737件中 31 - 40件表示
  • ブル・アンド・テリア

    ブル・アンド・テリアから見たクマクマ

    交配種としてのブル・アンド・テリアは闘犬禁止前からしばしば見られたが、犬種としてのブル・アンド・テリアは闘犬禁止後の1835年ごろに作出された。オールド・イングリッシュ・ブルドッグと数種のテリアを掛け合わせて作られた犬種で、法の網をかいくぐって闘熊犬(とうゆうけん:クマいじめを行う犬)や犬同士を戦わせる闘犬として使われていた。見た目はあまりよくなかったが、闘志溢れる勇敢な性格を好む多くの愛好家が存在し、純血種としてのブリーディングが行われていた。又、闘犬としてだけでなく番犬やペットとしても飼育されていた。ブル・アンド・テリア フレッシュアイペディアより)

  • ファンシーGUYきゃとらん

    ファンシーGUYきゃとらんから見たクマクマ

    きゃとらんの先輩で、(株)ファンシーで一番人気を誇るのファンシーキャラクター。「カリスマファンシーキャラクター」と呼ばれる。きゃとらんの貧乏生活の理由を知っている数少ない人(?)物。その為かきゃとらんを贔屓にしており、しばしばお小遣いや差し入れを手渡してくれる。ファンシーGUYきゃとらん フレッシュアイペディアより)

  • カーディナルサーガ

    カーディナルサーガから見たクマクマ

    ティアンは馬をフェアリーはをディドはハード(架空の生物)をペットにできる。カーディナルサーガ フレッシュアイペディアより)

  • 闘熊

    闘熊から見たクマクマ

    闘熊(とうゆう)は、と熊、または熊と人間、熊と犬が戦う競技。闘熊 フレッシュアイペディアより)

  • 雑木

    雑木から見たクマクマ

    一方で、近年は雑木の多くが落葉樹であることから落ち葉が腐葉土となることでの植生全体への貢献や、実がイノシシやクマなどの動物や鳥類の食料になっているといったことから、生態系を維持していく上で不可欠であることが次第に知られるようになった。獣類による農作物の被害も雑木林の減少と人工林の増加が一因である。針葉樹とは大きく異なる保水性による防災効果も大きく、台風の被害は人工林に多く、雑木林では被害が少ない。また、近年では針葉樹の価格の下落から放置される人工林が増え、上記のような利点から里山再生などの機運から人工林を伐採し雑木が植えられることも多くなった。雑木 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェイジアン・エルクハウンド・グレイ

    ノルウェイジアン・エルクハウンド・グレイから見たクマクマ

    主にその名の通りエルク(シカの一種)を狩るのに用いられていたが、このほかにも野生のトナカイ、ヘラジカ、クマ、オオカミ、ヤマネコ、アナグマなどといったさまざまな獲物を狩ることが出来る。狩猟は主人とグレイ一頭がペアになって行うが、獲物の追跡方法には二つの方法が存在する。ひとつはグレイを自由に行動させて臭いを追跡させるレスフント(Loshund)方式、もうひとつはリードにつないで臭いを追跡させるルールフント(Lurhund)方式である。レスフント方式は開けた場所で、ルールフント方式は深い森の中で行われる。獲物を発見すると吠えて主人に知らせ、レスフント方式の場合は吠えたあとにすぐ、獲物の居場所に自ら倒しに向かう。ルールフント方式の場合は獲物に近づいてからリードを離してもらい、獲物のいる場所へ向かう。獲物と対するとグレイは吠えたてて相手を撹乱させたり噛み留めを行って獲物を動けなくし、シカ類やアナグマの場合はそのまま自らの手で仕留める。力が強く強力な武器(牙や爪)をもつ大型獣の場合は噛み留めをして動けなくし、主人に猟銃で仕留めてもらうことで狩猟は完了する。ノルウェイジアン・エルクハウンド・グレイ フレッシュアイペディアより)

  • スウェーディッシュ・ホワイト・エルクハウンド

    スウェーディッシュ・ホワイト・エルクハウンドから見たクマクマ

    本種はエルク(シカの一種)やクマを狩るのに使われていた。数頭で獲物の臭いを追跡し、エルクやクマと戦って仕留めるのが本種の仕事である。この危険で力の強い相手と戦うため、スウェーディッシュ・エルクハウンドの力強く勇敢な性質とサモエドの思考能力が組み合わさった性質が役立ち重宝された。実猟時は勇敢でひるみにくい性質であるが、実猟時以外は温和な性格のため家庭犬として飼育されていた。家族同様の扱いを受け、狩猟から帰ってくると一番先に暖炉の前で温まることを許され、傷の手当ても即急に行われた。又、ホワイトのコートは血に染まると非常に目立つため、家族の手によって体を洗われていた。スウェーディッシュ・ホワイト・エルクハウンド フレッシュアイペディアより)

  • アーサー

    アーサーから見たクマ

    のような」を意味する。語源には諸説あるが、古代ローマの氏族名の「アルトリウス」 (Artorius) が由来とする説、ケルト神話の熊の女神アルティオ (Artio) が由来とする説などがあるが、可能性の高いのはケルト語で熊を意味する「アルトス」 (artos) であろう。他のケルト系言語では、古アイルランド語の「Art」や 「Artúur」、ウェールズ語の「Arth」などがある(この語形も、今日の英語における「Arthur」の原型になった可能性が高い)。アーサー フレッシュアイペディアより)

  • ネオブロックス

    ネオブロックスから見たクマクマ

    クマ型ネオブロックス。大型砲による砲撃戦、分厚い装甲と強力な格闘装備による肉弾戦だけでなく渡河戦でも活躍できる万能機である。キットは後ろ足だけで立つことも可能。ネオブロックス フレッシュアイペディアより)

  • 戸板落とし

    戸板落としから見たクマクマ

    獲物には、キツネ、タヌキ、クマのような大型のものがふつうであるとされ、キジ、ウサギ、イタチなどにも用いられたという。戸板落とし フレッシュアイペディアより)

737件中 31 - 40件表示

「クマ出没」のニューストピックワード