110件中 31 - 40件表示
  • クマ

    クマから見たロシア帝国

    ロシアでは、クマは国を象徴する動物とされている。1980年のモスクワオリンピックでは、仔熊の「ミーシャ」がマスコットキャラクターとなった。因みに、ロシア女帝エカチェリーナ2世は元はドイツのアスカーニエン家出身であるが、そのアスカーニエン家出身の初代ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト1世は「熊公」と言う綽名を付けられた。アスカーニエン家はクマを紋章としている。スイスのベルン市は語源が「熊」()であり、市の紋章はクマである。他にも、ドイツのベルリンやスペインのマドリードの市旗と紋章もクマである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たマスコット

    ロシアでは、クマは国を象徴する動物とされている。1980年のモスクワオリンピックでは、仔熊の「ミーシャ」がマスコットキャラクターとなった。因みに、ロシア女帝エカチェリーナ2世は元はドイツのアスカーニエン家出身であるが、そのアスカーニエン家出身の初代ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト1世は「熊公」と言う綽名を付けられた。アスカーニエン家はクマを紋章としている。スイスのベルン市は語源が「熊」()であり、市の紋章はクマである。他にも、ドイツのベルリンやスペインのマドリードの市旗と紋章もクマである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たアライグマ科

    クマ科は、イヌ科やアライグマ科と比較的類縁関係が近いとされる。パンダ類の分類については諸説あり、パンダ科として独立させたり、レッサーパンダをアライグマ科に含めるなどされてきたが、DNA分析による結果から、ジャイアントパンダはクマ科に含まれ、レッサーパンダは独立のレッサーパンダ科とする考え方が有力となっている。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たぬいぐるみ

    クマのぬいぐるみとして、テディベアが広く知られている。「テディ」とはセオドア・ルーズベルト(第26代アメリカ合衆国大統領)の愛称である。熊を狩りに出かけたルーズベルト大統領が、あてがわれたアメリカグマの仔熊を見逃したという話をもとに、「テディベア」というぬいぐるみが誕生した。また、この「テディベア」などクマのぬいぐるみが元となり、こちらも世界的に知られているキャラクター・クマのプーさんが生まれた。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たロシア

    ロシアでは、クマは国を象徴する動物とされている。1980年のモスクワオリンピックでは、仔熊の「ミーシャ」がマスコットキャラクターとなった。因みに、ロシア女帝エカチェリーナ2世は元はドイツのアスカーニエン家出身であるが、そのアスカーニエン家出身の初代ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト1世は「熊公」と言う綽名を付けられた。アスカーニエン家はクマを紋章としている。スイスのベルン市は語源が「熊」()であり、市の紋章はクマである。他にも、ドイツのベルリンやスペインのマドリードの市旗と紋章もクマである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たイオマンテ

    自分たちの祖先として、クマを信仰する場合もある。アイヌのイオマンテ(あるいはイヨマンテ、熊送り)の儀式は、代表的な例である。ネアンデルタール人もクマを崇拝していたとも言われる。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たクマゼミ

    他の動植物の大型種に対して(クマゲラ・クマゼミ・クマバチ・クマイチゴ等)や、クマに似ているとしてつけられる(アナグマ・アライグマ・クマムシ)こともある。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たアメリカ合衆国

    クマのぬいぐるみとして、テディベアが広く知られている。「テディ」とはセオドア・ルーズベルト(第26代アメリカ合衆国大統領)の愛称である。熊を狩りに出かけたルーズベルト大統領が、あてがわれたアメリカグマの仔熊を見逃したという話をもとに、「テディベア」というぬいぐるみが誕生した。また、この「テディベア」などクマのぬいぐるみが元となり、こちらも世界的に知られているキャラクター・クマのプーさんが生まれた。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たリラックマ

    また、日本に於いてはコンドウアキ氏によってデザインされたキャラクター、リラックマの関連グッズが2003年より販売開始されており、ぬいぐるみを含め非常にポピュラーなマスコットとなっている。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た中華人民共和国

    中国では、クマの手のひら(熊掌)が高級食材として珍重されている。ただし、日本本州のツキノワグマは、小型すぎて熊掌の材料には不向きである。日本には安産のお守りとして、クマの手のひらを出産時の産湯に浸けておくという風習があった。クマ フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「クマ出没」のニューストピックワード