744件中 81 - 90件表示
  • 新・子連れ狼

    新・子連れ狼から見たクジラクジラ

    物語開始の24年前、松平から薩摩藩に密偵として潜入することを命じられ、牛久呑起の仲間達の協力のもと、習得していたおろしや語を駆使し、に飲み込まれたものの奇跡的に生き延びた「おろしや人」として薩摩藩に潜入した。町奉行調所笑左衛門広郷の家に保護され、後に調所の娘・志野と結婚し、婿養子として調所家を継ぎ、五代目調所笑左衛門として薩摩藩に仕えた。この頃、薩摩藩は、年利八十万両、総額五百万両に及ぶ莫大な借金に苦しんでいたが、林蔵は鯨を用いて藩財政を立て直すことを藩主・島津光久に進言し、これが成功したことで光久の信を得ることに成功し、薩摩藩の重役として大きな位置を占めるようになる。新・子連れ狼 フレッシュアイペディアより)

  • タスマニアクジラ

    タスマニアクジラから見たクジラクジラ

    タスマニアクジラ(タスマニア鯨、Tasmacetus shepherdi)はハクジラ亜目アカボウクジラ科タスマニアクジラ属の珍しいクジラである。タスマニアクジラ フレッシュアイペディアより)

  • カイコウラ

    カイコウラから見たクジラクジラ

    900年以上前に、ニュージーランドの先住民族マオリ族の部族が巨鳥モアを追いかけ現在のカイコウラへ入植する。1770年にジェームズ・クックがカイコウラ半島を発見して以降、ヨーロッパからの移民入植が開始される。1843年に最初の捕鯨基地が設立され捕鯨が開始される。1850年以降、の生息数が激減し、捕鯨から農業、酪農などへ産業移転する。1964年にニュージーランドの捕鯨活動は停止される。1978年に海洋哺乳類保護法が施行され、鯨、イルカ、オットセイなど海洋哺乳類の保護活動が開始される。1980年代後半にマオリ族出身者の失業問題や低迷する地域経済の立て直しをきっかけに環境保護と観光業を合わせもつエコツーリズム会社を設立。カイコウラの地理的な条件、環境を活用したホエールウオッチングが成功し、国内外から年間100万人を超える旅行者が鯨、イルカ、オットセイなどの海洋生物の見学ツアーに参加している。カイコウラ フレッシュアイペディアより)

  • カタクチイワシ

    カタクチイワシから見たクジラクジラ

    一方、敵はカモメやカツオドリなどの海鳥、サメやカツオなどの肉食魚、クジラやイルカなどの海生哺乳類、イカ、人間など非常に多岐にわたり、人類の利用のみならず食物連鎖の上でも重要な生物である。カタクチイワシは天敵から身を守るために密集隊形を作り、群れの構成員全てが同調して同じ向きに泳いで敵の攻撃をかわす。これは他の小魚にも共通する防衛策である。対する敵はイワシの群れに突進を繰り返して群れを散らし、はぐれた個体を襲う戦法を取る。カタクチイワシ フレッシュアイペディアより)

  • ドナルドの漂流記

    ドナルドの漂流記から見たクジラクジラ

    港を出てからついに28日が経過した。ヨットの上ではドナルドとグーフィーが食料の争奪戦を繰り広げていたが、ふと気がつくとヨットの周りはサメだらけ。怯えるドナルドに対しグーフィーは大喜びし、どこからともなく釣り竿を取り出した。グーフィーは釣り竿をぶんぶん振り回していると、釣り針がドナルドの服にひっかかりしかしグーフィーはそんなことには全く気付かず、そのままドナルドもろとも釣竿を海に放ってしまう。サメだらけの海に放り出されたドナルドはサメと必死に格闘。クジラが釣れたと喜ぶグーフィーがリールを巻き取りヨットの方を見やるも、あったのはドナルドの帽子だけ。ようやく自分が「釣った」釣り竿の先にいるドナルドに気付くが、まるで悪びれないグーフィーにドナルドは激昂し、グーフィーを振り払う。すると、ヨットの中に落ちたドナルドの口ばしがヨットの硬貨投入口に挟まり、ヨットが動き始めたのだ。水平線の向こうの陸へ向かうヨットの中で、口ばしが挟まったままじたばたするドナルドと、鼻歌を歌い始めるどこまでものん気なグーフィーだった。ドナルドの漂流記 フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・コルベール

    グレゴリー・コルベールから見たクジラクジラ

    グレゴリー・コルベールは、1992年、スイスのエリゼ美術館で初の個展Timewavesを開催し、世界的に高い評価を得た。しかし、その後の10年間、映像やその他の作品をいっさい発表せず、インド、ミャンマー、スリランカ、エジプト、ドミニカ、エチオピア、ケニア、トンガ、ナミビア、南極大陸などを訪れ、人間と動物との交流を映像と写真に収めていった。1992年以来、60回以上の探検旅行を重ね、コラボレーションを実現させた動物は130種以上に上っている。作品に登場する動物は、ゾウ、クジラ、マナティ、コシグロトキ、オオヅル、イヌワシ、シロハヤブサ、ツノサイチョウ、チーター、ヒョウ、アフリカン・ワイルド・ドッグ、カラカル、ヒヒ、オオカモシカ、ミーアキャット、テナガザル、オランウータン、イリエワニなど。また、人間の被写体には、ミャンマーの僧侶、トランス・ダンサー、サン族の人々、そのほか世界各地の土着の民族などが含まれている。グレゴリー・コルベール フレッシュアイペディアより)

  • ルーアン海洋博物館

    ルーアン海洋博物館から見たクジラクジラ

    クジラの骨格とクジラ狩りルーアン海洋博物館 フレッシュアイペディアより)

  • カリブモンクアザラシ

    カリブモンクアザラシから見たクジラクジラ

    カリブモンクアザラシは16世紀以降、脂肪から油を取るための乱獲(クジラや他のアザラシにも共通する)や、漁業関係者による駆除、観光開発による陸上での生息地の減少などにより数が大きく減少した。アザラシは陸上での動きは鈍く、棍棒で殴って回るという方法でも十分にアザラシ猟は成立したという。カリブモンクアザラシ フレッシュアイペディアより)

  • 生物学史

    生物学史から見たクジラクジラ

    一般に、諸研究に先駆しているという意味で、古代ギリシャのアリストテレスをもって生物学史の始めとする。「アリストテレスは実証的観察を創始した」「全時代を通じて最も観察力の鋭い博物学者の一人」などとされ、生物の分類法を提示するなどし、後世に至るまで多大なる影響を及ぼしたのである。アリストテレスの動物学上の著作として残っているものとしてはHistoria animalium『動物誌』、De generatione animalium『動物発生論』、De partibus animalium『動物部分論』、De anima『心について』(『霊魂論』とも)がある。『動物誌』では、500を越える種の動物(約120種の魚類や約60種の昆虫を含む)を扱っており、随所で優れた観察眼を発揮している。植物に関する研究も行い著作もあったとされるが、失われ現在では残っていないとされる。アリストテレスの生物に関する研究の中でも動物に関する研究は秀でており、特に動物学の祖とされる。分類、生殖、発生、その他の分野において先駆的な研究を行い、その生命論や発生論は17世紀や18世紀の学者にまで著しい影響を与えた。ただし、アリストテレスの生物学は、今日の視点から見れば哲学的とも言えることがらも含まれているが、彼の思想は生物学思想史に影響を与えているので重要である。たとえば生命の原理を考察したときに、彼が用いたプシュケーに関する概念である。(注. 「プシュケー」という語の最も根源的な意味は「呼吸」である。呼吸をするということは生きていることの最も明らかなる兆候なので、呼吸=プシュケという語が生命を意味するようになり、それが転じて心や霊魂を意味するようになったのはある意味当然のことである。)アリストテレスは、研究の途上では、生物の種類によって異なるプシュケーの段階があると見なすようになり、(1)植物的霊魂 (2)動物的霊魂 (3)理性的霊魂 を区別するようになった。もっとも、彼の知識が増えるにしたがい、プシュケーによる植物・動物・人間の区別をさほど絶対的なものとはしないようになり、動物もその程度に応じて人間と同じような理性を持っているとし、最後の見解としてはプシュケー(生命あるいは霊魂)の間には基本的な区別がない、とするものになったようである。この見解は現代の生物学者のある重要な一派の見解とまったく同じである。上記のように、精細に作られたアリストテレスの生物学理論はあるものの、彼の生物学上の著作は、必ずしもこうした"高級な"主題を含まず、現代人の生物学者が行っているような"普通の" 研究が数多くある。例えば、魚類の習性に関する優れた観察、タコの産卵と発生についての観察、あるいはクジラ、イルカについての研究やサメの発生についての研究も非常にすぐれている。生物学史 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (15世紀)

    西欧の服飾 (15世紀)から見たクジラ

    フランスでは、ボディスに骨を入れて腰を締めあげる現在のコルセットの直接の先祖にあたる胴衣が登場している。西欧の服飾 (15世紀) フレッシュアイペディアより)

744件中 81 - 90件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード