222件中 61 - 70件表示
  • 餃子

    餃子から見たみよしのさっぽろ

    たとえば、北海道のチェーン店「みよしの」は、一般的な生地(皮)では無く、チルドタイプの餃子を調理し、提供する店舗である。「珉珉」では、国産の具材をベースに餃子を作っていることを宣言している。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た珉珉

    主な外食チェーン店には餃子の王将・大阪王将・大阪王・珉珉・宇都宮みんみん・ホワイト餃子店・ぎょうざの満洲・紅虎餃子房などがある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た八幡製鐵所

    北九州市八幡東区は、かつて鉄の都として栄えた旧八幡市の中心地。その八幡製鐵所に勤務する労働者は肉体疲労がかなり激しく、ニンニクなどのスタミナ素材を好んで食べていたことから餃子文化が浸透。餃子専門店、ラーメン店など、八幡東区の20店舗以上で「八幡ぎょうざ」が食べられる。種類は鉄なべ餃子やひとくち餃子、にんにく入りスタミナ餃子、スープ餃子など多種多様。北部九州では餃子の薬味に「柚子胡椒」を使うこともある。現在、有志が集まり、八幡ぎょうさ協議会(八幡食ブランド実行委員会)を立ち上げており、商店街でイベントなども開催されている。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たぎょうざの満洲

    主な外食チェーン店には餃子の王将・大阪王将・大阪王・珉珉・宇都宮みんみん・ホワイト餃子店・ぎょうざの満洲・紅虎餃子房などがある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た白菜

    中国では豚肉、白菜を使った一般的なものの他に、たとえば下記の様な具が用いられる。具材は地域によって大きく異なる。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たフライパン

    家庭での調理もほぼ同様で、(店舗のような専用道具が無いので)一般的には、底面が平らで円形のフライパンに餃子を並べ、適量の水を加え、蓋をし、適度に「蒸し焼き」にし、次に蓋を取り、水蒸気を飛ばし、適度な焦げ目をつける(最近の冷凍食品では、「焼く時に水を加えなくてもよい(しかも羽根つき)」ということをセールスポイントにするものも登場した)。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たニラ

    中華圏では水餃子と鍋貼の具としてニンニクを入れる習慣はない。また、ニンニク的役割を果たすものにニラ(韭菜、)があるが、必ずしも入れず、白菜と豚肉のみなどというものも多い。ニラを使ったものは「韭菜水餃」として水餃子と区別してメニューに記載されたりもする。また、店によっては生のニンニク片が卓上に置かれる事もあり、食べる者の好みにより生ニンニクをかじりつつ食す方法がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た中華鍋

    現在、台湾の鍋貼チェーンが中国本土にも進出し、展開されている。中国で焼き餃子が主流ではない理由として、丸底の中華鍋が一般的になり、満州発祥の平底の鍋が普及しなかったからという理由も考えられる。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た満州民族

    中国においては、北京語の発音で「ジャオズ、チャオズ(ピン音:)」といい、特に中国東北部(満洲)において水餃子(茹で餃子、満州語:hoho efen)がよく食べられる。満洲民族による清朝成立後に広く華北一帯に普及し、中華料理の代表的な料理のひとつになった。それとは別に華南で発達した点心として食べられる蒸し餃子がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た

    中国においては、北京語の発音で「ジャオズ、チャオズ(ピン音:)」といい、特に中国東北部(満洲)において水餃子(茹で餃子、満州語:hoho efen)がよく食べられる。満洲民族による清朝成立後に広く華北一帯に普及し、中華料理の代表的な料理のひとつになった。それとは別に華南で発達した点心として食べられる蒸し餃子がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

222件中 61 - 70件表示

「ギョーザ」のニューストピックワード