前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
597件中 1 - 10件表示
  • 恒温動物

    恒温動物から見たクジラクジラ

    同じ体型であれば、体表面積は体長の2乗に体重は体長の3乗に比例し、体が大きいほど体重あたりの体表面積は小さくなる。つまり体格が大きい方が冷却には不利、保温には有利となる。このため、恒温動物では近縁あるいは同種の間では寒い地域では体が大きく、暑い地域では体が小さいくなる傾向がある。これがベルクマンの法則である。例えばトラではシベリアの亜種が最も体格が大きく、ジャワの亜種で最も小さい。イエスズメでは、北米にヨーロッパから移入されてから150年程度でフロリダの集団とカナダの集団では亜種レベルの体格差が生じたことが知られている。同一個体中でも、ウミガメやマグロ類では熱帯や亜熱帯の浅海域で成長し、大型になるに従って高緯度地域や深海域に活動範囲を広げる。例えばオサガメの成体は亜寒帯域まで生息するが、産卵は主に熱帯域、幼体は亜熱帯域までしか認められていない。クジラ類では食料が少ないにもかかわらず温帯域や亜熱帯域まで移動して産仔を行う種が多い。亜寒帯以北で生活環を完了するネズミザメでは一腹産子数は4匹以下と少なく、体長80cm程度以上の大きな子供を産む。一方、比熱・熱伝導率が大きく放熱に有利な水中環境では大型化できる。クジラ類は海水に熱を逃がす事ができる為例外的に巨大化しているが海水に浸かっていないと体温が上がりすぎて死に至るといわれる。また、大型のマグロ類を釣り上げたときは速やかに冷却しないと急速に体温が上昇するため肉が傷み(ヤケ)商品とならないことが知られている。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • マグロ

    マグロから見たクジラクジラ

    食性は肉食で、表層・中層性の魚類、甲殻類、頭足類などを捕食する。海洋の食物連鎖においてはクジラ、アザラシ、カジキ、サメなどと並ぶ高次の消費者である。それ故に相対的に個体数が少なく、また、生物濃縮によって汚染物質を蓄積しやすいため、様々な問題も起きている(後述)。マグロ フレッシュアイペディアより)

  • クジラの歌

    クジラの歌から見たクジラクジラ

    クジラの歌(クジラのうた、英語:Whale song)は、コミュニケーションを目的としてクジラが発する一連の音である。特定の種に属するクジラ(代表的には、ザトウクジラ)が発する、反復的でパターンが予測可能な音で、その発声が、鯨学者に人間の歌唱を想起させるものを指すために「歌」とよばれる。クジラの歌 フレッシュアイペディアより)

  • ソナー

    ソナーから見たクジラクジラ

    ソナーの技術は民生用途でも魚群探知機として普及しており、年々、精度と解析技術が格段に進歩し小型化されている。魚群探知機としてのソナーはゴムボートに搭載できデジタルで解析するタイプまで存在する。このほか、クジラ向けのものは、鯨探機とも呼ばれる。ソナー フレッシュアイペディアより)

  • 鯨骨

    鯨骨から見たクジラクジラ

    鯨骨(げいこつ、くじらほね、くじらぼね、英語名:whalebone)は、クジラの骨(硬骨および軟骨)、歯を指す言葉である。また、鉱物に置換されて化石化したもの(骨格化石、英語名:fossil whalebone)も慣習的に「骨」としてこれを含む。なお、鯨ひげは皮膚が変化したものであり、厳密には歯ではないので鯨骨には含まれない。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • 北方真獣類

    北方真獣類から見たクジラクジラ

    北方真獣類は、互いに姉妹群であると考えられる2つの大クレード、すなわち、モグラ・クジラ・ウシ・ウマ・コウモリ・ネコなどの仲間を含むローラシア獣類と、ネズミ・ウサギ・サルなどの仲間を含む真主齧類(=超霊長類)とをまとめたクレードである。北方真獣類 フレッシュアイペディアより)

  • 回遊

    回遊から見たクジラクジラ

    1年のうちに外洋を数千km-数万kmにわたって移動するクジラなどの回遊は、渡り鳥の渡りに相当するものでよく知られている。しかし広義の回遊ではスズキやヒラメのように沿岸の浅場と深場を往復する行動、またはウナギ、アユ、サケなどのように川と海を往復する行動も回遊に含む。このような広義の回遊をおこなう動物は多く、頻度や規模も多種多様である。回遊 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨文化

    捕鯨文化から見たクジラクジラ

    仏教において鯨の供養に関連する表記は鯨鯢(けいげい)とするところが多く、「鯨」は雄鯨「鯢」は雌鯨の事である。また一部地域では、クジラとイルカを分けておりイルカは鯆と表記する。神社に鯨の墓や奉納された位牌があるが、記載の誤りではなく神仏習合の影響と考えられる。捕鯨文化 フレッシュアイペディアより)

  • えびす

    えびすから見たクジラクジラ

    神格化された漁業の神としてのクジラのこと。古くは勇魚(いさな)ともいい、クジラを含む大きな魚全般をさした。本項で詳述。えびす フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース (NGO)

    グリーンピース (NGO)から見たクジラクジラ

    同じ頃、ニュージーランド出身で、後に国際的な類学者となるポール・スポング (Paul Spong)が、バンクーバーのグリーンピースに接近し、クジラをめぐる問題について注意喚起を行った。このスポングの接近は、グリーンピースが捕鯨問題に進出するきっかけとなった。グリーンピース (NGO) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
597件中 1 - 10件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード