597件中 61 - 70件表示
  • 浜口尚

    浜口尚から見たクジラクジラ

    『捕鯨の文化人類学 ?おいしいクジラを食べたい?』 (新風舎, 1994年)浜口尚 フレッシュアイペディアより)

  • Do J

    Do Jから見たクジラクジラ

    ヴァール(; ドイツ語で「」。「ワール」とも表記)という愛称でもよく知られている。Do J フレッシュアイペディアより)

  • 土佐湾

    土佐湾から見たクジラクジラ

    黒潮が近海を流れる土佐湾周辺では、古来捕鯨事業が盛んであったとされ、沿岸周辺を回遊するクジラやイルカを陸上から発見し捕獲してきた。近年ではその地理的条件を観光に活かすホエールウォッチングが執り行われている。湾の東西部である室戸市と黒潮町の沖合いを黒潮が流れ、また、大陸棚が広がる浅海である湾西部と、陸近くまで深い海溝が接近する湾東部の室戸岬では、主対象として観察できる種類に違いがある。 湾西部にはニタリクジラ(沖合いに生息する同種とは形態や行動に差があることから、同湾のクジラは「カツオクジラ」ではないかとも推測されている)が頻繁に現れ、その中には回遊をせずに土佐湾に定住する個体も存在する事が判明している。個体識別研究の結果、現在50頭余りの鯨が同湾に定住するとされている。対照的な海底地形をしている室戸沖では、深海部を好むマッコウクジラやコビレゴンドウが春先に、その他回遊性の種類も観察可能である。オキゴンドウやハナゴンドウ、ハセイルカやハンドウイルカは両海域においても良く観察される。尚、歴史的に土佐湾で多く捕獲されてきたのはセミクジラやコククジラ、ザトウクジラやシロナガスクジラなどの大型のヒゲクジラ類であった。土佐湾 フレッシュアイペディアより)

  • 博奕岬

    博奕岬から見たクジラクジラ

    その個性ある地名は、いずれも力自慢だった龍神(女神)とクジラの大王が、どちらが強いか知恵比べしようと、ここで囲碁で勝負した、との言い伝えによる(を参照)。博奕岬 フレッシュアイペディアより)

  • ハダカイワシ

    ハダカイワシから見たクジラクジラ

    イワシ類などと同様に、外洋の食物連鎖の中では比較的下位に位置し、プランクトンの持つ栄養をより高次の消費者へと渡す役割を果たす。資源量は非常に大きく、マグロ・カジキ・サメなどの大型魚類やイカ類、ペンギンなどの鳥類、クジラなど海棲哺乳類の重要な餌となっている。また、表層近くで作り出されたエネルギーを日周鉛直移動によって深海へと運ぶ役割も果たしていると言われる。ハダカイワシ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥浜貝塚

    鳥浜貝塚から見たクジラクジラ

    漁撈関係では、他にスズキ・マダイ・クロダイ・サメ・フグ・イルカ・シャチ・クジラの骨なども出土しており、淡水魚・海水魚・貝類・堅果・野菜など多様な食糧利用が明らかとなった。鳥浜貝塚 フレッシュアイペディアより)

  • 小松正之

    小松正之から見たクジラクジラ

    捕鯨条約、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)など国際条約関係に多く携わり、商業捕鯨再開を目指す日本、ひいては捕鯨賛成国全体の代表的存在。日本人の官僚としては珍しい国際会議でのタフネゴシエーターぶりは有名。とりわけ捕鯨問題に関しては、海洋漁業部遠洋漁業課の捕鯨班担当課長補佐、同課総括課長補佐、漁政部国際課漁業交渉官、漁政部参事官、増殖資源部漁場資源課長などと職権は次々と変わったが、人事権者からの指示により一貫して属人的に扱った。同問題はきわめて専門的領域であり、これに深く通暁していたことから、上司から与えられた事実上の職権を駆使し、捕獲頭数増、捕獲鯨種拡大などを起案し、これを国策として実現させた。や鮪などの国際資源、および鰯、鯖などの沿岸資源の評価、またダイオキシンや水銀の蓄積、東京湾の再生事業や有明海、八代海の対策なども担当していた。小松正之 フレッシュアイペディアより)

  • 食害

    食害から見たクジラクジラ

    イルカ、クジラ、アザラシ、トドなど - 日本では古くから海洋哺乳類による食害が問題視されており、駆除が行われてきた。特にトドの駆除にはかつては自衛隊までも投入されており、鯨が魚を食いつくすといった鯨食害論が水産庁によってマスコミなどで流布されている。ただし、トドは個体数の減少にも拘らず、被害が増加しており、これは元々の魚類の減少で魚網から横取りするようになった為であるという結果になっている。また、過去にイルカの食害で悩まされた壱岐も魚類の減少でイルカの出現が減少するという事態が起きている。また、ニホンカワウソやニホンアシカ絶滅の要因の一つは食害のための駆除であるとされる。イルカ追い込み漁、トドも参照。食害 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞浪市化石博物館

    瑞浪市化石博物館から見たクジラクジラ

    中新世を中心とした化石、約20万点(そのうち約15万点は、瑞浪市、土岐市で発掘されたもの)を所蔵する。化石は貝類、魚類、植物類の他、クジラ、デスモスチルス(ゾウ、ジュゴンの仲間とされる絶滅した大型哺乳類)など、1,000点に及ぶ。瑞浪市化石博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ギャレット

    ピーター・ギャレットから見たクジラクジラ

    同年10月、スペインのバルセロナで行われた世界自然保護会議において「鯨食害論には科学的証拠が不足している」とする動議に、日本を含めた捕鯨国も署名するはずであった。しかしオーストラリア代表として出席したギャレットが、もっと捕鯨国に対して厳しい文言にするよう強硬に主張した事で、最終的に捕鯨国が署名を拒否した。このためギャレットは捕鯨停止を狙った動議を台無しにしたと、その反捕鯨戦術の稚拙さをWWFに批判された。ピーター・ギャレット フレッシュアイペディアより)

597件中 61 - 70件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード