744件中 21 - 30件表示
  • イルカ

    イルカから見たクジラクジラ

    生物分類上はイルカとクジラに差はない。むしろ、ハクジラとヒゲクジラの差の方が生態的にも形態的にも違いが顕著である。しかし世界的にも日常語レベルでは両者は別のカテゴリーとして認識され、別の名で呼ばれることが多い。イルカ フレッシュアイペディアより)

  • シャチ

    シャチから見たクジラクジラ

    各タイプのメインの獲物だけでなく、小さいものでは魚・イカ・海鳥・ペンギン、比較的大きなものではオタリア・アザラシ・イルカ・ホッキョクグマ、時にはクジラやサメなど、捕食する動物は多岐に渡るとされる。クジラ類では、比較的小さいコククジラやミンククジラの幼獣をよく狙い、まれにザトウクジラも狙う。クジラ類はシャチよりも体が大きく、幼獣に大抵母クジラが側にいて、幼獣を守ろうとするため、シャチにとっても手強い獲物となる。一部を別種とする学説すらあることからわかるように、1頭のシャチがさまざまな種類の動物を捕食するというより、個体ごとにさまざまな好みを持った生物であると理解した方が現実に近い。個体ごとに見れば、どちらかといえば偏食な動物である。シャチ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の獣肉食の歴史

    日本の獣肉食の歴史から見たクジラクジラ

    縄文時代の貝塚や遺跡からは動物の骨も数多く発掘されている。その9割は鹿(ニホンジカ)、猪(ニホンイノシシ)の肉で、その他にクマ、キツネ、サル、ウサギ、タヌキ、ムササビ、カモシカ、クジラなど60種以上の哺乳動物が食べられていたものと見られる。その調理法は焼く、あぶる、煮るなどであり、焼けた動物の骨も見つかっている。また、動物の臓器を食べることで有機酸塩やミネラル、ビタミンなどを摂取していた。日本の獣肉食の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • バイキンメカ

    バイキンメカから見たクジラクジラ

    巨大なクジラ型の潜水艦メカ。バイキンメカの中でも巨体を誇る。積荷を船ごと飲み込んで奪ってしまう。オートパイロット機能を搭載する。くじらのクータンやイルカのベソたちに海上に押し出され、新しい顔に替えたアンパンマンに内部から攻撃されたところで、トリプルパンチで破壊された。バイキンメカ フレッシュアイペディアより)

  • エターナルアルカディア

    エターナルアルカディアから見たクジラクジラ

    船乗り達の間で恐れられている巨鯨「モービス」を愛船「リトルジャック号」で追い続けている老人。通称「モービス追いのドラクマ」。空賊ではないが、バルアからはお尋ね者として扱われている。エターナルアルカディア フレッシュアイペディアより)

  • 鯨骨

    鯨骨から見たクジラクジラ

    鯨骨(げいこつ、くじらほね、くじらぼね、英語名:whalebone)は、クジラの骨(硬骨および軟骨)、歯を指す言葉である。また、鉱物に置換されて化石化したもの(骨格化石、英語名:fossil whalebone)も慣習的に「骨」としてこれを含む。なお、鯨ひげは皮膚が変化したものであり、厳密には歯ではないので鯨骨には含まれない。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の学校給食

    日本の学校給食から見たクジラクジラ

    郷土理解を図る場合には、地場産業を子供達に知って貰う趣旨で地元の食材を使う事が多い。地域によってはこのとき、イセエビやアワビなどの高級食材が出る場合もある(例として下関の給食ではフグ雑炊やの竜田揚げなどが出ている)。また、交流都市などの郷土料理、豪華な料理など、通常のメニューとは大きく変わったものが出される場合がある。日本の学校給食 フレッシュアイペディアより)

  • 哺乳類

    哺乳類から見たクジラクジラ

    体毛:体表を覆う体毛を持つ動物のうち、皮膚の角質層に由来するものを持つのは哺乳類のみである。さらにこれが発達して厚くなると、角や爪、またはヤマアラシ・センザンコウのトゲやウロコとなる。体毛は体温の発散を防ぐ他に、保護色や触覚の役割を持ったり、ディスプレイにも使われたりする。クジラ類では、ハクジラ類が、胎児期にのみ、頭部の一部にわずかな毛をもつ。参考までに、爬虫類は体毛をもたず、鳥類では羽毛が体表を覆う。哺乳類 フレッシュアイペディアより)

  • ビスケー湾

    ビスケー湾から見たクジラクジラ

    ビスケー湾は地球上でもっとも多くのイルカ・クジラ類の種が生息する場所であり、クジラやイルカなど多くの海洋哺乳類の種を見ることができる。アカボウクジラなどのアカボウクジラ科が比較的頻繁に観察されている数少ない場所のひとつであり、ビスケー湾はアカボウクジラ科にとって世界最高の研究地域である。1995年頃からビスケー湾イルカ調査プログラムの研究者は、ポーツマスとビルバオの間を航行するP&Oフェリーのブリッジから定期的にイルカ・クジラ類の活動を観察・監視しているが、湾内で行われているトロール漁などがイルカ・クジラ類に被害を与えているとされる。ビスケー湾 フレッシュアイペディアより)

  • 感覚

    感覚から見たクジラクジラ

    聴覚: コウモリやクジラは、超音波(ヒトの耳には聞こえない高い周波数の音)を発し、反響定位を利用して、自分や獲物の位置を知ることができる。感覚 フレッシュアイペディアより)

744件中 21 - 30件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード