597件中 51 - 60件表示
  • 現鯨類

    現鯨類から見たクジラクジラ

    現鯨類(Autoceta)は、現生するクジラ類とその形質を示す絶滅種とを包括する呼称であり、階級の無い分類区分名。新鯨類(Neoceti)ともいう。現鯨類 フレッシュアイペディアより)

  • シウダーコンスティトゥシオン

    シウダーコンスティトゥシオンから見たクジラ

    シウダーコンスティトゥシオン(Ciudad Constitución)はメキシコのバハ・カリフォルニア・スル州の町である。州都のラパスから210 km北に位置している。人口は約35,000人の小さな町であるが、の繁殖地として有名なマグダレナ湾の玄関口となる都市である。シウダーコンスティトゥシオン フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン州の歴史

    ワシントン州の歴史から見たクジラ

    この地域にヨーロッパ系アメリカ人が到着する前は、125の異なる先住民族と50の方言が存在したと推計されている。ピュージェット湾地域全体では海岸種族が地域の豊富な自然資源を利用し、主にサケ、オヒョウ、甲殻類およびで生計を立てていた。杉は重要な建築材料であり、これら種族が丸太小屋や大きなカヌーを造るために使われた。衣類も杉の樹皮から作られた。コロンビア川の種族は北西部でも歴史的に最も豊富にサケが釣れる場所であるワシントン滝を支配することによってワシントンでも最も富裕な種族になった。現在のオレゴン州ダレスから東のコロンビア川にあるこれらの滝は何百万というサケが産卵に訪れる川筋にあたった。より攻撃的な海岸種族の中に個人の富を増やす者が現れ、性別による労働分担、すなわち女性は交易者として顕著な役割を果たし、男性は戦争に参加して他の種族を捕虜に取ることを奨励した。プラトー(高原)種族と呼ばれる東部の種族は季節で変わる狩猟、漁労および採集で生活していた。プラトー・インディアンの中の種族の仕事は男性も女性も等しく食糧を確保する責任があることで男女分業が行われていた。ワシントン州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スコットランド博物館

    スコットランド博物館から見たクジラクジラ

    File:Sculpture in National Museum of Scotland by Andy Goldsworthy.jpg|アンディー・ゴールズワージー作 クジラの骨でできた彫刻スコットランド博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 個体識別

    個体識別から見たクジラクジラ

    捕まえるのが難しい場合や、印をつけるのが困難な場合、特に大型哺乳類では、よく観察して、目立つ傷や模様の差などを記録し、個体識別のための印とする。クジラの場合、体表面のまだら模様などが使われる例がある。個体識別 フレッシュアイペディアより)

  • アスピドケロン

    アスピドケロンから見たクジラクジラ

    アスピドケロン(英語 : Aspidochelon)、アスピドケローネ(ギリシア語 : Ασπιδοχελώνη, ラテン語 : Aspidochelone)は、北欧に伝わるクジラに似た海の怪物である。ギリシア語で「蛇亀」(ασπίς「ヘビ」+ χελώνια「カメ」)を意味する。別名、ファスティトカロン(Fastitocalon, 「大洋の流れに浮かぶもの」)。アスピドケロン フレッシュアイペディアより)

  • 漁具

    漁具から見たクジラクジラ

    水中を移動する魚類・クジラなどを徒行あるいは船上から直接刺突する道具(突具・鈎具)。簎(ヤス・矠とも表記)・鉤(カギ)・銛(モリ)などがある。漁具 フレッシュアイペディアより)

  • フリカムイ

    フリカムイから見たクジラクジラ

    片翼だけで約七里(約30km)はある巨鳥で、十勝川の上流にある洞窟や、網走の海岸にある洞窟に棲んでいたとされる。食事の際には海へ出て、鮭やを捕えて食べていたという。フリカムイ フレッシュアイペディアより)

  • 鵝鑾鼻

    鵝鑾鼻から見たクジラクジラ

    日本統治下に鵝鑾鼻灯台の隣にあった神社で、第二次世界大戦の空襲により鵝鑾鼻灯台と共に破壊消失した。大国魂命、大己貴命、少彦名命、能久親王、大物主命、崇徳天皇を祭神としていた。日本には通称、鯨神社と呼ばれる神社は多数存在するが、鯨骨の鳥居を持つ神社は世界でも5ヶ所(現存しないものを含む)しかなく、鵝鑾鼻神社は日本統治下において、鵝鑾鼻にある香蕉湾が捕鯨基地であったことの縁から、鳥居がの顎の骨で作られた鯨神社の一つである。その他の鯨骨の鳥居を持つ神社については鯨骨及び捕鯨文化を参照。鵝鑾鼻 フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・コルベール

    グレゴリー・コルベールから見たクジラクジラ

    グレゴリー・コルベールは、1992年、スイスのエリゼ美術館で初の個展Timewavesを開催し、世界的に高い評価を得た。しかし、その後の10年間、映像やその他の作品をいっさい発表せず、インド、ミャンマー、スリランカ、エジプト、ドミニカ、エチオピア、ケニア、トンガ、ナミビア、南極大陸などを訪れ、人間と動物との交流を映像と写真に収めていった。1992年以来、60回以上の探検旅行を重ね、コラボレーションを実現させた動物は130種以上に上っている。作品に登場する動物は、ゾウ、クジラ、マナティ、コシグロトキ、オオヅル、イヌワシ、シロハヤブサ、ツノサイチョウ、チーター、ヒョウ、アフリカン・ワイルド・ドッグ、カラカル、ヒヒ、オオカモシカ、ミーアキャット、テナガザル、オランウータン、イリエワニなど。また、人間の被写体には、ミャンマーの僧侶、トランス・ダンサー、サン族の人々、そのほか世界各地の土着の民族などが含まれている。グレゴリー・コルベール フレッシュアイペディアより)

597件中 51 - 60件表示