625件中 11 - 20件表示
  • 特集1179

    特集1179から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    2007年ギャラクシー賞ラジオ部門大賞。(担当:森崎俊雄)特集1179 フレッシュアイペディアより)

  • 清水潔 (ジャーナリスト)

    清水潔 (ジャーナリスト)から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    2015年、日中戦争時の「南京事件」を取材。NNNドキュメント'15「南京事件〜兵士達の遺言」を放送し、インターネット上などで大きな話題となる。その後同番組は「ギャラクシー賞」など合計7つの賞を受賞。翌2016年に著書「『南京事件』を調査せよ」を刊行。清水潔 (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • 二宮和也

    二宮和也から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    『マラソン』で第62回文化庁芸術祭テレビ部門「放送個人賞」を受賞。国が同賞を俳優に表彰するのは初となる。同作品で、2007年9月度月間ギャラクシー賞「個人賞」を受賞。二宮和也 フレッシュアイペディアより)

  • ミュ〜コミ+プラス

    ミュ〜コミ+プラスから見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    第49回(2011年度)ギャラクシー賞ラジオ部門・上期入賞候補(生ワイド部門)ミュ〜コミ+プラス フレッシュアイペディアより)

  • 土居原作郎

    土居原作郎から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    1935年兵庫県芦屋市に生まれる。1957年関西学院大学を卒業。同年4月にNHKに入局。以後、NHK大阪放送局で35年間多くのテレビドラマを制作する。連続テレビ小説「鮎のうた」、「心はいつもラムネ色」、「はっさい先生」などを手掛ける。「炎熱商人」で第39回文化庁芸術祭優秀賞と、ギャラクシー賞(テレビドラマ部門、年度最高賞)を受賞。土居原作郎 フレッシュアイペディアより)

  • 合津直枝

    合津直枝から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    長野県松本深志高等学校を経て早稲田大学第一文学部心理学科を卒業後、テレビマンユニオンに参加。音楽番組、ドキュメンタリー番組などの制作を経て、テレビドラマのプロデュースに携わる。1994年放送のテレビドラマ『真昼の月 続・病院で死ぬということ』は放送文化基金賞奨励賞、ATP賞優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。ドラマ番組では以降も単発・連続もののプロデュースを主に行うが、2013年のNHK連続ドラマ『書店員ミチルの身の上話』では、プロデュース・演出・脚本の三役を務めた。合津直枝 フレッシュアイペディアより)

  • 重盛政史

    重盛政史から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    番組制作においても構成や脚本、演出も手がけ、これまで制作した番組では日本民間放送連盟賞やギャラクシー賞選奨、等を受賞。アナウンス分野でも、これまでも数多く受賞している。重盛政史 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑道子

    中畑道子から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    1968年のNHKの朝の連続テレビ小説『あしたこそ』(橋田壽賀子脚本)のヒロイン摂子(藤田弓子)の母ふみ役で第6回放送批評家賞(ギャラクシー賞)受賞第6回放送批評家賞(ギャラクシー賞)を受賞。。中畑道子 フレッシュアイペディアより)

  • 大森青児

    大森青児から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    短編ドラマ・シリーズ 『私生活』(1985年、ギャラクシー賞受賞)大森青児 フレッシュアイペディアより)

  • 有吉弘行のドッ喜利王

    有吉弘行のドッ喜利王から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    後述のようにギャラクシー賞の月間賞を受賞するなど評価の高い番組であったが、番組の演出兼プロデューサーの藤井健太郎は、「番組の構造上、おそらく二度とできない企画」と語っている。有吉弘行のドッ喜利王 フレッシュアイペディアより)

625件中 11 - 20件表示

「ギャラクシー賞」のニューストピックワード