744件中 41 - 50件表示
  • アカボウモドキ

    アカボウモドキから見たクジラクジラ

    アカボウモドキ(赤坊擬、Mesoplodon mirus)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。アカボウモドキ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガシアメリカオウギハクジラ

    ヒガシアメリカオウギハクジラから見たクジラクジラ

    ヒガシアメリカオウギハクジラ(東亜米利加扇歯鯨、Mesoplodon europaeus)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。ヒガシアメリカオウギハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • タドゥサック

    タドゥサックから見たクジラクジラ

    ホエールウォッチングが盛んなこのタドゥサック湾で見られるやアザラシの種類。タドゥサック フレッシュアイペディアより)

  • ミナミオウギハクジラ

    ミナミオウギハクジラから見たクジラクジラ

    ミナミオウギハクジラ(南扇歯鯨、Mesoplodon grayi)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。オウギハクジラ類としては比較的良く知られている種である。群を成して行動することが多く、集団座礁(マスストランディング)の報告例もアカボウクジラ類としては比較的多い。他の多くのアカボウクジラ類とは異なり、ミナミオウギハクジラはオウギハクジラ類としては唯一、アカボウクジラ類としてはタスマニアクジラ属のタスマニアクジラを除けば唯一、多数の歯を有している。ミナミオウギハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • オウギハクジラ

    オウギハクジラから見たクジラクジラ

    オウギハクジラ(扇歯鯨、Mesoplodon stejnegeri)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。他のオウギハクジラ属のクジラと同じく不明な点が多く、生態などはあまり詳しくはわかっていない。オウギハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋海産哺乳動物委員会

    北大西洋海産哺乳動物委員会から見たクジラクジラ

    北大西洋海産哺乳動物委員会(きたたいせいよう・かいさんほにゅうどうぶつ・いいんかい、North Atlantic Marine Mammal Commission、NAMMCO)は、クジラを主とする海洋資源の管理を行うための国際機関である。アイスランド、ノルウェー、グリーンランド自治政府、フェロー自治政府の4カ国によって1992年7月9日に設立された機関で、海洋法に基づく海洋生物資源の保全と利用を目指すことを掲げている。北大西洋海産哺乳動物委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ヒモハクジラ

    ヒモハクジラから見たクジラクジラ

    ヒモハクジラ(紐歯鯨、Mesoplodon layardii)は、ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属するクジラである。オウギハクジラ類としては大型の種である。ヒモハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • カイアック島 (ハドソン湾)

    カイアック島 (ハドソン湾)から見たクジラクジラ

    カイアック島は、おおよそ北緯62度22分、西経92度47分付近に位置している。カナダの北極海方面には多数の島々が存在しているが、このカイアック島もそんな島々のうちの1つである。カイアック島は無人島だが、この島の南西約8kmの場所には、(Whale Cove、クジラの小さな入り江)と言う小さな集落が存在しているカイアック島 (ハドソン湾) フレッシュアイペディアより)

  • モートン島

    モートン島から見たクジラ

    1962年、の個体数の減少によりとられた保護政策により捕鯨基地は閉鎖モートン島 フレッシュアイペディアより)

  • イチョウハクジラ

    イチョウハクジラから見たクジラクジラ

    イチョウハクジラ(銀杏歯鯨、Mesoplodon ginkgodens)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属するクジラである。珍しいクジラであり、あまり良く知られていない。イチョウハクジラ フレッシュアイペディアより)

744件中 41 - 50件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード