597件中 81 - 90件表示
  • 朝鮮半島を中国とみなす記述

    朝鮮半島を中国とみなす記述から見たクジラ

    全世界の大部分の教科書で韓国の歴史が中国とロシア、日本の植民地として紹介され、大部分の外国の子供たちは韓国の歴史は中国の植民地の歴史だと認識している。また、外国の教科書には、「韓国は中国と日本というの間に挟まれた海老」だと載っている。朝鮮半島を中国とみなす記述 フレッシュアイペディアより)

  • ラッコの保護活動

    ラッコの保護活動から見たクジラクジラ

    アラスカに生息するシャチの種の中には海洋哺乳類を好んで食べる種類がある。そのようなシャチは、アザラシ、アシカ、小型のクジラ、コククジラの子供などを食べる。ラッコは小型で毛が多いので、シャチにとってあまり魅力が無いエサだが、クジラに比べてシャチの頭数が多いことが、何千ものラッコがシャチに捕食されたことの証拠の一つに挙げられる。ラッコの保護活動 フレッシュアイペディアより)

  • フランク安田

    フランク安田から見たクジラ

    しかし、麻疹の流行で多くのイヌイットの村人が病死(フランク安田、ネビロ夫妻の1人娘キョウコも死んでいる)し、さらにの不漁で食料危機に苦しんだ。その時、フランク安田はブロワーの紹介でアラスカで砂金を掘りにバローにやって来た、鉱山師トーマス・カーターと出会った。そして、フランク安田はカーターと、そして妻ネビロの他、助手として、数人のエスキモーも含めた一行は状況を見に行くため、ポイント・バローから出発した。イヌイットが住む村々は麻疹の影響で壊滅的だった。旅の途中、ジョージ大島と言う日本人と出会うが、後にフランク安田の前から去っていった。アナクトブック村に着いたフランク安田一行は、フランク安田を幕ってノームからポイント・バローに来てアナクトブック村に着いたイヌイットの一団が来る。その中にエスキモーの妻を連れた日本人ジェームス・ミナノと出会う。そして、カーターと金鉱探しの手伝いもしながら、イヌイットの為の新たな土地探しの為、フランク安田と妻ネビロ、カーター、ジェームス・ミナノと妻クナーナ、2人のイヌイットのセニックとカタブックの7人はアナクトブック村からブルックス山脈を越え、南下し出発した。旅の途中で鉱山で栄えるワイズマンと言う町に辿り着いた。フランク安田達は町周辺の森にあったロッジに落ち着いた。しかし、ワイズマンの鉱山監督局の出張所に寄った時、役人から新しい金鉱はもうないと告げられた。さらに、旅の資金がいよいよ底を突き、解散しなければならない事をカーターに告げられると、フランク安田は資金調達の為、ワイズマンのレストランで、コックとしてミナノと共に働く。カーターはフランク安田を信頼し、2人のイヌイットのセニックとカタブックを連れ、再び金鉱探しの旅に出かけた。フランクとミナノがレストランで働いている最中、フランクとミナノの妻たち(ネビロとクナーナ)はロッジで留守番をしていたが、ネビロはそこで1人娘を産んだ。フランク安田は幼い頃死んだ、実の妹のサダの名を娘に名付けた。そして1905年、旅に必要な資金が出来、ミナノ夫妻はワイズマンにそのまま留まり、フランクはカーターにその資金を渡し、再び一緒に金鉱探しの旅に出かけた。ワイズマンから東に移動し、シャンダラー川に向かった。その場所はバローから南へ600キロ、ユーコン川沿いにあり、フランクは辿り着いた。フランク安田 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (15世紀)

    西欧の服飾 (15世紀)から見たクジラ

    フランスでは、ボディスに骨を入れて腰を締めあげる現在のコルセットの直接の先祖にあたる胴衣が登場している。西欧の服飾 (15世紀) フレッシュアイペディアより)

  • 岩重慶一

    岩重慶一から見たクジラクジラ

    イルカやクジラを通じて、子供たちに動物と共生することを教えたいと、1990年に高校の同級生とHAB21イルカ研究会を発足、「イルカの学校」の代表に就任。1993年から伊豆諸島御蔵島周辺の野生のイルカと交流する御蔵島、和歌山県の太地町での「イルカの学校」スタディツアーを行う。海外ではメコン川に生息するカワゴンドウの絶滅化を救援するための保護運動展開。メコン川イルカ保護教育基金の代表岩重慶一 フレッシュアイペディアより)

  • ゴンドウクジラ

    ゴンドウクジラから見たクジラクジラ

    ゴンドウクジラ(巨頭鯨)は、クジラ類ハクジラ亜目マイルカ科に含まれる小型のクジラの一群。ゴンドウクジラ フレッシュアイペディアより)

  • マカ族

    マカ族から見たクジラクジラ

    住民の多くは漁業で生計を立てているが、失業率は夏で約30%、冬は75%に達する。その他の収入は林業や農業で、特に林業は主にアメリカネズコ(ベイスギ、Great Western Red Cedar)である。マカ族はスギの木を使ってカヌーも作る。漁業は鮭漁などで、やアザラシも捕獲する。また、居留地の中心集落のニアベイは、週末でも人通りは少なく、海を臨むレストランは閉店し、更に薬物依存者が増え犯罪も問題化している。マカ族 フレッシュアイペディアより)

  • ムカデクジラ

    ムカデクジラから見たクジラクジラ

    ベルナール・ユーヴェルマンは、このような動物は甲殻に覆われたクジラだろうと論じ、ムカシクジラの化石には皮膚の骨化したウロコのようなものが見られることが知られている、と指摘している。しかし現代では、ムカシクジラのものとされていたウロコは別の種に由来するものであることが判明している。そのため、甲殻に覆われたクジラという生き物が存在していたという証拠はそもそも存在しない。ムカデクジラ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤大秀

    後藤大秀から見たクジラ

    からくり人形は頭・首・手・足・胴・胴串等から出来ており、頭・首・手・足には木曽檜、胴には桜、軸は樫、ピンは竹、滑車類はツゲといった木材を、バネにはのヒゲを使用する。昔と変わらぬ道具や材料を使用して、人形一体を制作するのに一年はかかる。後藤大秀 フレッシュアイペディアより)

  • クローバー (架空の怪獣)

    クローバー (架空の怪獣)から見たクジラクジラ

    公開前に、“2足歩行のクジラ型怪獣の画像”がクローバーのものとして出回ったが、これはデマである。クローバー (架空の怪獣) フレッシュアイペディアより)

597件中 81 - 90件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード