597件中 41 - 50件表示
  • 鯨生態観測衛星

    鯨生態観測衛星から見たクジラ

    鯨生態観測衛星(くじらせいたいかんそくえいせい、英:Whale Ecology Observation Satellite - WEOS)は千葉工業大学の小型衛星。の生態を地球規模で観測することが目的。愛称は観太くん。日本初の大学衛星だった。鯨生態観測衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦漬

    松浦漬から見たクジラ

    の上顎付近の軟骨であるかぶら骨を刻み、水にさらして脂を抜いたのちに酒粕に漬けた、唐津市呼子名産の珍味。有限会社松浦漬本舗で製造されており、同社サイトによると、平凡社の百科事典作成の際に日本珍味五種の一つとして挙げられたという。松浦漬 フレッシュアイペディアより)

  • 魚肉

    魚肉から見たクジラクジラ

    食用であるトド・イルカ・クジラなどは、海洋哺乳類であるため、通常は除外されるが、クジラの肉(鯨肉)は、魚肉に含まれる場合もある。魚肉 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲牢

    蒲牢から見たクジラクジラ

    龍生九子の一、蒲牢は吼えることを好むという。蒲牢が吼えるのはに襲われている時とも、逆に襲っている時ともいわれ、または、蒲牢に襲われた鯨が吼えていて、それを蒲牢が好む、ともされる。故に梵鐘などの釣鐘の鈕(釣鐘上部の、吊るすために綱などを通す部分)の飾りとなり、鐘の音を大きく響かせるのを手伝っているという。この鈕の事を日本では『竜頭』(りゅうとう)と言う。腕時計の竜頭は『りゅうとう』に由来するとされる。鐘繋がりで時計の装飾に蒲牢が施されていたのが、腕時計のゼンマイ巻きの装飾になり、簡素化されて龍の装飾は無くなったが言葉だけが残った、とされる。なお、日本の梵鐘は中国の様式を倣ったものが大半で、朝鮮鐘を倣ったものはごく例外的なものとされている。竜頭も蒲牢そのものである。蒲牢 フレッシュアイペディアより)

  • 上田盆地

    上田盆地から見たクジラクジラ

    別所層は、松本市田沢、同四賀、別所温泉、上田市真田、坂城町、千曲市戸倉、長野市松代、須坂市付近に分布し、フォッサマグナが激しい火山活動をしていた時期に形成された緑色凝灰岩が堆積した後の、火山活動と地殻変動の比較的穏やかだった時期に海底に堆積した頁岩、黒色泥岩、を主とする地層。約1,500万年前の地層で別所層を構成する層の一つの産山層からは、有孔虫、魚類、、植物、軟体動物(二枚貝)、などの化石が豊富に出土する。昔に出土したイルカは、ほぼ全身骨格の「シナノイルカ」の化石は長野県の天然記念物にも指定されている。松本市四賀ではクジラ、海獣のトドなどの化石も出土する。上田盆地 フレッシュアイペディアより)

  • いごっそう

    いごっそうから見たクジラクジラ

    由来は、土佐が四国山脈により長い間他の国との往来が隔絶されてきたことにより独善的な気質が形成されたとする説、面積の8割が山地で海岸線が長い上に台風や洪水の被害に遭いやすい要素が重なり、それら厳しい自然・天変地異に抗する生き方により頑固で一本気な気質が形成されたとする説、黒潮の荒波に出漁し、や鰹など自分より勇猛な相手に進んで挑む生活環境にあったため豪快な気質が形成されたとする説がある。いごっそう フレッシュアイペディアより)

  • クジラ学

    クジラ学から見たクジラクジラ

    クジラ学(クジラがく、Cetology)は、海棲哺乳類学の一分野であり、クジラ目に属するクジラ、イルカ、ネズミイルカ科の約80種の動物を対象とする。クジラ学 フレッシュアイペディアより)

  • 概念実証

    概念実証から見たクジラクジラ

    同様に、2003年の『ファインディング・ニモ』では、水の動きやイソギンチャクの触手の動きのアニメーション、クジラがゆっくり泳ぐ様子などの概念実証用の短篇フィルムが制作された。これにより、技術的に困難な作業が実現できることを示したり、新たなアイデアがうまく機能すること(あるいは機能しないこと)を示したのである。概念実証 フレッシュアイペディアより)

  • サポーター (紋章学)

    サポーター (紋章学)から見たクジラクジラ

    若干の紋章記述に例外があるが、動物のサポーターは自然界での常識が許す限り、ランパント、あるいはそれに近い姿勢で描かれることが通例となっており、特に紋章記述の中にそれらがランパントであることを記述する必要はない。ランパントでないクジラの例としてオランダのザーンスタットの紋章の例がある。なお、ランパントとは、四肢がある動物の場合、両上肢を上下に広げ、両下肢を前後に広げて下肢だけで立ち上がっている姿勢を言う。サポーター (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • ゲイコツナメクジウオ

    ゲイコツナメクジウオから見たクジラクジラ

    深海に沈んだクジラの死骸を中心とする生物群集を鯨骨生物群集と呼び、ホネクイハナムシなど特有の生物が多く見つかっている。本種もその一員である。ナメクジウオ類は浅く、水がきれいな砂底の海に生息するのが普通であり、本種だけが深海の、腐ったクジラの死骸周辺の酸素が乏しく、硫化水素の多い堆積物に棲んでいる。このような生息環境にどのように適応し、生活しているのかは不明だが、同じ群集に見られる他種と同じく、鯨骨周辺で得られる脂肪や硫黄を豊富に含む物質を利用しているものと推測されている。形態的には同属のオナガナメクジウオと似ていることから、同様に濾過食者である可能性が高い。ゲイコツナメクジウオ フレッシュアイペディアより)

597件中 41 - 50件表示