前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
744件中 1 - 10件表示
  • 恒温動物

    恒温動物から見たクジラクジラ

    例えばトラではシベリアの亜種(アムールトラ)が最も体格が大きく、ジャワ島の亜種(ジャワトラ)で最も小さい。イエスズメでは、北米にヨーロッパから移入されてから150年程度でフロリダの集団とカナダの集団では亜種レベルの体格差が生じたことが知られている。同一個体中でも、ウミガメやマグロ類では熱帯や亜熱帯の浅海域で成長し、大型になるに従って高緯度地域や深海域に活動範囲を広げる。例えばオサガメの成体は亜寒帯域まで生息するが、産卵は主に熱帯域、幼体は亜熱帯域までしか認められていない。クジラ類では食料が少ないにもかかわらず温帯域や亜熱帯域まで移動して産仔を行う種が多い。亜寒帯以北で生活環を完了するネズミザメでは一腹産子数は4匹以下と少なく、体長80cm程度以上の大きな子供を産む。一方、比熱・熱伝導率が大きく放熱に有利な水中環境では大型化できる。クジラ類は海水に熱を逃がすことができるため例外的に巨大化しているが海水に浸かっていないと体温が上がりすぎて死に至るといわれる。また、大型のマグロ類を釣り上げたときは速やかに冷却しないと急速に体温が上昇するため肉が傷み(ヤケ)商品とならないことが知られている。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • 52ヘルツの鯨

    52ヘルツの鯨から見たクジラクジラ

    52ヘルツの鯨(52ヘルツのくじら, )は、正体不明の種のの個体である。その個体は非常に珍しい52ヘルツの周波数で鳴く。この鯨ともっとも似た回遊パターンをもつシロナガスクジラやナガスクジラと比べて、52ヘルツははるかに高い周波数である。この鯨はおそらくこの周波数で鳴く世界で唯一の個体であり、その鳴き声は1980年代からさまざまな場所で定期的に検出されてきた。「世界でもっとも孤独な鯨」とされる。52ヘルツの鯨 フレッシュアイペディアより)

  • マグロ

    マグロから見たクジラクジラ

    食性は肉食で、表層・中層性の魚類、甲殻類、頭足類などを捕食する。海洋の食物連鎖においてはクジラ、アザラシ、カジキ、サメなどと並ぶ高次の消費者である。それ故に相対的に個体数が少なく、また、生物濃縮によって汚染物質を蓄積しやすいため、様々な問題も起きている(後述)。マグロ フレッシュアイペディアより)

  • えびす

    えびすから見たクジラクジラ

    神格化された漁業の神としてのクジラのこと。古くは勇魚(いさな)ともいい、クジラを含む大きな魚全般をさした。本項で詳述。えびす フレッシュアイペディアより)

  • 南極海

    南極海から見たクジラクジラ

    人類史上初めて南極海を周航したのは、ジェームズ・クックである。彼は1772年から1775年にかけての第2回航海で英国軍艦レゾリューション号を指揮して南極海を周航し、1773年1月17日にはヨーロッパ人としてはじめて南極圏に突入し、南緯71度10分まで達したが、南極大陸を発見することはできなかった。しかし彼の航海によって、南方の未確定領域は大幅に狭められ、伝説の南方大陸(テラ・アウストラリス、メガラニカ)は存在しないことが明らかとなった。クック自身は、氷山の形状などから彼が探検した海域の南方には大陸があることを予想していたが、それは人類が居住できるようなものではないことも予測していた。また、クックはこの海域にクジラやアザラシが多く生息していることを報告し、そのため1790年代以降にはこの海域にはアザラシ漁師たちが出没するようになった。初期の南極海探検において、こうしたアザラシ漁師たちは重要な役割を果たした。1819年にはイギリスのウィリアム・スミスがサウス・シェトランド諸島を発見した。これは、南緯60度以南においては初の陸地の発見であった。南極海 フレッシュアイペディアより)

  • クジラの歌

    クジラの歌から見たクジラクジラ

    クジラの歌(くじらのうた)は、コミュニケーションを目的としてクジラが発する一連の音である。特定の種に属するクジラ(代表的には、ザトウクジラ)が発する、反復的でパターンが予測可能な音で、その発声が、鯨学者に人間の歌唱を想起させるものを指すために「歌」とよばれる。クジラの歌 フレッシュアイペディアより)

  • コマッコウ

    コマッコウから見たクジラクジラ

    コマッコウ(小抹香、Kogia breviceps)は、ハクジラ亜目コマッコウ科コマッコウ属に属する小型のクジラである。コマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • オガワコマッコウ

    オガワコマッコウから見たクジラクジラ

    オガワコマッコウ(小川小抹香、Kogia sima)はハクジラ亜目コマッコウ科コマッコウ属に属する小型のクジラである。オガワコマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • 回遊

    回遊から見たクジラクジラ

    1年のうちに外洋を数千km〜数万kmにわたって移動するクジラなどの回遊は、渡り鳥の渡りに相当するものでよく知られている。しかし広義の回遊ではスズキやヒラメのように沿岸の浅場と深場を往復する行動、またはウナギ、アユ、サケなどのように川と海を往復する行動も回遊に含む。このような広義の回遊をおこなう動物は多く、頻度や規模も多種多様である。回遊 フレッシュアイペディアより)

  • 北方真獣類

    北方真獣類から見たクジラクジラ

    北方真獣類は、互いに姉妹群であると考えられる2つの大クレード、すなわち、モグラ・クジラ・ウシ・ウマ・コウモリ・ネコなどの仲間を含むローラシア獣類と、ネズミ・ウサギ・サルなどの仲間を含む真主齧類(=超霊長類)とをまとめたクレードである。北方真獣類 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
744件中 1 - 10件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード