942件中 51 - 60件表示
  • 交響曲第82番 (ハイドン)

    交響曲第82番 (ハイドン)から見たクマクマ

    終楽章冒頭の前打音を伴う低音がクマの唸り声を思わせることから、18世紀末から19世紀初頭にこの愛称で呼ばれるようになった。したがって作曲者自身による命名ではない。交響曲第82番 (ハイドン) フレッシュアイペディアより)

  • トルニャック

    トルニャックから見たクマ

    本種の最古の記録は1062年に残されており、それ以前から犬種として存在していたと考えられている。本種の先祖はチベタン・マスティフで、それに土着の犬種や狼の血を加える事で誕生したと考えられている。本種は主に護畜犬として使われている。護畜犬として育成する際の訓練は他の護畜犬種と同じで、羊を家族と認識させるために仔犬の頃から羊と共に野外で飼育を行い、行動を共にさせる事によって育成する。つまり護畜犬は「家族を守りたい」という愛着と防衛心を特に強くすることによって、家族に迫る外部の敵を追い払ったり倒したりする事が出来るようになるのである。昼間だけでなく夜間も警戒心を怠る事無く羊を守り、羊を襲う狼やがいれば命を懸けて戦う。中には9頭の狼の群れに1頭で立ち向かい、死闘の末に全てを撃退したという勇敢なトルニャックの英雄伝も残されている。ちなみに、このトルニャックは戦いの後、羊に囲まれて息を引き取ったといわれている。トルニャック フレッシュアイペディアより)

  • カオ・デ・カストロ・ラボレイロ

    カオ・デ・カストロ・ラボレイロから見たクマ

    主に牛をや狼、家畜泥棒から守るのに使われている。普段は大人しいが、いざという時には相手と命を懸けて勇敢に戦う。又、ある程度の牛の管理も行うことができ、いうことを聞かない牛を群れの中に戻すことができた。カオ・デ・カストロ・ラボレイロ フレッシュアイペディアより)

  • コンバイ

    コンバイから見たクマ

    コンバイ(英:Combai)は、インドのラムナット地区原産の犬種のひとつである。や鹿の狩猟目的で使われていた、インドの狩猟犬である。コンバイ フレッシュアイペディアより)

  • バルビレッジ

    バルビレッジから見たクマクマ

    『バルビレッジ』(Barvillage)は、フクロウとクマを合わせた「オウルベア」と呼ばれるキャラクターを育てていくオンラインゲーム。ジーウェブ、ジークレスト、コールドブレスの共同開発・運営。コールドブレスが開発を担当し、ジーウェブとジークレストが運営を手掛けていたが、現在ジーウェブは運営に携わっていない。登録無料。バルビレッジ フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニアハイイログマ

    カリフォルニアハイイログマから見たクマ科クマ

    カリフォルニアハイイログマ Ursus arctos californicus は、食肉目クマ科に属するヒグマの亜種の1つで、アメリカ合衆国カリフォルニア州の南部に生息していたが、すでに絶滅した。カリフォルニアハイイログマ フレッシュアイペディアより)

  • クレア郡 (ミシガン州)

    クレア郡 (ミシガン州)から見たクマクマ

    クレア郡は大きな州立林の中にある。クマ、シカ、ワシ、カートランドアメリカムシクイ、シチメンチョウなど野生生物が身近に生息している。行事などとして次のようなものがある。クレア郡 (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • メドヴェジャ

    メドヴェジャから見たクマクマ

    メドヴェジャの名前はセルビア語で「クマ」を意味する「」に由来している。アルバニア語では、(メドヴェジャ)と呼ばれている。メドヴェジャ フレッシュアイペディアより)

  • アレントンカバ

    アレントンカバから見たクマクマ

    1973年7月、近辺での掘削工事中、また別の骨片が見つかった。ダービー博物館にはその一部も展示されている。その下水道工事中、、鹿、雄牛の骨、さらには河馬、犀、象の骨も見つかった。それらは一・二個の骨でしかなかったが、なかにはイギリスで見つかった内では最大となる河馬の歯もあった。アレントンカバ フレッシュアイペディアより)

  • クリイロアメリカグマ

    クリイロアメリカグマから見たクマ科クマ

    クリイロアメリカグマ(栗色アメリカ熊, Ursus americanus cinnamomum)とはアメリカグマの亜種。動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科クマ属に分類される。1クリイロアメリカグマ フレッシュアイペディアより)

942件中 51 - 60件表示

「クマ出没」のニューストピックワード