744件中 91 - 100件表示
  • 二足歩行

    二足歩行から見たクジラクジラ

    二足歩行は、三畳紀の原初的な恐竜類に始まる。大型化した恐竜類の中には四足歩行に戻った者もいるが、中生代を通じて獣脚亜目に属する肉食性の恐竜はいずれも二足歩行となり、鳥脚亜目のイグアノドンやハドロサウルス類も二足歩行である。ジュラ紀には既に鳥類も出現しており、恐竜絶滅後の新生代にはディアトリマ・フォルスラコスなどの走行性の大型肉食鳥類が出現し、二本足で地上を疾駆しながら獲物を捕らえる生活様式に適応した。新生代末にはディノルニスやエピオルニスのような植物食の大型種、その他クイナの仲間などの小型の走行鳥がいる。地上走行性の鳥類の二足歩行の理由については、進化の不可逆性で説明できる。すなわち、一度変化や退化で失われた器官は再び現われないという事で、クジラ類が水中生活に戻ったにもかかわらず鰓は再生せず、肺呼吸をしなければならない例がよく知られるが、鳥類の場合も、いったん翼に変わった前肢が、地上性に戻っても歩行に適した形に戻る事がなく、二足歩行に適応せざるを得なかったと考えられる。二足歩行 フレッシュアイペディアより)

  • 勢子

    勢子から見たクジラ

    日本の伝統的な捕鯨(古式捕鯨)にも勢子の役目をする「勢子船」(せこぶね)があり、鯨漁は船足の速い勢子船を用いてを音や声により網へと追い込んだり、銛を投げて仕留めた。勢子 フレッシュアイペディアより)

  • 側系統群

    側系統群から見たクジラクジラ

    実際に変更を受けた例もある。例えばシロアリは独自のシロアリ目を立てるのが標準的な扱いであった。この群はゴキブリとごく近縁なものと従来から考えられていたが、現在ではゴキブリ目の系統樹内に収まってしまうとの判断に基づき、ゴキブリ目内にシロアリ科として納められた。有髭動物(ハオリムシなど)は独立の門とされたが、現在では多毛類(ゴカイの仲間)の中の科に収まった。ウシやイノシシ、カバなどの2つに割れた蹄をもつ動物はウシ目として、クジラやイルカといった魚類体形の水生哺乳類はクジラ目として分類されていたが、現在はまとめて鯨偶蹄目とされている。側系統群 フレッシュアイペディアより)

  • ケルゲレン諸島

    ケルゲレン諸島から見たクジラクジラ

    島のアザラシは毛皮のために 18世紀ごろ、クジラなどの海獣類は 20世紀初頭までに捕獲し尽くされたが、保護の結果、動物の生息数は近年増加傾向にあり、海岸には新たに海鳥類(アホウドリ、ペンギン、ミズナギドリなど)ばかりでなく、アザラシやアシカ類の繁殖地が発生している。ケルゲレン諸島は領海も含めて自然保護区となっている。占有経済水域は、法定漁業海域となっている。ケルゲレン諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲牢

    蒲牢から見たクジラクジラ

    龍生九子の一、蒲牢は吼えることを好むという。蒲牢が吼えるのはに襲われている時とも、逆に襲っている時ともいわれ、または、蒲牢に襲われた鯨が吼えていて、それを蒲牢が好む、ともされる。故に梵鐘などの釣鐘の鈕(釣鐘上部の、吊るすために綱などを通す部分)の飾りとなり、鐘の音を大きく響かせるのを手伝っているという。この鈕の事を日本では『竜頭』(りゅうず)と言う。腕時計の竜頭はこれに由来するとされる。鐘繋がりで時計の装飾に蒲牢が施されていたのが、腕時計のゼンマイ巻きの装飾になり、簡素化されて龍の装飾は無くなったが言葉だけが残った、とされる。なお、日本の梵鐘は中国の様式を倣ったものが大半で、朝鮮鐘を倣ったものはごく例外的なものとされている。竜頭も蒲牢そのものである。蒲牢 フレッシュアイペディアより)

  • ノース人によるアメリカ大陸の植民地化

    ノース人によるアメリカ大陸の植民地化から見たクジラ

    開拓の最盛期には東と西の2つの開拓地があり、人口は3,000人から5,000人、少なくとも400の農園が考古学者によって同定されている。ノース人のたてたグリーンランドには、ガーダーに司教館があり、セイウチの牙、毛皮、ロープ、羊、あるいはアザラシの脂身、ホッキョクグマのような生きた動物、牛皮革などを輸出した。1261年、住民はノルウェー国王の支配を受け容れたが、独自の法を持ち続けた。1380年、ノルウェー王国はデンマーク王国と私的な合併を締結した(デンマーク・ノルウェー連合王国)。ノース人によるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • スコットランド博物館

    スコットランド博物館から見たクジラクジラ

    File:Sculpture in National Museum of Scotland by Andy Goldsworthy.jpg|アンディー・ゴールズワージー作 クジラの骨でできた彫刻スコットランド博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ヤッキ・ドッグ

    ヤッキ・ドッグから見たクジラクジラ

    ヤッキ・ドッグ()は、シェットランド諸島でみられた犬種である。一説によると、シェットランド・シープドッグの祖先の一つと指摘される。グリーンランドのクジラ猟師が、シェトランド諸島にもたらしたと言われ、ヤッキとはグリーンランドの人々をさすYakという語に由来するという。また別の説によれば、アイスランドから持ち込まれたという。ヤッキ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • カワイハエ

    カワイハエから見たクジラ

    街のすぐ南にカメハメハ大王に関連したプウコホラ・ヘイアウ国立歴史サイトがある。 ここから北へ向かう州道270号線の海岸には冬季(12月?3月)にはが沖合いに集まるので、遠くに潮吹きをしばしば見ることができる。カワイハエ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイコツナメクジウオ

    ゲイコツナメクジウオから見たクジラクジラ

    深海に沈んだクジラの死骸を中心とする生物群集を鯨骨生物群集と呼び、ホネクイハナムシなど特有の生物が多く見つかっている。本種もその一員である。ナメクジウオ類は浅く、水がきれいな砂底の海に生息するのが普通であり、本種だけが深海の、腐ったクジラの死骸周辺の酸素が乏しく、硫化水素の多い堆積物に棲んでいる。このような生息環境にどのように適応し、生活しているのかは不明だが、同じ群集に見られる他種と同じく、鯨骨周辺で得られる脂肪や硫黄を豊富に含む物質を利用しているものと推測されている。形態的には同属のオナガナメクジウオと似ていることから、同様に濾過食者である可能性が高い。ゲイコツナメクジウオ フレッシュアイペディアより)

744件中 91 - 100件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード