243件中 91 - 100件表示
  • クジラ

    クジラから見た根付

    江戸時代には鯨細工として根付を始め様々な工芸品を生み出し日本の伝統文化として受け継がれている。近代において、マッコウクジラの歯は、象牙などと同様に彫り物などの工芸品に加工されることがある。パイプや印材などに用いられた例がある。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た背びれ

    セミクジラ類やシロイルカなどわずかなものを除き、背びれを持つ。ヒゲクジラでは小さいが、ハクジラ類では大きく発達している。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た聴覚

    鼓膜・三半規管等はあるが耳殻がなく、耳の穴もふさがっている。聴覚は骨伝導により行なっている。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た京 (数)

    くじらは古来哺乳類ではなく「魚」と思われていたが、大きさが普通ではなかったことから、(兆の万倍の単位、10の16乗)のような計り知れない魚ということで「魚」と「京」をあわせて「鯨」となったという説がある。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た信仰

    日本では鯨は捕獲の対象であると同時に信仰の対象であった。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たぜんまいばね

    鯨の髭は適度な硬さと柔軟性、軽さを備えており、捕鯨の発達した地域では、プラスチックがなかった時代には工芸などの分野で盛んに用いられた。特にセミクジラのものが長大で柔軟なため珍重された。日本における鯨の髭の利用は釣竿の先端部分、ぜんまい、裃の肩衣を整形するための部品など多岐にわたるが、特に有名なのは呉服ざし(ここからいわゆる「鯨尺」という単位の名が生まれた)と文楽人形の頭を動かすための操作索である。西洋ではコルセットやドレスの腰を膨らませるための骨としても用いられた。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たトーテム

    オーストラリアの北海岸やその周辺の島々に住むアボリジニはバンドウイルカをトーテムとして神格化し、シャーマンと交信して豊漁をもたらすとされる。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た牡鹿町

    明治時代以降に近代捕鯨基地として使われた宮城県牡鹿町鮎川浜(現石巻市)などでは、鯨肥生産が地場産業として栄えていた。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た子宮

    普通一子が母体子宮内で成長し、出生後は一定期間母乳で保育される。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たマリンジャンボ

    マリンジャンボ - 全日本空輸がかつて運航した機体全体を鯨に見立てた特別塗装機。クジラ フレッシュアイペディアより)

243件中 91 - 100件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード