前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たディエゴ・マラドーナ

    大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年のイタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た堀之内聖

    自身はハードマークが身上だったが、監督としてはディフェンダーにボール奪取能力をより求めていた節がある。そのため、守備的ミッドフィールダーが本職である堀之内聖や細貝萌をセンターバックにコンバートして起用していた。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たフォルカー・フィンケ

    退団後の2008年は引き続き浦和レッズとの交流を続け、再び2009年度からのテクニカル・アドバイザー就任も内定していたが、クラブがフィンケ新監督招聘を彼に相談なく決めたことや、複数年契約中だったエンゲルス前監督を社長の独断で更迭したことに対してブッフバルトが激怒。結果、浦和レッズとは喧嘩別れする形となったギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たゲルト・エンゲルス

    翌2006年、リーグチャンピオンの座を賭けた最終戦(34節)はホーム埼玉スタジアム2002で2位ガンバ大阪を迎え撃つ形となり、その直接対決で浦和レッズが3-2で勝利を収め、悲願のリーグ制覇を決めた。(浦和レッズが自身初めての監督経験であったがヘッドコーチのエンゲルスとの二人三脚での指揮が3年目にして実を結んだものと言える。)しかしながら、家庭の事情を理由にこの年限りで浦和監督を退任すると発表(なおこの優勝はJリーガー出身の監督としても初のリーグ優勝であった)。2007年1月1日の天皇杯連覇を置き土産にし、ドイツへ帰国した。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た浦和レッドダイヤモンズ

    元ドイツ代表のディフェンダー。2004年から2006年にはJリーグの浦和レッドダイヤモンズで監督を務めた。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た監督

    ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー指導者、元サッカー選手。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た細貝萌

    自身はハードマークが身上だったが、監督としてはディフェンダーにボール奪取能力をより求めていた節がある。そのため、守備的ミッドフィールダーが本職である堀之内聖や細貝萌をセンターバックにコンバートして起用していた。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たユルゲン・クリンスマン

    大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年のイタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た田口禎則

    1995年3月29日の国立での名古屋戦。試合は0-0のまま、当時完全決着制だったためPK戦に突入した。ブッフバルトは3人目に蹴り失敗した。その後、5人目が蹴っても決着がつかなかったためサドンデスに突入、さらに11人目が蹴っても決着がつかず2周目に突入。14人目のキッカーとして登場したブッフバルトは再び失敗し、レッズはPK戦9-10で敗れた。この時の様子を中西哲生のラジオ番組に出演した田口禎則は、PKが2周目に突入した際に蹴る順番を変更できるルールを両チームの選手・監督だれもが知らず、1回目に失敗した選手の順番を変える事をしなかったと言う。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た中西哲生中西 哲生

    1995年3月29日の国立での名古屋戦。試合は0-0のまま、当時完全決着制だったためPK戦に突入した。ブッフバルトは3人目に蹴り失敗した。その後、5人目が蹴っても決着がつかなかったためサドンデスに突入、さらに11人目が蹴っても決着がつかず2周目に突入。14人目のキッカーとして登場したブッフバルトは再び失敗し、レッズはPK戦9-10で敗れた。この時の様子を中西哲生のラジオ番組に出演した田口禎則は、PKが2周目に突入した際に蹴る順番を変更できるルールを両チームの選手・監督だれもが知らず、1回目に失敗した選手の順番を変える事をしなかったと言う。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード