1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
96件中 91 - 96件表示
  • クマ

    クマから見たイオマンテ

    自分たちの祖先として、クマを信仰する場合もある。アイヌのイオマンテ(あるいはイヨマンテ、熊送り)の儀式は、代表的な例である。ネアンデルタール人もクマを崇拝していたとも言われる。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た熊本県

    また、日本に於いてはコンドウアキによってデザインされたキャラクター、リラックマの関連グッズが2003年より販売開始されており、ぬいぐるみを含め非常にポピュラーなマスコットとなっている。熊本県のくまモン、長野県のアルクマなど、クマをモチーフにしたマスコットキャラクター(ゆるキャラ)も人気を呼んでいる。熊本県には現在野生のクマの生息は確認されていないが、県名に「熊」が付くことから、クマをモチーフにした。一方、長野県には野生のクマが数多く生息しており、これと同県を代表する農産物のリンゴを組み合わせたマスコットが導入された。北海道夕張市のメロン熊も同様に、同市に数多く生息するヒグマと、市を代表する農産物の夕張メロンを組み合わせたマスコットである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た長野県

    また、日本に於いてはコンドウアキによってデザインされたキャラクター、リラックマの関連グッズが2003年より販売開始されており、ぬいぐるみを含め非常にポピュラーなマスコットとなっている。熊本県のくまモン、長野県のアルクマなど、クマをモチーフにしたマスコットキャラクター(ゆるキャラ)も人気を呼んでいる。熊本県には現在野生のクマの生息は確認されていないが、県名に「熊」が付くことから、クマをモチーフにした。一方、長野県には野生のクマが数多く生息しており、これと同県を代表する農産物のリンゴを組み合わせたマスコットが導入された。北海道夕張市のメロン熊も同様に、同市に数多く生息するヒグマと、市を代表する農産物の夕張メロンを組み合わせたマスコットである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た北海道

    また、日本に於いてはコンドウアキによってデザインされたキャラクター、リラックマの関連グッズが2003年より販売開始されており、ぬいぐるみを含め非常にポピュラーなマスコットとなっている。熊本県のくまモン、長野県のアルクマなど、クマをモチーフにしたマスコットキャラクター(ゆるキャラ)も人気を呼んでいる。熊本県には現在野生のクマの生息は確認されていないが、県名に「熊」が付くことから、クマをモチーフにした。一方、長野県には野生のクマが数多く生息しており、これと同県を代表する農産物のリンゴを組み合わせたマスコットが導入された。北海道夕張市のメロン熊も同様に、同市に数多く生息するヒグマと、市を代表する農産物の夕張メロンを組み合わせたマスコットである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た熊肉

    日本でもその肉が、流通量は多くないものの、食用にされている(詳細は熊肉を参照)。個体により、匂いや味に差が大きく、生前に何を食べ物にしていたかによって、変わるという説が多い。鯨肉のような味から、硬くて脂濃い、動物くさいものまで幅広い。なお、重篤な症状を起す寄生虫である旋毛虫が筋肉中に潜んでいる場合があるため、生食は避けるべきである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た熊の手

    中国では、クマの手のひら(熊掌)が高級食材として珍重されている。ただし、日本本州のツキノワグマは、小型すぎて熊掌の材料には不向きである。日本には安産のお守りとして、クマの手のひらを出産時の産湯に浸けておくという風習があった。クマ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
96件中 91 - 96件表示

「クマ出没」のニューストピックワード