942件中 41 - 50件表示
  • 雑木

    雑木から見たクマクマ

    一方で、近年は雑木の多くが落葉樹であることから落ち葉が腐葉土となることでの植生全体への貢献や、実がイノシシやクマなどの動物や鳥類の食料になっているといったことから、生態系を維持していく上で不可欠であることが次第に知られるようになった。獣類による農作物の被害も雑木林の減少と人工林の増加が一因である。針葉樹とは大きく異なる保水性による防災効果も大きく、台風の被害は人工林に多く、雑木林では被害が少ない。また、近年では針葉樹の価格の下落から放置される人工林が増え、上記のような利点から里山再生などの機運から人工林を伐採し雑木が植えられることも多くなった。雑木 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーディッシュ・ホワイト・エルクハウンド

    スウェーディッシュ・ホワイト・エルクハウンドから見たクマクマ

    本種はエルク(シカの一種)やクマを狩るのに使われていた。数頭で獲物の臭いを追跡し、エルクやクマと戦って仕留めるのが本種の仕事である。この危険で力の強い相手と戦うため、スウェーディッシュ・エルクハウンドの力強く勇敢な性質とサモエドの思考能力が組み合わさった性質が役立ち重宝された。実猟時は勇敢でひるみにくい性質であるが、実猟時以外は温和な性格のため家庭犬として飼育されていた。家族同様の扱いを受け、狩猟から帰ってくると一番先に暖炉の前で温まることを許され、傷の手当ても即急に行われた。又、ホワイトのコートは血に染まると非常に目立つため、家族の手によって体を洗われていた。スウェーディッシュ・ホワイト・エルクハウンド フレッシュアイペディアより)

  • アーサー

    アーサーから見たクマ

    のような」を意味する。語源には諸説あるが、古代ローマの氏族名の「アルトリウス」 (Artorius) が由来とする説、ケルト神話の熊の女神アルティオ (Artio) が由来とする説などがあるが、可能性の高いのはケルト語で熊を意味する「アルトス」 (artos) であろう。他のケルト系言語では、古アイルランド語の「Art」や 「Artúur」、ウェールズ語の「Arth」などがある(この語形も、今日の英語における「Arthur」の原型になった可能性が高い)。アーサー フレッシュアイペディアより)

  • 戸板落とし

    戸板落としから見たクマクマ

    獲物には、キツネ、タヌキ、クマのような大型のものがふつうであるとされ、キジ、ウサギ、イタチなどにも用いられたという。戸板落とし フレッシュアイペディアより)

  • アナトリアン・マスティフ

    アナトリアン・マスティフから見たクマクマ

    主に家畜をクマ、オオカミ、ジャッカル、泥棒から守る護畜犬として用いられる。もしも家畜の命を脅かす部外者が現れた場合は凄みのある吼え声で威圧し、それでも相手が退散しない場合は命がけで攻撃を行い、排除の鉄槌を下す。尚、アナトリアン・シェパード・ドッグよりも力が強いため、現地では優秀な護畜犬として重宝されている。アナトリアン・マスティフ フレッシュアイペディアより)

  • くりのきえんのおともだち

    くりのきえんのおともだちから見たクマクマ

    もりやま くまお - クマの男の子。くりのきえんのおともだち フレッシュアイペディアより)

  • ケナシコルウナルペ

    ケナシコルウナルペから見たクマクマ

    クマを操ることができ、山狩りをする者を熊に襲わせたという。そのため、本来善良な動物であるクマが人を襲うのはこの妖怪の仕業とされていた。ケナシコルウナルペ フレッシュアイペディアより)

  • やまじシスターズ

    やまじシスターズから見たクマクマ

    湯浅醤油店長のクマ。やまじシスターズを見守っている。また、同名のハンドルネームを名乗る主宰者によりやまじシスターズ関連情報のブログが運営されている。やまじシスターズ フレッシュアイペディアより)

  • くりーくん

    くりーくんから見たクマクマ

    クマ。通称ケンちゃん。歯が抜けている。学生時代は陸上部でクリークの後輩だった。芸人を目指しながら親元でニート生活をしている。かなりの天然で、ギャグや言動にどこかズレたところがあるが、芸人の芽は出かけている模様。くりーくん フレッシュアイペディアより)

  • ヒースクリフ・セイバーヘーゲン

    ヒースクリフ・セイバーヘーゲンから見たクマクマ

    前述の通りかなりの動物好きで、使い魔であるカラスのフレディ、荷馬にジェイミーと名づけ大変可愛がっていた。フレディがリプレイ最終話の戦闘で死亡した後は、仲間のノリスから、魔術師クランズの使い魔だった猫を手渡されたが拒否し、リプレイ本編終了後の特別編リプレイでも、しばらくは使い魔を持たないと宣言している。名前を思いつくのが得意で、アルラウネ3姉妹(チビーナ、プチーナ、ロリーナ)、ホムンクルス(レン)、記憶喪失の竜司祭(スゲーナ、本名ヤムヤル)、猫(デボン・ロンデル)など、名称が無い相手に名前をつけていた。遺失魔法「ボーン・サーバント」を習得してからはBで始まる名前の動物をベースにしたBBシリーズの制作にこだわるようになる。1号はボーン・バニー、2号はボーン・ベアー。2号は大きすぎるため泣く泣く埋葬し、1号のみを賢者の学園に連れ帰り、自室で踊らせている。なお、3号としてバグベアード(巨大な眼球の姿をした魔獣)を狙っていたが、骨がなかったため挫折する。ヒースクリフ・セイバーヘーゲン フレッシュアイペディアより)

942件中 41 - 50件表示

「クマ出没」のニューストピックワード