黙。敗戦後は人目をはばからず号泣し、イングランド代表のポール・ガスコインが準決勝で流した涙とともに人々に記憶されている。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • 福田正博

    福田正博から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    1996年、この時期から福田のサッカー人生は怪我との戦いとなった。1996年シーズン開幕直前に負傷すると8月には練習中に左足首を骨折しリーグ戦4試合の出場に終わった。1997年は左足首手術の際に埋め込まれたプレートの影響による痛みに終始苦しめられたものの、29試合で21得点を記録した。前年にはオジェック監督やバイン、同年10月にはギド・ブッフバルトといった功労者がチームを去っていったが、エースとしてチームを牽引した。1998年には痛みの原因となっていた左足首のプレートを除去したが、左足付け根の肉離れが再発しリハビリと復帰を繰り返した。福田正博 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパス

    名古屋グランパスから見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    ベストイレブンにはチーム最多の5人が選出。個人タイトルとしては最優秀監督賞にストイコビッチが選出され、ケネディが2003年のウェズレイ以来の得点王、楢崎が1995年のストイコビッチ以来のMVPを獲得した。なお、元Jリーガーの最優秀監督賞受賞はギド・ブッフバルトに続く2人目で、選手としてのMVPと両方を獲得したのはストイコビッチが初。また、楢崎はGKとして初めてMVPに選出された。名古屋グランパス フレッシュアイペディアより)

  • 第一次世界大戦下の日本

    第一次世界大戦下の日本から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    545名が移送された似島検疫所では、菓子職人のカール・ユーハイムが日本で初めてとなるバウムクーヘンを焼き上げたり、広島市の産業奨励館(現在の原爆ドーム)で実演販売も行ったりした他、捕虜のサッカーチームが地元の師範学校チームと試合を通じて技術を教えるということもあった。この選手の一人はドイツに帰国後、サッカークラブ「SVヴァンヴァイル」を創設し、後にギド・ブッフバルトを輩出する礎を築いている。第一次世界大戦下の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見たギド・ブッフバルトギド・ブッフバルト

    一方で浦和に誘ってくれたギド・ブッフバルト監督の退任以降に就任したホルガー・オジェック、フォルカー・フィンケら後任監督と相次いで衝突するなどマスコミを騒がせた。オジェックの後任に当たるゲルト・エンゲルス監督とは良好な関係を築いており、解任に際して惜しむコメントを残している。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード