597件中 11 - 20件表示
  • 中世料理

    中世料理から見たクジラクジラ

    海産物は他の動物の肉ほど高級な扱いではなく、単に斎の日の肉の代替品とみられることもよくあったが、海岸地帯の住民にとっては重要な食物であった。中世人にとって「魚」とは陸生動物ではないものの総称であった。ここには海洋の哺乳類であるクジラ・イルカや、うろこ状の尾をもち潜水時間が長いビーバー、渡りの経路や繁殖地がわからないカオジロガンなどが含まれ、獣肉を避けるべき斎の日にも適切な食材とみなされた。きわめて重要だったのは大西洋やバルト海のニシン・タラ漁とその交易だった。ニシンは北ヨーロッパのほぼ全域で経済に比類ない意味をもっており、北ドイツの強力な交易ギルドであるハンザ同盟が取り扱う交易商品としても主要な位置を占めていた。北海産のニシンの燻製は遠くコンスタンティノープルの市場にも出回った。魚は新鮮なまま食されたほか、塩漬けや乾燥させることが多く、燻製はこれについで多かった。タラを二枚におろして竿に固定し乾燥させた干物は、木槌で叩いてから水に浸すなど下ごしらえに時間がかかった。カキ・ムラサキイガイ・ホタテガイなど各種の軟体動物は海岸や川沿いの住民に食された。中央ヨーロッパなど内陸地方の住民にとって魚は肉よりはるかに高価で、なかなか手が出るものではなかった。カワカマス・コイ・ブリーム・パーチ・ヤツメウナギ・マスのような淡水魚はよく食された。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • エターナルアルカディア

    エターナルアルカディアから見たクジラクジラ

    船乗り達の間で恐れられている巨「モービス」を愛船「リトルジャック号」で追い続けている老人。通称「モービス追いのドラクマ」。エターナルアルカディア フレッシュアイペディアより)

  • コマッコウ

    コマッコウから見たクジラクジラ

    コマッコウ(小抹香、Kogia breviceps)は、ハクジラ亜目コマッコウ科コマッコウ属に属する小型のクジラである。コマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • オガワコマッコウ

    オガワコマッコウから見たクジラクジラ

    オガワコマッコウ(小川小抹香、Kogia sima)はハクジラ亜目コマッコウ科コマッコウ属に属する小型のクジラである。オガワコマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • レヴィアタン

    レヴィアタンから見たクジラクジラ

    その姿は、伝統的には巨大な魚(クジラ)やワニなどの水陸両生の爬虫類で描かれるが、後世には海蛇や(それに近い形での)竜などといった形でも描かれている。レヴィアタン フレッシュアイペディアより)

  • 肉食

    肉食から見たクジラクジラ

    ヒトは雑食性の生き物であり、昆虫からクジラに至るまであらゆる動物を食べてきた。その適応能力の高さから、一部の有毒な種を除いて、ほとんど動物全てを対象にしていると言っても過言ではない。高度な文明を築いた現代では野生動物の狩猟・採取にとどまらず、畜産や養殖によって効率よく食肉を生産し、獲得している。その反面、所属する文明の価値観により食べる肉をより好みするようにもなった。特に宗教では戒律を設けて食せる肉の種類に制約を加える場合がよく見られる。肉食 フレッシュアイペディアより)

  • 川井秀幸

    川井秀幸から見たクジラ

    1955年、宝塚歌劇団に入団、白井鐵造に師事する。1959年にはカナダ・アメリカ公演の、1965年にはフランス公演の舞台監督を務める。英語が堪能で「オクラホマ!」や「回転木馬」・「ミー・アンド・マイガール」・「キス・ミー・ケイト」などブロードウェイミュージカルの企画・交渉・翻訳・通訳などに携わる一方、郷土芸能研究会において「」「ユンタ」などの日本の伝統文化を題材にした作品の脚本、演出も手掛ける。川井秀幸 フレッシュアイペディアより)

  • 深海のYrr

    深海のYrrから見たクジラクジラ

    ノルウェー海で発見された無数のゴカイが、海底でメタンハイドレートの層を掘り続けていることが海洋生物学者のヨハンソンより判明した。カナダ西岸ではクジラ等の群れが船を襲い、クジラの研究者のアナワクが調査を始めた。同じころ、世界各地でも猛毒のクラゲやバクテリア(フィエステリア)が潜むロブスターが猛威をふるった。深海のYrr フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーヴ

    ザ・コーヴから見たクジラクジラ

    イルカはツチクジラなどとともに小型鯨類に分類されるクジラであり鯨肉の表記に間違いはない。本編では日本で買い集めた大型鯨と表示された肉をDNA鑑定した結果イルカ肉であったことを問題としているが、イルカ肉がクジラ肉と偽って販売される実態など多くの日本人が知らない真実を伝えると称する本作をうけて水産庁と太地町は「調査ではそのような事実はない」と説明している。ザ・コーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 哺乳類

    哺乳類から見たクジラクジラ

    体毛:体表を覆う体毛を持つ動物のうち、皮膚の角質層に由来するものを持つのは哺乳類のみである。さらにこれが発達して厚くなると、角や爪、またはヤマアラシ・センザンコウのトゲやウロコとなる。体毛は体温の発散を防ぐ他に、保護色や触覚の役割を持ったり、ディスプレイにも使われたりする。クジラ類では、ハクジラ類が、胎児期にのみ、頭部の一部にわずかな毛をもつ。爬虫類は体毛をもたず、鳥類では羽毛が体表を覆う。哺乳類 フレッシュアイペディアより)

597件中 11 - 20件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード