198件中 21 - 30件表示
  • 餃子

    餃子から見た段躍中

    2008年 中国製冷凍餃子中毒事件 - 中国で生産され、日本へ輸出された冷凍食品の餃子に高濃度の農薬が混入しており、それを食べた多数の人が薬物中毒を起こした事件。→詳細は中国製冷凍食品による農薬中毒事件、段躍中を参照。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た京都市

    秋には宇都宮餃子会を中心とする市民手作りのイベント「宇都宮餃子祭り」が定例化している。協賛餃子店(みんみんやシンフー、青源など)が市街で屋台を開き、1人前1皿100円の餃子が振る舞われ、また宇都宮はジャズの町でもあることから街角の特設会場では同日にジャズ演奏が行われ、その中で一般市民や観光客が餃子を食す。「宇都宮餃子祭り」は毎年 11月初旬の土日に行われている。2000年代後期、浜松市が独自調査結果から餃子消費量日本一都市を宣言し報道されていたが、2007年(平成19年)4月に浜松市が政令指定都市となって総務省統計局の「家計調査年報」の調査対象となった結果、2009年(平成21年)の同調査で宇都宮市と浜松市の年間餃子消費量は他の都道府県庁所在都市および全政令指定都市中で抜きん出て多く、ほぼ同等の結果(宇都宮市4,187円、浜松市4,137円。以下、鹿児島市2,764円、千葉市2,673円、京都市2,662円、前橋市2,635円等。全国市町村の平均は2,055円。)となった。2011年分の調査では、震災の影響で浜松市に抜かれ、2位に陥落した。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たモヤシ

    静岡県浜松市は餃子専門店が約80軒あり、餃子をメニューとして出す飲食店を含めると300軒以上。キャベツをたっぷりと使った甘味が特色で、薄い塩味で軽く茹でたモヤシを添える独特のスタイルを持つ。これは石松餃子(現在2代目)の先代が、屋台時代に家庭用のフライパンを使って、餃子を丸く並べて焼く時に出来た中央の空間に、店のサービスで茹でたモヤシを添えた事が始まりである。現在2代目の石松餃子では、飼料に麦を混ぜて育てた遠州麦ブタを使い、キャベツも季節によって仕入れ先を変えたりして具材には拘っている。。また、タレに拘った店が多い。終戦後、石松餃子(先代が森の石松の故郷と言われる森町出身)が、浜松駅の近くで屋台を開いていて、その時に、満州などで餃子の製法を会得した復員兵から餃子を食べたいと言われて、レシピを聞きながら作ったのが浜松餃子の発祥と言われているが、実は同市に於ける焼き餃子の歴史は古く、戦前より在市の中国人が中華料理の一品として、既に焼き餃子を提供していた事が判っている。当時、総務省の家計調査年報では浜松市は統計発表の対象外だったため、一世帯当たりの餃子の年間支出金額は不明とされていた。家計調査年報とは調査方法は異なるものの、2006年(平成18年)の浜松市役所の調査では、一世帯当たりの餃子の年間消費量は宇都宮市の約4倍、年間消費金額は1万9403円としていた。その後、政令指定都市となり公式に総務省「家計調査」の公表対象都市となり、2010年(平成22年)に宇都宮市の消費額とほぼ同等の結果であったことが分かった。マスコットキャラクターとして「ちゃお」を擁する。2011年には支出額調査でギョーザ支出額で宇都宮市を抜き年間首位となったが、東日本大震災で消費が落ち込んだ影響もあり手放しでは喜べないとした。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た太平洋戦争

    日本国内で初めて餃子を食べた人物は江戸時代の徳川光圀とされており、亡命していた朱舜水から教わったという。明治時代までにも餃子を出す中華料理店は存在し、料理書でも作り方は紹介されている。しかし、呼び方はチャオツなど原語の音をそのまま使い、「メリケン粉に包んだもの」や「焼いた豚饅頭」などという解説を付けなければならないほど、庶民には縁遠い存在であった。日本で一般の日本人が食べられるようになったのは、満州で作り方を習得した人たちが太平洋戦争後に日本で作りだしてからであり、薄目の皮を使用した焼き餃子が主流となった。大衆的な日本人向けの中華料理店やラーメン店、また餃子専門店など、家庭の手軽な惣菜として定着している。日本では、具に白菜ではなくキャベツを使用する事が大半であり、ニラやニンニクを加えることが多い。日本では米飯のおかずとして食される。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た豚肉

    中華圏では水餃子と鍋貼の具としてニンニクを入れる習慣はない。また、ニンニク的役割を果たすものにニラ(韭菜、)があるが、必ずしも入れず、白菜と豚肉のみなどというものも多い。ニラを使った水餃子は「韭菜水餃」と区別してメニューに記載されたりもする。また、店によっては生のニンニク片が卓上に置かれる事もあり、食べる者の好みにより生ニンニクを齧りつつ食す方法がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た

    餃子はその発音が交子(子を授かる)と同じであることや、清代の銀子の形に似ていることにより縁起の良い食べ物としても珍重される。また「交」には「続く、末永し」という意味もあり、春節には長寿を願い食され、大晦日(過年、)には年越し餃子(更歳餃子、)を食べる。また、皇帝も王朝と社稷の永続を祈願し春節のときだけ餃子を食したという。これは元来北部の習慣であり、地域によって南部などでは(年糕、、年糕、、)が食される。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た中華まん

    韓国の餃子、マンドゥは中国式餃子に近く、具には豚肉、ニラ、ダイコンに加え、キムチ、春雨などが使われる。中国同様、水餃子が主流であり、韓国ではマンドゥ・グク(;?はスープ料理の意)と呼ばれ、大衆食堂でも供されるほど一般的なメニューの一つとなっているほか、家庭料理においては中国同様に、マンドゥ・グクをつくった後で残った餃子をフライパンで焼く焼餃子も一般的に食される。いずれの場合も、醤油と酢をベースに、唐辛子粉やニンニクなどを加えたヤンニョムを付けて食す。参考までに、韓国においては日本で言うところの中華まん、すなわち中国で言うところの包類も同じくマンドゥと呼ばれる。これらはマンドゥ・グクと区別するために「蒸し饅頭」を意味するチン・マンドゥ()と呼ばれるのが一般的である。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たおでん

    おでんの具の一種。餃子を魚のすりみで巻いて揚げたもの。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たご当地グルメ

    2002年7月に餃子をテーマにしたフードテーマパーク「池袋餃子スタジアム」がオープン。戦後の日本で餃子が大衆食として定着した昭和30年代の園内演出と、宇都宮餃子をはじめ日本全国の餃子を一度に味わえる運営スタイルが特徴。東京・池袋のナムコ・ナンジャタウン内にある。浜松市、宇都宮市、北九州市八幡東区などでは、餃子をご当地グルメとしてPRし、地域おこしを行っている。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たキムチ

    韓国の餃子、マンドゥは中国式餃子に近く、具には豚肉、ニラ、ダイコンに加え、キムチ、春雨などが使われる。中国同様、水餃子が主流であり、韓国ではマンドゥ・グク(;?はスープ料理の意)と呼ばれ、大衆食堂でも供されるほど一般的なメニューの一つとなっているほか、家庭料理においては中国同様に、マンドゥ・グクをつくった後で残った餃子をフライパンで焼く焼餃子も一般的に食される。いずれの場合も、醤油と酢をベースに、唐辛子粉やニンニクなどを加えたヤンニョムを付けて食す。参考までに、韓国においては日本で言うところの中華まん、すなわち中国で言うところの包類も同じくマンドゥと呼ばれる。これらはマンドゥ・グクと区別するために「蒸し饅頭」を意味するチン・マンドゥ()と呼ばれるのが一般的である。餃子 フレッシュアイペディアより)

198件中 21 - 30件表示

「ギョーザ」のニューストピックワード