744件中 61 - 70件表示
  • 浅瀬

    浅瀬から見たクジラクジラ

    浅瀬(あさせ、)は、川や湖、海などといった水のある地形のうち、水深が極めて浅い部分のことである。日本で一般的に浅瀬と言うと、日本人の平均的な身長の成人の足が地面に付いた状態でも顔が水面より上にあるところを指す。また船にとって浅瀬と言うと船の大きさにもよるが、船の下部が水底に接触するかしないかの運航が難しいエリアを言う。船が浅瀬に進入すると、身動きが取れなくなる。船が浅瀬や、暗礁に乗り上げることを「座礁する」という。クジラやイルカも潮の流れで浅瀬に乗り上げる、または打ち上げられることがある。浅瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮の葉

    蓮の葉から見たクジラクジラ

    十二月十三日のすす払い---「すす払いの後、鯨汁を作って食べる習慣があるため」蓮の葉 フレッシュアイペディアより)

  • 生物海洋学

    生物海洋学から見たクジラクジラ

    生物海洋学の研究対象生物は植物プランクトン、動物プランクトンおよび従属栄養性細菌(バクテリア)が主であり、魚類やクジラ類、軟体動物といった大型動物を対象とした研究は少ない。これは海洋に存在する生物の個体数、種数、および物質循環への寄与のあらゆる面で微生物が海洋生物の主役であることを反映している。生物海洋学 フレッシュアイペディアより)

  • ケラマジカ

    ケラマジカから見たクジラクジラ

    日本国内で最南限に棲息する野生ジカであり、日本で唯一の亜熱帯性の有蹄動物でもある。亜熱帯島嶼型の生態を知る上でも、学術的な価値が高い。また、クジラ類を除けば、慶良間諸島に分布する唯一の大型哺乳類である。ケラマジカ フレッシュアイペディアより)

  • イクチオレステス

    イクチオレステスから見たクジラクジラ

    イクチオレステス(Ichthyolestes)は、約5,000万年前(新生代始新世初期)の水陸両域に生息していた、四つ足の哺乳動物。始原的クジラのグループであるパキケトゥス科に属する。イクチオレステス フレッシュアイペディアより)

  • パキケトゥス科

    パキケトゥス科から見たクジラクジラ

    パキケトゥス科(Pakicetidae、パキケタス科)は、約5,300万- 約5,000万年前(新生代始新世初期 )の水陸両域に生息していた、四つ足の哺乳動物 。既知で最古の原始的クジラ類とされるパキケトゥスと、その近縁種からなる。パキケトゥス科 フレッシュアイペディアより)

  • ガンダカシア

    ガンダカシアから見たクジラクジラ

    ガンダカシア(学名:)は、約4860万- 約4040万年前(新生代古第三紀始新世前期後半[ルテシアン])に生息していた、水陸両生の原始的クジラ類。化石はパキスタン北部パンジャーブ州のカーラ・チッタ丘陵 () にあるルテシアン期の堆積層から発見された。ガンダカシア フレッシュアイペディアより)

  • アンブロケトゥス科

    アンブロケトゥス科から見たクジラクジラ

    アンブロケトゥス科(Ambulocetidae)は、約5,000万- 約4,900万年前(新生代始新世初期)に生息していた、水陸両生の原始的クジラ類の一群。アンブロケトゥス科 フレッシュアイペディアより)

  • レミングトノケトゥス科

    レミングトノケトゥス科から見たクジラクジラ

    レミングトノケトゥス科(Remingtonocetidae)は、約4,900万- 約4,300万年前(新生代始新世初期)に生息していた、海生の原始的クジラ類の一グループ名。レミングトノケトゥス科 フレッシュアイペディアより)

  • レミングトノケトゥス

    レミングトノケトゥスから見たクジラクジラ

    レミングトノケトゥス(Remingtonocetus)は、約4,600万-約4,300万年前(新生代始新世前期)に生息していた、海生の原始的クジラ類。化石はインドとパキスタンで発見されている。レミングトノケトゥス フレッシュアイペディアより)

744件中 61 - 70件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード