744件中 11 - 20件表示
  • 深海のYrr

    深海のYrrから見たクジラクジラ

    ノルウェー海で発見された無数のゴカイが、海底でメタンハイドレートの層を掘り続けていることが海洋生物学者のヨハンソンより判明した。カナダ西岸ではクジラ等の群れが船を襲い、クジラの研究者のアナワクが調査を始めた。同じころ、世界各地でも猛毒のクラゲやバクテリア(フィエステリア)が潜むロブスターが猛威をふるった。深海のYrr フレッシュアイペディアより)

  • 太地いさな組合

    太地いさな組合から見たクジラクジラ

    太地いさな組合(たいじいさなくみあい)とは、和歌山県太地町の太地町漁業協同組合に所属する分野別の組合。小型鯨類の追い込み漁をすることで知られる、追い込み漁業共同体。一部に勇魚組合とも報道。「いさな」(勇魚)とは奈良時代から続くクジラの古い呼び名。近年は過激な反捕鯨団体シーシェパードの連日の妨害に耐えながら漁業を行う。太地いさな組合 フレッシュアイペディアより)

  • スポンジ・ボブのキャラクター

    スポンジ・ボブのキャラクターから見たクジラクジラ

    苦手なものとしては、微生物らしく、クジラ。このため、パールを見ただけで恐怖に怯える。スポンジ・ボブのキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨文化

    捕鯨文化から見たクジラクジラ

    仏教において鯨の供養に関連する表記は鯨鯢(けいげい)とするところが多く、「鯨」は雄鯨「鯢」は雌鯨の事である。また一部地域では、クジラとイルカを分けておりイルカは鯆と表記する。神社に鯨の墓や奉納された位牌があるが、記載の誤りではなく神仏習合の影響と考えられる。捕鯨文化 フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見たクジラクジラ

    ロバやウマの乳は含有脂肪分が低く、逆に鰭脚類やクジラの乳は高脂肪で含有率は50%を越える。 フレッシュアイペディアより)

  • レヴィアタン

    レヴィアタンから見たクジラクジラ

    その姿は、伝統的には巨大な魚やクジラやワニなどの水陸両生の爬虫類で描かれるが、後世には海蛇や(それに近い形での)竜などといった形でも描かれている。レヴィアタン フレッシュアイペディアより)

  • 土佐くろしお鉄道9640形気動車

    土佐くろしお鉄道9640形気動車から見たクジラクジラ

    日本国有鉄道経営再建促進特別措置法により建設が凍結されていた阿佐線のうち、後免駅 - 奈半利駅間が土佐くろしお鉄道阿佐線(ごめん・なはり線)として2002年(平成14年)7月に開業することに先立ち、製造された気動車である。形式名「9640」は「くろしお」にちなんだものである。同年3月に特別仕様車2両(9640-1S、2S)、一般車8両(9640-3 - 10)が製造され、予備車確保のため2005年(平成17年)に1両(9640-11)が追加されている。第三セクター鉄道では製造者が準備した標準仕様に近いものを採用する事例が多かったが、9640形は車体寸法、材質などが製造者の標準仕様と異なり、2002年(平成14年)製造の10両は5両ずつ富士重工業と新潟鐵工所に発注されている。路線バス、乗用車などの既存交通機関との対抗上四国旅客鉄道(JR四国)高知駅への乗り入れは必須と判断され、JR四国1000形と連結運転可能な性能をもっている。全車エンジンなどの走行装置は共通で、小松製作所製SA6D140-H-1ディーゼルエンジンを331 kW(450 PS)に設定して採用した。全車21 m級のステンレス製車体、正面貫通式、両運転台、トイレありだが、特別仕様車2両(1S、2S)はをイメージした流線型の先頭部をもち、海側をオープンデッキ式の通路とした構造で、座席は転換クロスシート、一般車(3 - 10)は通常の平妻の車体で車内は後免寄りがロングシート、奈半利寄りが転換クロスシート、2005年(平成17年)製の1両(11)はお座敷車として使用可能で、平妻車体、車内はロングシートとなっている。開業時から高知駅乗入、JR四国1000形との併結運転が行われているほか、土讃線土佐山田駅まで乗り入れる運用にも使用されている。特別仕様車のうち1両(9640-2S)とお座敷対応の1両(9640-11)は日本宝くじ協会の助成を受けた宝くじ号 で、9640-11には「手のひらを太陽に号」の愛称がつけられている。土佐くろしお鉄道9640形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見たクジラクジラ

    海産物は他の動物の肉ほど高級な扱いではなく、単に斎の日の肉の代替品とみられることもよくあったが、海岸地帯の住民にとっては重要な食物であった。中世人にとって「魚」とは陸生動物ではないものの総称であった。ここには海洋の哺乳類であるクジラ・イルカや、うろこ状の尾をもち潜水時間が長いビーバー、渡りの経路や繁殖地がわからないカオジロガンなどが含まれ、獣肉を避けるべき斎の日にも適切な食材とみなされた。きわめて重要だったのは大西洋やバルト海のニシン・タラ漁とその交易だった。ニシンは北ヨーロッパのほぼ全域で経済に比類ない意味をもっており、北ドイツの強力な交易ギルドであるハンザ同盟が取り扱う交易商品としても主要な位置を占めていた。北海産のニシンの燻製は遠くコンスタンティノープルの市場にも出回った。魚は新鮮なまま食されたほか、塩漬けや乾燥させることが多く、燻製はこれについで多かった。タラを二枚におろして竿に固定し乾燥させた干物は、木槌で叩いてから水に浸すなど下ごしらえに時間がかかった。カキ・ムラサキイガイ・ホタテガイなど各種の軟体動物は海岸や川沿いの住民に食された。中央ヨーロッパなど内陸地方の住民にとって魚は肉よりはるかに高価で、なかなか手が出るものではなかった。カワカマス・コイ・ブリーム・パーチ類・ヤツメウナギ・マスのような淡水魚はよく食された。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • すすめ!オクトノーツ

    すすめ!オクトノーツから見たクジラクジラ

    6種のガップの中で最も強力かつ最大(同上)。クジラのような外見で、重機(クレーン)を装備している。すすめ!オクトノーツ フレッシュアイペディアより)

  • 魚肉

    魚肉から見たクジラクジラ

    海洋哺乳類(トド・イルカ・クジラなど)も食用に供されることがある。魚肉 フレッシュアイペディアより)

744件中 11 - 20件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード