198件中 81 - 90件表示
  • 餃子

    餃子から見た牛脂

    中国の華北で食べられる餃子は主食のひとつとして食べられ、水餃子(水餃、)が主流。皮を厚めにし湯に入れ茹でて水切りをして食べる、日本的な表現をするならば茹で餃子である。日本では水餃子とスープ餃子(湯餃、)が混同されることが多いが、基本的に水餃と言えば茹で餃子のことを指す(中国語でお湯は「熱水」、スープは「湯」である)。餃子の中身に冷まして固体にした牛脂を入れる場合がある。これが熱でとろけて何ともジューシーであり、牛脂が漏れださないように皮は厚くする。焼き餃子は「鍋貼」(グオティエ、)と呼ばれ、残り物の餃子を焼いて食べるものと言われることが多いが、現在商品として売られているものは残り物の再利用ではない。日本で棒餃子や鉄鍋餃子と呼ばれる、皮が薄く、長細いものが基本。水餃子とは、皮の作り方から違う。水餃子と同じ形状のものを焼き、鍋貼と称することもある。特に台湾では鍋貼のチェーン店が全国に多数展開され、その他に朝食を売る店や屋台でもメニューとして存在しており、水餃子が主流であることに変わりはないものの、非常に一般的である。現在、中国本土でも台湾の鍋貼チェーンが進出し展開されている。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た大田区

    東京都大田区蒲田は、満州より調理法を受け継いだ「元祖羽根つき餃子」を謳う3店舗を中心に、餃子の街としてTVなどで報道されている。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た南欧

    ポーランドやスロバキアなどの中欧諸国、ウクライナ、リトアニア、ベラルーシ、グルジア、ロシア、モルドバなどといった旧ソビエト連邦構成国の東欧諸国、ないしイタリアなどの南欧にも中国とよく似た餃子の文化がある。ポーランドやスロバキアでは「ピエルク」と呼ばれる。ポーランド系移民やその子孫が非常に多い北アメリカではピエルクの複数形の「ピエロギ」として知られるようになり、北アメリカではピエロギが英語風に訛った「ピーロギー」という呼ばれ方をすることが一般的である。しかも「ピーロギー」はもともと「ピエルク(Pieróg)」の複数形「ピエロギ(Pierogi)」が訛ったものであるにもかかわらず、英語では「ピーロギー(Pierogi、ないしPerogiやPirogiと表記)」が単数形として認識され、この複数形として「ピーロギーズ(Pierogies)」が存在し使われている。オックスフォード英英辞典にも「Pierogi/Pierogies」が正式な英単語として載っているほど一般化している。基本的には水餃子と同様に茹でるが、そのほかにフライパンで焼いたり油で揚げたりといったさまざまな加熱法を使う。なお北米の都市の中には中華式の餃子がDumpling(本来の意味は茹団子)またはPot stickerと称されスーパー等で販売されているケースも見られる(カナダ・バンクーバーで在カナダ華僑が製造販売する餃子の袋売りパッケージなど)。ポーランド語やスロバキア語ではスープに入れる小ぶりなものにはまた別の呼び名がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た清朝

    中国においては、北京語の発音で「ジャオズ、チャオズ(ピン音:)」といい、華北の料理とされて中国東北部で特によく食べられる。清朝成立とともに中国料理の代表として普及した。それとは別に華南で発達した点心として食べられる蒸し餃子がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た広東料理

    中国では点心のひとつとして普通にみられるが、日本では豚肉の餃子が主流のため、エビなどの海鮮類を具に用いたものは区別されることが多い。華中、華北でみられるような普通の小麦粉の皮を使うものと広東料理で見られるような浮き粉と澱粉を使った、半透明の皮の物がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た春秋時代

    歴史は古く、中国の春秋時代(紀元前6世紀頃)の遺跡からすでに食べられていた痕跡が見つかっている。敦煌の唐代の墳墓では、副葬品として壺に入った餃子が乾燥状態で発見されている。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た三角形

    金魚、ウサギ、白菜などの形を餃子で作ったものや、三角形や花のような形に包んだ餃子。形や皮に付けられた色を保つために蒸して加熱する場合が多い。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たポーランド系

    ポーランドやスロバキアなどの中欧諸国、ウクライナ、リトアニア、ベラルーシ、グルジア、ロシア、モルドバなどといった旧ソビエト連邦構成国の東欧諸国、ないしイタリアなどの南欧にも中国とよく似た餃子の文化がある。ポーランドやスロバキアでは「ピエルク」と呼ばれる。ポーランド系移民やその子孫が非常に多い北アメリカではピエルクの複数形の「ピエロギ」として知られるようになり、北アメリカではピエロギが英語風に訛った「ピーロギー」という呼ばれ方をすることが一般的である。しかも「ピーロギー」はもともと「ピエルク(Pieróg)」の複数形「ピエロギ(Pierogi)」が訛ったものであるにもかかわらず、英語では「ピーロギー(Pierogi、ないしPerogiやPirogiと表記)」が単数形として認識され、この複数形として「ピーロギーズ(Pierogies)」が存在し使われている。オックスフォード英英辞典にも「Pierogi/Pierogies」が正式な英単語として載っているほど一般化している。基本的には水餃子と同様に茹でるが、そのほかにフライパンで焼いたり油で揚げたりといったさまざまな加熱法を使う。なお北米の都市の中には中華式の餃子がDumpling(本来の意味は茹団子)またはPot stickerと称されスーパー等で販売されているケースも見られる(カナダ・バンクーバーで在カナダ華僑が製造販売する餃子の袋売りパッケージなど)。ポーランド語やスロバキア語ではスープに入れる小ぶりなものにはまた別の呼び名がある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たヤンニョム

    韓国の餃子、マンドゥは中国式餃子に近く、具には豚肉、ニラ、ダイコンに加え、キムチ、春雨などが使われる。中国同様、水餃子が主流であり、韓国ではマンドゥ・グク(;?はスープ料理の意)と呼ばれ、大衆食堂でも供されるほど一般的なメニューの一つとなっているほか、家庭料理においては中国同様に、マンドゥ・グクをつくった後で残った餃子をフライパンで焼く焼餃子も一般的に食される。いずれの場合も、醤油と酢をベースに、唐辛子粉やニンニクなどを加えたヤンニョムを付けて食す。参考までに、韓国においては日本で言うところの中華まん、すなわち中国で言うところの包類も同じくマンドゥと呼ばれる。これらはマンドゥ・グクと区別するために「蒸し饅頭」を意味するチン・マンドゥ()と呼ばれるのが一般的である。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見たオブジェ

    またJR宇都宮駅東口広場には、市がテレビ東京の、山田邦子司会の番組『おまかせ!山田商会』とタイアップしPR作戦を行った際、現代美術家の西松鉱二がデザインし、地元産出「大谷石」の業者によって無償で制作されたオブジェ『餃子像』が設置されていた。ビーナスが餃子の皮に包まれた姿を表現したユニークなもので、観光客の人気撮影スポットとなっている。東口駅前整備工事のため2008年10月6日午前、駅の西口バスターミナルへ仮移転させる作業中に不手際から転倒、脚と胴体部分が割れてしまった1。落下させた業者の負担で割れた石の間にボルトを通し、セラミックボンドで接着させるなどの修復作業を行うとともに表面全体を薄く削り、コケの生えた身体をシェイプアップさせた。修復された餃子像は同月中には西口バスターミナル前への移転設置が完了し、式典には山田邦子も姿を見せた。餃子 フレッシュアイペディアより)

198件中 81 - 90件表示

「ギョーザ」のニューストピックワード