737件中 41 - 50件表示
  • クマエビ

    クマエビから見たクマクマ

    水深20m以浅の沿岸泥底に多く生息し、若い個体は汽水域の波打ち際付近にも出現する。産卵期は6月下旬-9月で、受精卵、および孵化後のノープリウス、ゾエア、ミシスの各幼生はプランクトンとして海中を漂いながら発生する。稚エビに変態後は海底に定着する。雑食性で海底の有機物や小動物を食べるが、弱った仲間を襲う共食い傾向も強い。クマエビの名は共食いもする獰猛な性質をクマに例えて付けられたと言われる。クマエビ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道199号横畑高田線

    新潟県道199号横畑高田線から見たクマクマ

    中之俣 - 西谷内間は冬季閉鎖。また同区間は、山菜採りのメインスポットのひとつであるが、出没要注意区間。さらに同区間は幅員が狭く、待避所のある場所以外はすれ違い不可。新潟県道199号横畑高田線 フレッシュアイペディアより)

  • キムナイヌ

    キムナイヌから見たクマクマ

    北海道の大雪山に伝わる伝説によれば、石狩川の奥地の山の斜面に、キムナイヌがいるために泊まってはいけないといわれた土地があった。キムナイヌは足が速い上に力も強く、クマでも何でも追いかけて手掴みにして殺すが、タバコに火をつけて差し出せば、人を殺すようなことはしないという。キムナイヌ フレッシュアイペディアより)

  • 御荷鉾山

    御荷鉾山から見たクマクマ

    クマやシカ、イノシシ等が棲息する。御荷鉾山 フレッシュアイペディアより)

  • 河姆渡文化

    河姆渡文化から見たクマクマ

    河姆渡遺跡は1973年に発見され、1973年から74年と1977年から78年の2回にわたり発掘作業が行われた。水稲のモミが大量に発見されたため、人工的かつ大規模に稲の栽培が行われていたことが明らかになった。これは世界でも最古の稲栽培の例である。稲のほかにも、ヒョウタン、ヒシ、ナツメ、ハス、ドングリ、豆などの植物が遺跡から発見されている。その他ヒツジ、シカ、トラ、クマ、サルなどの野生動物や魚などの水生生物、ブタ、イヌ、スイギュウなどの家畜も発見された。河姆渡文化 フレッシュアイペディアより)

  • オールド・イングリッシュ・ブルドッグ

    オールド・イングリッシュ・ブルドッグから見たクマ

    12世紀頃に雄牛と闘わせる競技が始まると、次第に改良が加えられ作出された。ノルマン人がイギリスに持ち込んだマスティフタイプの犬種を元に改良を行って作られた犬種で、粘り強さと凶暴な性格はごく初期に加えられた。ブル・バイティング(雄牛と闘わせる競技)、闘熊(熊と闘わせる)専門の犬種で、鎖に繋がれた牛やを数頭?数十頭のオールド・イングリッシュ・ブルドッグが攻撃し、鼻や舌に喰らいついたり、生きたまま鎖に繋がれた生き物を食べたりして殺すという非常に残酷な道楽に使われていた。このように内容が非常に血なまぐさいものであったが、当時は一般的なレジャー用の見世物として普及していた。オールド・イングリッシュ・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ガレント

    トニー・ガレントから見たクマクマ

    また、ガレントはショーとしてカンガルーや、果ては大ダコとまで戦っている。大酒を飲んでリングに上がり、なぜか勝ってしまう、そんな古き良き時代の拳豪であった。引退後は映画に出演したり、プロレスのリングにも上がった。トニー・ガレント フレッシュアイペディアより)

  • ベルモント・マンション (テネシー州ナッシュビル)

    ベルモント・マンション (テネシー州ナッシュビル)から見たクマクマ

    1849年、アディリシア・アックレンはアラバマ州出身の若い法律家のジョセフ・アレキサンダー・スミス・アックレンと結婚し、すぐにデイヴィッドソン郡に180エーカー (0.73 km2)のベル・モンテ(ベルモント)という大邸宅を建設し始めた。1853年、イタリア風の避暑用の大邸宅が完成した。アディリシアとジョセフは総面積8,600エーカー(35 km2)となるルイジアナ州にある7つの綿花のプランテーションの暑さから逃れるための避暑用の大邸宅としてベルモントを使用した。アックレン夫妻は南北戦争前の南部に総面積19,000 平方フィート(1,800 m2)、36室の家を建設した。この大邸宅は丘の上に多様な建造物と共に建てられた。家のそばにはT型のゲスト・ハウスとギャラリーがあった。ゲスト・ハウスの南の翼廊には客室とボウリング場があった。アート・ギャラリーにはうねったガラス屋根と北の翼廊があった。外には広大な庭、温室、鳥小屋、湖、さらに動物園もあった。温室にはツバキ、ジャスミン、ユリ、サボテンなどの熱帯の果実や花が植えられていた。動物園にはクマ、サル、クジャク、鳴き鳥、白フクロウ、ルイジアナ産のワニがおり、そしてシカ園があった。バルコニーには鋳鉄の手すりがあり、日光から窓を守るために家の周りにトリムが施されている。家の頭頂部には10フィート(約3m)の八角形の円屋根があり、夏期の間は家の通気孔となり、『天文台』としても使用できて星、家の周り、またナッシュビルのダウンタウンを眺めることができた。ベルモント・マンション (テネシー州ナッシュビル) フレッシュアイペディアより)

  • ミサイルハッピー!

    ミサイルハッピー!から見たクマクマ

    T大付属校在学。身長195cm。「クマも退散させた」とか「喧嘩したら半殺しにされる」等の噂を持ち仏頂面で誰もがひるむような人である。世紀が密かに尾行していたりされている。ミサイルハッピー! フレッシュアイペディアより)

  • メデラン

    メデランから見たクマクマ

    ローマ帝国のコロッセオで実際に闘犬として使われていたモロサス犬の直系の子孫で、歴代のロシア皇帝に飼育されていた。イタリアのカーネ・ディ・マチェライオという古いモロサスタイプの犬種とは何らかのつながりがあるといわれている。メデランは歴代皇帝の中でも最後の皇帝、ニコライ2世に大変気に入られていて、ガッチナ宮殿で保存とブリーディングが行われていた。非常に飼育が難しい犬種で、専属のトレーナーが雇われて訓練を行っていた。主にクマ狩り用の猟犬として使われていて、1?3頭で1頭のクマをしとめることが出来た。優秀な犬は1頭でも2頭のクマをいっぺんに相手にし、どちらも倒してしとめることが出来たと伝えられている。又、闘犬としてクマいじめや牛いじめ、犬対犬で戦わせるのにも使われた。メデランはもとから希少な犬種であったため、本種同士の戦いは行われていなかった。メデランは手懐けるのも非常に難しく、時折トレーナーや皇帝に牙を向く事もあった。この気性は仔犬のときから顕著で、生後10ヶ月の雄の仔犬がを八つ裂きにしてという逸話も残されている。メデラン フレッシュアイペディアより)

737件中 41 - 50件表示

「クマ出没」のニューストピックワード