45件中 21 - 30件表示
  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たTBSテレビ

    2004年の浦和監督就任直後に、TBSテレビの番組「スーパーサッカー」の「バナナキングコンテスト」という、各Jチームの現役選手を対象にしたフリーキックの精度を競わせる人気コーナーにて特別参加で挑戦。ところが多くの現役Jリーガーがクリア出来なかった角度を、なんと背広姿に革靴という格好のままでクリアしてしまい、しばらく番組内での「バナナキング」ランキングの1位に飾られていたことがある。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たアレマニア・アーヘン

    2007年6月、ブンデスリーガ2部のアレマニア・アーヘンの監督に就任。契約期間は2年だったが、成績は中位に甘んじ、経営陣から采配への不満の声やチームを統率できていないとの批判の声があがり、その年の11月、わずか半年も経たずに解任された。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たVfBシュトゥットガルト

    1978年シュトゥットガルト・キッカーズに入団、旧西ドイツ代表ユースに選出。1983-1984シーズンにドイツ・ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルトでデビュー。このシーズン、34試合に出場してリーグ優勝に貢献し、1993-1994シーズンまで同クラブに在籍。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たカールスルーエSC

    1997年-1998年シーズンのブンデスリーガ・カールスルーエSCを最後に現役を引退。引退後はシュトゥットガルト・キッカーズのスタッフとなる。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たシュトゥットガルト・キッカーズ

    1978年 - 1983年 シュトゥットガルト・キッカーズ(西ドイツ)ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た三菱ふそう・スーパーグレート

    浦和レッドダイヤモンズ選手時代の1996年に大型トラック「三菱ふそう・スーパーグレート」の広告キャラクターに起用された。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1978年シュトゥットガルト・キッカーズに入団、旧西ドイツ代表ユースに選出。1983-1984シーズンにドイツ・ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルトでデビュー。このシーズン、34試合に出場してリーグ優勝に貢献し、1993-1994シーズンまで同クラブに在籍。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た浦和駒場スタジアム

    一時はかつて所属していた浦和とは疎遠になり、日本サッカー協会とアドバイザー契約を交わし、2011 FIFA女子ワールドカップに出場するサッカー日本女子代表のキャンプ地選定に関わったり、安藤梢の女子ブンデス・リーガ移籍の橋渡し役を務めるなど、日本サッカー界に貢献する働きが主になっていた。しかし近年では2012年7月15日に浦和駒場スタジアムのリニューアルイベントで行われた試合に浦和OBチームのメンバーとして参加、2014年には元同僚山田暢久の引退試合にレッズ歴代選抜チームの監督して参加、またレッズのアジアチャンピオンズリーグの試合を観戦しに来日するなど再び親交を深めている模様である。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たアルゼンチン

    大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年のイタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た埼玉スタジアム2002

    翌2006年、リーグチャンピオンの座を賭けた最終戦(34節)はホーム埼玉スタジアム2002で2位ガンバ大阪を迎え撃つ形となり、その直接対決で浦和レッズが3-2で勝利を収め、悲願のリーグ制覇を決めた。(浦和レッズが自身初めての監督経験であったがヘッドコーチのエンゲルスとの二人三脚での指揮が3年目にして実を結んだものと言える。)しかしながら、家庭の事情を理由にこの年限りで浦和監督を退任すると発表(なおこの優勝はJリーガー出身の監督としても初のリーグ優勝であった)。彩の国功労賞を受賞。2007年1月1日の天皇杯連覇を置き土産にし、ドイツへ帰国した。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示