737件中 51 - 60件表示
  • あっちこっち たまごっちタウン

    あっちこっち たまごっちタウンから見たクマ

    ぱっちの森に住み着いている孤高のあっちこっち たまごっちタウン フレッシュアイペディアより)

  • チョコベビー

    チョコベビーから見たクマクマ

    小さな円柱状の粒チョコレートがロッテのふーせんの実と同じような円筒状のケースに入って発売されている。赤いパッケージが特徴。マスコットはチョコレート色のくまさん(チディ・ベアとイディ・ベア)。市販されているものは34g入りの通常サイズと102g入りのジャンボサイズの2タイプがある。ジャンボサイズは、通常サイズの約3.4倍、同社板チョコレート(70g)の約1.6倍にもなる。チョコベビー フレッシュアイペディアより)

  • あめふりくまのこ

    あめふりくまのこから見たクマクマ

    詞はすべてひらがなで、5連からなっており、雨が降ってできた小川を、魚を探してずっと眺め続ける仔グマの様子が描かれている。あめふりくまのこ フレッシュアイペディアより)

  • 蹠行

    蹠行から見たクマクマ

    蹠行(しょこう)は、踵を含む足の裏全体を使って歩行すること。これを行う生物を蹠行動物()と呼ぶ。霊長類やクマ、パンダなどがこれに含まれる。蹠行 フレッシュアイペディアより)

  • クマノコガイ

    クマノコガイから見たクマクマ

    和名は殻上面の質感がクマの毛皮を想わせることに由来する。殻上面が黒一色で肋もごく細かいことから、クボガイ、コシダカガンガラ、オオコシダカガンガラ、バテイラなどの類似種とは容易に区別できる。学名は、属名"Chlorostoma"が「緑色の口」、"xanthostigma"が「黄色のスティグマ」の意で、どちらも殻底中心部の色に由来する。クマノコガイ フレッシュアイペディアより)

  • 幾春別林道

    幾春別林道から見たクマクマ

    分岐する林道があり岩見沢市(栗沢地区)の美流渡や三笠市の鉄道村付近に至るが、野生動物(キタキツネ・エゾシカ・クマ)が多く出没するほか、新桂沢ダムの建設工事のため工事車両の通行が多い。また、同じ様な光景を繰り返すロングダートでもある。幾春別林道 フレッシュアイペディアより)

  • 日原林道

    日原林道から見たクマクマ

    2006年5月12日に、日原林道を走行中の50cc原付バイク運転手がに襲われるという事故が発生した。奥多摩では毎年のように熊に人間が襲われる事故が発生している。日原林道 フレッシュアイペディアより)

  • ベーア

    ベーアから見たクマクマ

    ベーア(Bär(Baer), Ber, Beer, Behr, その他)は、ドイツ語・イディッシュ語での意味で、ユダヤ教徒に多い姓の一つ。ヘブライ語ではドーブ Dob となる。ベーア フレッシュアイペディアより)

  • PUNISHER

    PUNISHERから見たクマクマ

    に似た猛獣。巨体で肉食動物と思われる。リブリ周辺に野生として生息していたことをアルトは疑問に思っている。アルトの故郷周辺にも生息している。PUNISHER フレッシュアイペディアより)

  • 赤久縄山

    赤久縄山から見たクマクマ

    クマやシカ、イノシシ等が棲息する。赤久縄山 フレッシュアイペディアより)

737件中 51 - 60件表示

「クマ出没」のニューストピックワード