744件中 71 - 80件表示
  • クッチケトゥス

    クッチケトゥスから見たクジラクジラ

    クッチケトゥス(Kutchicetus)は、約4,600万年前(新生代始新世前期)に生息していた、海生の原始的クジラ類。クッチケトゥス フレッシュアイペディアより)

  • アットクキケトゥス

    アットクキケトゥスから見たクジラクジラ

    アットクキケトゥス(Attockicetus)は、約4,900万年前(新生代古第三紀始新世前期)に生息していた、海生の原始的クジラ類。アトッキケトゥス、アトッキケタスともいう。アットクキケトゥス フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパコウイカ

    ヨーロッパコウイカから見たクジラクジラ

    ヨーロッパコウイカは、アンコウやメカジキのような大型の魚やクジラに捕食されることが知られている。ヨーロッパコウイカ フレッシュアイペディアより)

  • ハーフムーン島

    ハーフムーン島から見たクジラクジラ

    ウェッデルアザラシとナンキョクオットセイは、毎年この島の海岸に姿を表す。ミナミゾウアザラシの出現も記録されている。海岸では、しばしばクジラも目撃されている。ハーフムーン島 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦漬

    松浦漬から見たクジラ

    の上顎付近の軟骨であるかぶら骨を刻み、水にさらして脂を抜いたのちに酒粕に漬けた、唐津市呼子名産の珍味。有限会社松浦漬本舗で製造されており、同社サイトによると、平凡社の百科事典作成の際に日本珍味五種の一つとして挙げられたという。松浦漬 フレッシュアイペディアより)

  • 鼻孔

    鼻孔から見たクジラクジラ

    一方で、海生哺乳類では一般的に嗅覚は退化する傾向があり、脳に臭葉が欠けているクジラ類では外鼻孔は噴気孔としての呼吸器官の役割しか持っていない。ヒゲクジラ類では他の哺乳類と同じくまだ一対の外鼻孔を持っているが、ハクジラ類では外鼻孔は単一の開口部となっている。哺乳類で、他に外鼻孔が1つとなっている例は知られていない。ハクジラ類でも一般的に鼻道は左右別のままであり開口部で合流しているが、片方の鼻道が機能を停止している例もある。マッコウクジラでは右の鼻道は脳油器官の中央を貫いているのに対し、左の鼻道は脳油器官の脇を通るようにして左右非対称に伸びており、外鼻孔も吻部の正中線上ではなく左側にずれて開口している。鼻孔 フレッシュアイペディアより)

  • 冥加

    冥加から見たクジラ

    本来、「冥加」とは冥利と同義語で、神仏からの加護の意味である。冥加の祈願あるいは冥加を受けたことに対する謝礼として寺院や神社に奉納された金銭や物資のことも「冥加」と称するようになった。後に領主権力も自己を領民の庇護者としての恩恵(国恩)を強調して、これを口実に年貢を納めない商工業者に対して農民の年貢に相当する冥加を求めるようになった。更に領主権力の許可が必要とされる鉱山労働やなどの捕獲など領主が支配する山野河海から何らかの利益を得た者にからも冥加を徴収するようになった。これは農民が領主が支配する田畑で労働行為(耕作)を行って年貢を納める代償として領主からの庇護を受けるという関係をその他の領民に拡大したものとも言える。冥加 フレッシュアイペディアより)

  • 中原師遠

    中原師遠から見たクジラクジラ

    日記は大部分が散逸しているが、大治2年(1127年)に肥前国から鯨珠(の体内から発見された玉)が朝廷に献上された経緯を記した『鯨珠記』が逸文として伝わっている。ほかに、年中行事書『師遠年中行事』や、見聞した事柄を記した『随見聞抄』などの著作がある。中原師遠 フレッシュアイペディアより)

  • 超人大陸

    超人大陸から見たクジラクジラ

    番組内コンテンツの「超人食クジラ」の「料理の凡人」において、クジラ料理を主体に紹介している。超人大陸 フレッシュアイペディアより)

  • マイルカ科

    マイルカ科から見たクジラクジラ

    いわゆる典型的なイルカ類はこのマイルカ科に属する。また、ゴンドウクジラやシャチなどの通俗的にはクジラとされるものも含まれる。マイルカ科 フレッシュアイペディアより)

744件中 71 - 80件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード