96件中 51 - 60件表示
  • クマ

    クマから見たネアンデルタール人

    自分たちの祖先として、クマを信仰する場合もある。アイヌのイオマンテ(あるいはイヨマンテ、熊送り)の儀式は、代表的な例である。ネアンデルタール人もクマを崇拝していたとも言われる。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た獣人

    後肢で立つことが出来るうえ、両手を器用に使うさまからしばしば擬人化され、絵本などの物語でも(人間に近い振る舞いをする)キャラクターとして登場することの多い生き物である。北方の少数民族や北米先住民をはじめ、広く世界的に、クマは人間と異なる神・あるいは知恵のある存在・豊かさの象徴として、信仰の対象とされてきた。ベルリンやベルンなど、地名に用いられることも多い。その力強さからベルセルクなど、獣人や狂戦士の伝説にも関連が深い。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たカリストー

    ギリシャ神話では、ニンフ(精霊)のカリストーが大神ゼウスによって強引に妊娠させられたうえ、ゼウスの妻ヘーラーの嫉妬によってクマに変身させられるという悲劇に見舞われた(おおぐま座を参照)。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たホラアナグマ

    Ursus spelaeus ホラアナグマ Cave bear(絶滅)クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たお守り

    中国では、クマの手のひら(熊掌)が高級食材として珍重されている。ただし、日本本州のツキノワグマは、小型すぎて熊掌の材料には不向きである。日本には安産のお守りとして、クマの手のひらを出産時の産湯に浸けておくという風習があった。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た鉤爪

    四肢は短く、がっしりとしている。指趾は5本で、それぞれに長く湾曲した出し入れできない鉤爪がある。この爪は物を引き裂いたり掘り起こすのに適している。木登りや穴掘りに優れた形状をしている。マレーグマ属以外は肉球を除いた足裏は体毛で被われ、ホッキョクグマでは顕著。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たクマイチゴ

    他の動植物の大型種に対して(クマゲラ・クマゼミ・クマバチ・クマイチゴ等)や、クマに似ているとしてつけられる(アナグマ・アライグマ・クマムシ)こともある。クマザサも「熊笹」と表記されることが多く、これを用いた健康食品には、熊の絵を描いたり、「熊の出るような深山の笹」などと称しているものもあるが、正しくは「隈笹」である(クマザサの項目も参照)。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たクマゲラ

    他の動植物の大型種に対して(クマゲラ・クマゼミ・クマバチ・クマイチゴ等)や、クマに似ているとしてつけられる(アナグマ・アライグマ・クマムシ)こともある。クマザサも「熊笹」と表記されることが多く、これを用いた健康食品には、熊の絵を描いたり、「熊の出るような深山の笹」などと称しているものもあるが、正しくは「隈笹」である(クマザサの項目も参照)。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たおおぐま座

    ギリシャ神話では、ニンフ(精霊)のカリストーが大神ゼウスによって強引に妊娠させられたうえ、ゼウスの妻ヘーラーの嫉妬によってクマに変身させられるという悲劇に見舞われた(おおぐま座を参照)。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たメガネグマ

    Tremarctos ornatus メガネグマ Spectacled bearクマ フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「クマ出没」のニューストピックワード