243件中 11 - 20件表示
  • クジラ

    クジラから見たペットフード

    食用習慣の無い多くの近代欧米諸国では、採油に向かない赤身の主要な用途であった。同様に飼料用にも用いられたことがある。特に毛皮用のミンクの飼料に多く用いられた。イギリスなどではペットフード用にも用いた。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たアボリジニ

    オーストラリアの北海岸やその周辺の島々に住むアボリジニはバンドウイルカをトーテムとして神格化し、シャーマンと交信して豊漁をもたらすとされる。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た太平洋戦争

    マッコウクジラ頭部のメロン体周囲の繊維束(千筋)は、テニスラケットのガットに用いられた。メロン体の皮膜は、太平洋戦争中には皮革原料に使用された。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た油かす (食品)

    鯨油の採取後の絞りかすや、食用外の肉などは、肥料用に使用されることがあった。日本では鯨肥と呼ばれた。肉・骨・皮などを煮て石臼などで粉砕したものであり、鰯肥などと同様の海産肥料として使われた。江戸時代から鯨油の絞り粕の再利用等として行われている。ただし鯨油の採取後の絞りかすは食用(油かす)にされることもあった。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たイワシ

    鯨は小魚やオキアミなどの餌を大量に食べ、同時に大量に排泄する糞は動物プランクトンや小魚の餌となり、植物プランクトンに必要な栄養塩となって光合成を促進する。植物プランクトンの増加は動物プランクトンやイワシなどの魚類に栄養豊富な餌を与えて生育を促す事は自明の理であるが、問題となっている二酸化炭素の大幅な増加が懸念される。中でもマッコウクジラは垂直方向へも栄養塩を運ぶ。すなわち、深海に住む生物を餌にすることで、一旦沈んだ栄養塩を海面まで引き上げている。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た宝くじ

    宝くじ - クジラの「クーちゃん」というキャラクターを使用している。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た

    鯨鐘(げいしょう) - 梵鐘のことで、別称として他に華鯨、巨鯨などがある。吊り金具の部分(龍頭)が龍を模しているのは、鯨を抑える事が出来るのは以外に無いという説がある。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たシーシェパード

    反捕鯨団体(グリーンピース / シーシェパードクジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たトラ

    虎伏 野辺 鯨の寄 浦(とらふす、のべ。くじらのよる、うら。) - や鯨が出没する様な原野や海がある様な所という言葉から、未開の地をさす。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たホルモン

    一部の部位は薬品類の原料にも用いる。肝臓からは肝油が採取される。脳下垂体や膵臓、甲状腺などからはホルモン剤が生産されていた。クジラ フレッシュアイペディアより)

243件中 11 - 20件表示

「クジラ漂着」のニューストピックワード