942件中 21 - 30件表示
  • 熊のジャン

    熊のジャンから見たクマ

    世界一般の類話でも同じような展開が見られる。日本民話の会編『決定版 世界の民話事典』の説明では、息子ジャンは「動物の血を引く子ども」の一種で、彼らは力が強く知恵もあり、時には動物の言葉を解す等で英雄になる。民話において熊息子ジャンは、熊と人間の母親との間に生まれ、生まれつき大変な怪力で、それがために家を追い出される。途中で目利き・腕利き・耳利き・早足といったような異常な能力を持つ三人の男たちを仲間にして、化物を退治し、三人の娘を助け出すが、仲間に裏切られて娘たちを奪われる。しかし、最後には仲間の悪事を暴き、一番美しい娘と結婚する。熊のジャン フレッシュアイペディアより)

  • ギャグマンガ日和の登場キャラクター (創作系)

    ギャグマンガ日和の登場キャラクター (創作系)から見たクマクマ

    うさみのクラスメイトで、クマの男の子。変態でさまざまな場所で犯行に及ぶが、必ず自分でぼろを出して逮捕される。被害者は主にニャン美。何度もうさみに通報され、警察に連れて行かれるが、未成年である為か、すぐ釈放されて、犯行を繰り返す前科は、窃盗、のぞき、盗撮、露出など。ギャグマンガ日和の登場キャラクター (創作系) フレッシュアイペディアより)

  • 熊肉

    熊肉から見たクマクマ

    熊肉(くまにく)とは、クマからとれる肉。熊料理の材料となる。熊肉 フレッシュアイペディアより)

  • 猟犬

    猟犬から見たクマクマ

    イノシシやクマなどの大型動物の場合、当初は肉や骨に対して猟犬が尻尾を巻く等の恐怖心を示す場合もある。これはにおいによって対象の強弱を判断する犬の本能に起因するものなので、徐々に慣らしを行っていく他にない。猟犬 フレッシュアイペディアより)

  • だめっこどうぶつ

    だめっこどうぶつから見たクマクマ

    熊姉(クマ)(声優:武田華)だめっこどうぶつ フレッシュアイペディアより)

  • 江戸むらさき

    江戸むらさきから見たクマクマ

    石狩 - 鮭を配合。に扮したのり平がラベルに描かれていた。江戸むらさき フレッシュアイペディアより)

  • エゾヒグマ

    エゾヒグマから見たクマクマ

    エゾヒグマ(蝦夷羆、えぞひぐま、学名:Ursus arctos yesoensis or U. a. ferox Temminck, 1844)は、ネコ目(食肉目)クマ科クマ亜科クマ属に分類されるヒグマの亜種で、北海道に生息するクマである。日本に生息する陸上動物としては最大の動物である。エゾヒグマ フレッシュアイペディアより)

  • 3月11日

    3月11日から見たクマクマ

    1869年 - アルマン・ダヴィドがジャイアントパンダの存在を“発見”する(中国四川省で配色の特殊なクマの毛皮を見出す)。3月11日 フレッシュアイペディアより)

  • フィルギャ

    フィルギャから見たクマクマ

    フィルギャはしばしば動物の形態で現れた。たとえば、アイスランド人のトルステインが子供の頃に、ある人にはトルステインの前をフィルギャである白熊が走っているのが見えていた。また、アイスランドの2人の農民が争った折、夜に2人の屋敷から雄牛とが出てきて激しく格闘した。朝、動物はいなくなったが、2人はそれぞれの寝床の中で疲れきって動けなくなっていた。フィルギャ フレッシュアイペディアより)

  • バンジョーとカズーイの大冒険

    バンジョーとカズーイの大冒険から見たクマクマ

    『ディディーコングレーシング』に登場したクマのバンジョーと本作初登場の鳥のカズーイが冒険に出る物語。2匹が文字通り一心同体となって行動するという冒険形態が特徴の作品である。アクションゲームであるが、アクション性より謎解き・人助けといった要素を重視した作風はその後の同社作品の基となった。バンジョーとカズーイの大冒険 フレッシュアイペディアより)

942件中 21 - 30件表示

「クマ出没」のニューストピックワード