744件中 51 - 60件表示
  • コブハクジラ

    コブハクジラから見たクジラクジラ

    コブハクジラ(瘤歯鯨、Mesoplodon densirostris)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属するクジラである。種小名の densirostris は高密度な口吻(dense beak。詳細は後述)を意味するラテン語である。コブハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • マカ族

    マカ族から見たクジラクジラ

    住民の多くは漁業で生計を立てているが、失業率は夏で約30%、冬は75%に達する。その他の収入は林業や農業で、特に林業は主にアメリカネズコ(ベイスギ、Great Western Red Cedar)である。マカ族はスギの木を使ってカヌーも作る。漁業は鮭漁などで、やアザラシも捕獲する。また、居留地の中心集落のニアベイは、週末でも人通りは少なく、海を臨むレストランは閉店し、更に薬物依存者が増え犯罪も問題化している。マカ族 フレッシュアイペディアより)

  • アカボウクジラ科

    アカボウクジラ科から見たクジラクジラ

    アカボウクジラ科(赤坊鯨科、Ziphiidae)は、クジラ目ハクジラ亜目に属する科の一つ。アカボウクジラ科に属するのは比較的小型のクジラが多く、現生群は約20の種から成る。アカボウクジラ科 フレッシュアイペディアより)

  • クジラ湾

    クジラ湾から見たクジラクジラ

    なお、湾の名称はアーネスト・シャクルトンが1908年にニムロッド号でここを探検し、多数のクジラを観察したことにちなむ。また、白瀬矗も海面を埋め尽くすシロナガスクジラの様子を記録している。クジラ湾 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサデカン

    ヘキサデカンから見たクジラクジラ

    かつてはセタン(cetane)と呼ばれていた。これは誘導体のセチルアルコールにちなむが、さらに遡るとセチルアルコールの原料であるクジラに由来する。ヘキサデカン フレッシュアイペディアより)

  • 哺乳類学

    哺乳類学から見たクジラクジラ

    哺乳類学は分類学に基づいて、猿を研究する霊長類学(サル学)、を研究するクジラ学、馬を研究するウマ学、犬を研究するイヌ学などに分かれる。哺乳類学 フレッシュアイペディアより)

  • シウダーコンスティトゥシオン

    シウダーコンスティトゥシオンから見たクジラ

    シウダーコンスティトゥシオン(Ciudad Constitución)はメキシコのバハ・カリフォルニア・スル州の町である。州都のラパスから210 km北に位置している。人口は約35,000人の小さな町であるが、の繁殖地として有名なマグダレナ湾の玄関口となる都市である。シウダーコンスティトゥシオン フレッシュアイペディアより)

  • バハモンドオウギハクジラ

    バハモンドオウギハクジラから見たクジラクジラ

    バハモンドオウギハクジラ(バハモンド扇歯鯨、Mesoplodon traversii)は、ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。バハモンドオウギハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • 田島政人

    田島政人から見たクジラクジラ

    1927年(昭和2年)、鹿児島県大口市に生まれる。1948年(昭和23年)に鹿児島青年師範学校を卒業し、県内で4年間ほど教員生活を送る。1953年(昭和28年)に法政大学文学部国文学科の三年次に編入学し、1955年(昭和30年)に同大学を卒業する。卒業後、青梅市・昭島市で小学校の教員として勤務する。1961年(昭和36年)に昭島市の多摩川の河原でクジラの骨格化石を発見し、その復元に携わる。また、1968年(昭和43年)に多摩川で食虫植物タヌキモの大群生を発見、その研究保護に取り組んだ。昭島市文化財保護審議会長、昭島市植物調査会長などを務めた。田島政人 フレッシュアイペディアより)

  • 音響測定艦

    音響測定艦から見たクジラクジラ

    音響測定艦は、パッシブソナーによる潜水艦の音紋採集が任務であるが、1990年代以降、アメリカ海軍に所属する音響測定艦が低周波高出力アクティブソナーを稼動させるたびにクジラやイルカが大量に座礁するという事件が多発しており、環境保護団体による非難が出ていた。これは、アクティブソナーの大音響が海棲哺乳類の感覚に打撃を与えているためだといわれている。そのために、アメリカ海軍においては、低周波高出力アクティブソナーの使用海域を制限している。音響測定艦 フレッシュアイペディアより)

744件中 51 - 60件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード