625件中 71 - 80件表示
  • 福山雅治

    福山雅治から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    2010年、NHK大河ドラマ第49作『龍馬伝』において主人公・坂本龍馬を演じる。この演技が高評価され、第48回(2010年度)ギャラクシー賞テレビ部門個人賞を受賞した。2011年には映画『アンダルシア 女神の報復』に特別出演した。福山雅治 フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!

    雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    高橋茂雄(サバンナ)が企画した「中学の時イケてないグループに属していた芸人」で、2009年1月の月間ギャラクシー賞を受賞した。また、この番組で取り上げられ話題を呼んだ「雛壇芸人」「家電芸人」が2009年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた。雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏

    久米宏から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    1990年5月 - ニュースステーションのキャスターとしての業績に対し、第27回ギャラクシー賞・テレビ部門個人賞を受賞。久米宏 フレッシュアイペディアより)

  • 杉村春子

    杉村春子から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    碑(1969年、広島テレビ) ※第24回芸術祭優秀賞受賞、第7回ギャラクシー賞、第2回テレビ大賞優秀番組賞杉村春子 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦春馬

    三浦春馬から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    2014年、自ら企画を提案したドラマ『僕のいた時間』で主演し、第51回ギャラクシー賞個人賞を受賞。三浦春馬 フレッシュアイペディアより)

  • 父系の指

    父系の指から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    「松本清張特別企画・父系の指」。1995年1月16日、TBS系列の「月曜ドラマスペシャル」枠(21:00-22:54)にて放映。視聴率14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第32回ギャラクシー賞大賞受賞作品。1995年度芸術祭作品賞受賞作品。原作は「全体の半分ぐらいは事実だが、半分は虚構」であり、登場人物として特に著者自身とその家族を明示した作品ではないが、原作者の没後に制作された本ドラマは、作家として大成した清張の回想話という構成が取られている。父系の指 フレッシュアイペディアより)

  • 小島慶子

    小島慶子から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    入社4年目(1998年)の秋、ラジオ番組『BATTLE TALK RADIO アクセス』の初代ナビゲーターになった。1999年に第36回ギャラクシー賞DJパーソナリティー部門賞を受賞している。小島慶子 フレッシュアイペディアより)

  • カウンターのふたり

    カウンターのふたりから見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    第三話「終わりと始まりの間」がギャラクシー賞五月度月間賞を受賞。さらに、シーズン1全作が第29回ATP賞テレビグランプリドラマ部門奨励賞を受賞した。2013年1月11日からはシーズン2(続編)の放送が決定。その前週1月4日にはシーズン2スペシャル『豪華キャスト大集合 ふたりの裏側ぜんぶ見せます。』を放送。ナレーションは鈴木博紀。カウンターのふたり フレッシュアイペディアより)

  • 山内亨

    山内亨から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    1992年 「佐織のバレーボール日記」を製作し同年、日本民間放送連盟よりテレビ報道部門優秀賞、1993年には「ギャラクシー・選奨」を受賞。山内亨 フレッシュアイペディアより)

  • 寺内小春

    寺内小春から見たギャラクシー賞ギャラクシー賞

    「はね駒」(昭和61年放送NHK連続テレビ小説)ではギャラクシー賞を受賞。寺内小春 フレッシュアイペディアより)

625件中 71 - 80件表示

「ギャラクシー賞」のニューストピックワード