202件中 11 - 20件表示
  • ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円

    ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円から見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    プロデューサーの中川通成によれば、開始当初のコンセプトは「『クイズ\$ミリオネア』の大喜利版」であったとのこと。例えば3rdステージまでクリアし賞金10万円の時点で止められるなら挑戦芸人は続けるか棄権するか、いずれを選択するのかを楽しむ番組にするつもりであった。しかし番組が始まってみると当初の予想に反して芸人たちは、プロ意識からか途中棄権せず最後まで挑戦する者ばかりであったため、コンセプトは徐々に変わっていったという。また、スタッフが最も頭を悩ませたのがクリアの基準であるという。様々な案が出されたがどれも二番煎じであったため、観客から無作為に選ばれた5人を審査員とするというスタイルが考え出された。観客には自分が審査員か気づかせないために5台のカメラで顔を無意識の内に抜くという工夫もされている。ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のテレビ (日本)

    2007年のテレビ (日本)から見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    長年続いたクイズ\$ミリオネアがレギュラー放送を終了。2000年から深夜に放送していたメントレGが8年目でのゴールデン枠進出となった。2007年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 27時間テレビ

    27時間テレビから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    タイトルは「プレゼンタイガー」(2001年6月放送)で2つの候補の中から決定したもの。もう1つの候補は「FNS1億2700万人のファイナルアンサー笑う27時間TV」だった。総合司会は据えず、コーナーごとに司会をバトンタッチした。また、番組全体の進行役としてフジテレビ女子アナウンサーの3人(西山喜久恵、木佐彩子、小島奈津子)を起用した。27時間テレビ フレッシュアイペディアより)

  • スラムドッグ$ミリオネア

    スラムドッグ$ミリオネアから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    インドの大都市ムンバイの中にある世界最大規模のスラム、ダーラーヴィー地区(Dharavi)で生まれ育った少年ジャマールは、テレビの人気クイズ番組『コウン・バネーガー・カロールパティ』("Kaun Banega Crorepati"、原題は『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』、日本版は『クイズ\$ミリオネア』)に出演する。スラムドッグ$ミリオネア フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ木曜夜7時枠

    フジテレビ木曜夜7時枠から見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    1988年4月より1時間体制となるも苦戦は続き、1990年代でヒット作は『クイズ!年の差なんて』ぐらいだった。しかし2000年代になって、みのもんた司会のクイズ番組『クイズ\$ミリオネア』がスタートするや否や大ヒット。この枠で最高記録となる7年間の放送となった。フジテレビ木曜夜7時枠 フレッシュアイペディアより)

  • クイズミリオネア

    クイズミリオネアから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    クイズミリオネア フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルアンサー

    ファイナルアンサーから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    ファイナルアンサー フレッシュアイペディアより)

  • クイズ・ミリオネア

    クイズ・ミリオネアから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    クイズ・ミリオネア フレッシュアイペディアより)

  • ドロップアウト

    ドロップアウトから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    フジテレビジョンのTV番組『クイズ\$ミリオネア』では、クイズ挑戦中に「ドロップアウト」を宣言すると、クイズを途中で止め、その問題までに獲得した賞金を持ち帰ることができるルールがある。ドロップアウト フレッシュアイペディアより)

  • スーパー$ミリオネア

    スーパー$ミリオネアから見たクイズ$ミリオネアクイズ$ミリオネア

    スーパー$ミリオネア フレッシュアイペディアより)

202件中 11 - 20件表示

「クイズ$ミリオネア」のニューストピックワード