737件中 21 - 30件表示
  • エゾヒグマ

    エゾヒグマから見たクマクマ

    エゾヒグマ(学名:Ursus arctos yesoensis)は、ネコ目(食肉目)クマ科クマ亜科クマ属に分類されるヒグマの亜種で、北海道に生息するクマである。日本に生息する陸上動物としては最大の動物である。エゾヒグマ フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントパンダ

    ジャイアントパンダから見たクマ科クマ

    ジャイアントパンダ(Ailuropoda melanoleuca)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科ジャイアントパンダ属に分類される食肉類。中国大陸で進化し、アバ・チベット族チャン族自治州域内が主たる生息地である。現在では中華人民共和国のごく限られた地域(四川省・陝西省など)にわずかな頭数が残存する、竹食などの草食傾向が比較的高い雑食性の大型哺乳類。ネコ目(食肉目)- イヌ亜目- クマ下目 (en) 中のクマ科- ジャイアントパンダ亜科に分類される、ジャイアントパンダ属の、唯一現生する1種。四川と秦嶺の2亜種が知られる(後記「」を参照)。白と黒にはっきりと分かれた体毛が際立った特徴である。ジャイアントパンダ フレッシュアイペディアより)

  • 秘密結社鷹の爪

    秘密結社鷹の爪から見たクマ

    40歳。誕生日は6月6日。レオナルド・ダ・ヴィンチの子孫で、自称人間(本人曰く「俺は熊じゃねえ」)だが、外見や行動はことデフォルメされたかわいらしいで、いつも白衣を着ている。鷹の爪団のマッドサイエンティストであるが基本的には外部契約。べらんめえ口調で口が悪く、鷹の爪団の中では最も凶暴で、考えている事も腹黒い。見た目が熊であることを指摘されると脊髄反射的に怒り出し、その際に「オマエはディナー、オレのディナー」などと連呼しながら相手を食い殺す習性があるため、団員の間では「熊」という言葉は禁句になっている(機嫌がいい時や事情がある場合は襲い掛からないこともある)。第4話で若返ったり歳を取ったりした際には、パンダや白熊、サナギ、そして3D格闘ゲーム風(バーチャファイターシリーズやソニック・ザ・ファイターズ等のポリゴン調のキャラ)の熊になっていた。泣き上戸で酔うとひたすら泣いている。秘密結社鷹の爪 フレッシュアイペディアより)

  • ドックはおもちゃドクター

    ドックはおもちゃドクターから見たクマクマ

    クマのぬいぐるみ。第11話Bパートに登場。スタッフィー&ラミーがドックと一緒にドックの部屋で汽車ごっこをしているうちに、ぬいぐるみ2体は勢いがつきすぎて、廊下を経てタンスの中に突っ込んでしまうが、そこにいたのがテディービーだった。さっそくドックに助け出され、ドニーと感動の再会…のはずがドニーはなぜか抱擁してすぐに彼を突き放した。さっそくテディービーはおもちゃ病院で診察を受けることになるが、悪いところは見当たらない…ように見えた。しかし、最後の脚気診断で大量のホコリが舞い上がり、テディービーは「ホコリがいっぱい病」と告げられるが洗濯機で洗われて解決した。ドックはおもちゃドクター フレッシュアイペディアより)

  • マシマロ (架空のウサギ)

    マシマロ (架空のウサギ)から見たクマクマ

    クマ。ブーガルが子供で、ブーマが親である。マシマロ (架空のウサギ) フレッシュアイペディアより)

  • 小作 (ほうとう)

    小作 (ほうとう)から見たクマクマ

    山梨県や長野県の郷土料理であるほうとうを観光食や外食用にアレンジした商品が多い。日常食として食べられる普通のカボチャ入りほうとうを「熟瓜ほうとう」として提供しているほか、スープにアズキやコチュジャンを使用したり、具材に鴨肉や猪肉、熊肉やスッポンを使用したものまである。また冷やしほうとうであるおざらや定食物、馬刺しや鮑の煮貝なども提供している。小作 (ほうとう) フレッシュアイペディアより)

  • ドリスタ -ミントのヒロイン救出大作戦-

    ドリスタ -ミントのヒロイン救出大作戦-から見たクマクマ

    ミントが連れているクマのぬいぐるみ。『リオパラダイス』から登場。ドリスタ -ミントのヒロイン救出大作戦- フレッシュアイペディアより)

  • てのりくま

    てのりくまから見たクマクマ

    身長4cmの小さなクマで、「てのりくまコーヒー」というコーヒーショップで働いているという設定。てのりくま フレッシュアイペディアより)

  • 広節裂頭条虫

    広節裂頭条虫から見たクマクマ

    終宿主・・・ヒト、イヌ、ネコ、ブタ、キツネ、クマなどの哺乳類広節裂頭条虫 フレッシュアイペディアより)

  • ミニチュア・ブルドッグ

    ミニチュア・ブルドッグから見たクマ

    1835年にイギリスで闘犬が禁止され、それを受けて作出された犬種である。オールド・イングリッシュ・ブルドッグ(イングルッシュ・ブルドッグの原種)はもともと闘犬(牛いじめやいじめ)をすることのみに使われてきたが、それによって唯一の仕事を失ってしまった。そこでオールド・イングリッシュ・ブルドッグはペットや番犬などとして飼われるようになったのではあるが、一部の犬は愛玩犬として専門に飼育することが出来るように改良された。標準サイズよりも小さいオールド・イングリッシュ・ブルドッグを集めて交配し小型化させ、性格もより穏やかになるように改良を加えてミニチュア版が作出された。これが本種ミニチュア・ブルドッグである。ミニチュア・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

737件中 21 - 30件表示

「クマ出没」のニューストピックワード