737件中 61 - 70件表示
  • 遠山品右衛門

    遠山品右衛門から見たクマクマ

    北安曇郡平村野口生まれ。戸籍上の名前は遠山里吉。父の名は新三郎、母はりせ、妻の名はきさ。明治維新で加賀藩による御締山の禁が解かれた頃、20歳頃から山に入り、黒部川畔、黒部川本流と針ノ木谷の合流点に小屋(平の小屋)を建て、ときおり里に下りる猟生活に入る。籠川、黒部川、高瀬川でイワナを釣り、冬は、やカモシカなどを獲った。高瀬川渓谷、槍ヶ岳、有峰、白馬、戸隠などを狩猟の範囲として生活した。遠山品右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • アラサラウス

    アラサラウスから見たクマクマ

    名称の「アラ」は「一つ」、「サラ」は「尻尾」、「ウス」は「生えている」を意味する。体毛がまったくなく、1本の尾を持った巨体の悪獣といわれる。山の崖の穴に住むクマのような猛悪な動物で、、自在に変身し、人間を捕えて食らうともいう。アラサラウス フレッシュアイペディアより)

  • スマリシリーズ

    スマリシリーズから見たクマクマ

    「スプリングレイン」に登場するクマ。スマリの友人。食糧不足で人里近いスマリの棲む森まで山を下りて来た。スマリシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • グリーンランドの音楽

    グリーンランドの音楽から見たクマクマ

    ヨーロッパとの接触後にも生き残った伝統音楽は、島の東部及び北東部でそのもっとも良質な姿を見ることができる。これには、木製の枠の上にの膀胱を張った、楕円形のドラムで演奏される、聖なるドラム・ダンスが含まれる 。ドラム・ダンスは、グリーンランドにおける「唯一真正の土着音楽」であり、近代における「フォーク・リヴァイヴァル(伝統復元)」の一部である。シャーマンたちは、宗教的行事の一環としてドラムを使用し、また時として、争いの決着のため、ライヴァル同士がドラムの演奏で競争し、結果として、聴衆からもっとも笑いを得た側が勝者となる「歌合戦」を主催した。グリーンランドの音楽 フレッシュアイペディアより)

  • お留守バンシー

    お留守バンシーから見たクマクマ

    特殊能力として、蝙蝠に変身出来る。また蝙蝠やほどの巨躯を持つ狼を使い魔として使役している。お留守バンシー フレッシュアイペディアより)

  • スヤマンタカ

    スヤマンタカから見たクマクマ

    別の話によると、サトラージットはスヤマンタカをクリシュナに奪われることをおそれて弟プラセーナに与えた。しかしプラセーナはライオンに殺された。このライオンをの王ジャームバヴァットが殺し、スヤマンタカを手に入れた。後にこの宝石をクリシュナが欲して、ジャームバヴァットと戦った。彼らは21日間戦い続けたのち、ジャームバヴァットが降参し、宝石とともに娘ジャームバヴァティーを与えたという。スヤマンタカ フレッシュアイペディアより)

  • パリアカカ

    パリアカカから見たクマクマ

    パリアカカは神の力でやピューマなどの動物、鳥、蛇やトカゲなどを呼び集めると、狐に指揮をさせて畑の間に堰を掘らせ、水道を作り始めた。パリアカカ フレッシュアイペディアより)

  • 鬼熊

    鬼熊から見たクマクマ

    歳を経たが妖怪となったもの。人前に姿を現すことは滅多にないが、夜更けに山から人里に現れ、人のように直立歩行し、家畜の牛馬を捕えて山へ持ち帰って食らうという。鬼熊 フレッシュアイペディアより)

  • でこくーる

    でこくーるから見たクマクマ

    マイクロマガジン社『PC-DIY』でエッセイコミック「でこのパソコンはじめて物語」を連載。同誌の休刊後も、同誌に記事を執筆していたライター有志が開設したサイト「PC-DIY Extra」で続編を掲載している。本作を始め、大半の作品においてツインテールでやや暴力的な性格の少女「でこ」とのような正体不明の生き物「デコポソ」がメインキャラクターとして登場するのが特徴である。でこくーる フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアルフス

    アンドレアルフスから見たクマクマ

    最初は騒音と共に孔雀の姿で現れるが、しばらくすると猿とを連れた人間の牛飼いの姿を採る。幾何学を完璧に教え、測量に関わるあらゆる技術や巧みな弁論術も教えてくれる。天文学にも精通させてくれる。また、人間の生け贄を与える事で人を鳥の姿に変える力も持つ。アンドレアルフス フレッシュアイペディアより)

737件中 61 - 70件表示

「クマ出没」のニューストピックワード