41件中 31 - 40件表示
  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たバナナキングコンテスト

    2004年の浦和監督就任直後に、TBSテレビの番組「スーパーサッカー」の「バナナキングコンテスト」という、各Jチームの現役選手を対象にしたフリーキックの精度を競わせる人気コーナーにて特別参加で挑戦。ところが多くの現役Jリーガーがクリア出来なかった角度を、なんと背広姿に革靴という格好のままでクリアしてしまい、しばらく番組内での「バナナキング」ランキングの1位に飾られていたことがある。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たサッカー

    ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー指導者、元サッカー選手ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た1990 サッカー・ワールドカップ

    大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年のイタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た1986 FIFAワールドカップ

    大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年のイタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たドイツ

    ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー指導者、元サッカー選手。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たディフェンダー (サッカー)

    元ドイツ代表のディフェンダー。2004年から2006年にはJリーグの浦和レッドダイヤモンズで監督を務めた。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たサッカー日本女子代表

    かつて所属していた浦和とは疎遠になってしまったが、日本サッカー協会とアドバイザー契約を交わし、2011 FIFA女子ワールドカップに出場するサッカー日本女子代表のキャンプ地選定に関わったり、安藤梢の女子ブンデス・リーガ移籍の橋渡し役を務めるなど、日本サッカー全体との縁は切れていない。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見た日本プロサッカーリーグ

    元ドイツ代表のディフェンダー。2004年から2006年にはJリーグの浦和レッドダイヤモンズで監督を務めた。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たスーパーサッカー (TBSのサッカー番組)

    2004年の浦和監督就任直後に、TBSテレビの番組「スーパーサッカー」の「バナナキングコンテスト」という、各Jチームの現役選手を対象にしたフリーキックの精度を競わせる人気コーナーにて特別参加で挑戦。ところが多くの現役Jリーガーがクリア出来なかった角度を、なんと背広姿に革靴という格好のままでクリアしてしまい、しばらく番組内での「バナナキング」ランキングの1位に飾られていたことがある。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ブッフバルト

    ギド・ブッフバルトから見たヘッドコーチ

    翌2006年、リーグチャンピオンの座を賭けた最終戦(34節)はホーム埼玉スタジアム2002で2位ガンバ大阪を迎え撃つ形となり、その直接対決で浦和レッズが3-2で勝利を収め、悲願のリーグ制覇を決めた。(浦和レッズが自身初めての監督経験であったがヘッドコーチのエンゲルスとの二人三脚での指揮が3年目にして実を結んだものと言える。)しかしながら、家庭の事情を理由にこの年限りで浦和監督を退任すると発表(なおこの優勝はJリーガー出身の監督としても初のリーグ優勝であった)。2007年1月1日の天皇杯連覇を置き土産にし、ドイツへ帰国した。ギド・ブッフバルト フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「ギド・ブッフバルト」のニューストピックワード