110件中 71 - 80件表示
  • クマ

    クマから見た紋章

    ロシアでは、クマは国を象徴する動物とされている。1980年のモスクワオリンピックでは、仔熊の「ミーシャ」がマスコットキャラクターとなった。因みに、ロシア女帝エカチェリーナ2世は元はドイツのアスカーニエン家出身であるが、そのアスカーニエン家出身の初代ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト1世は「熊公」と言う綽名を付けられた。アスカーニエン家はクマを紋章としている。スイスのベルン市は語源が「熊」()であり、市の紋章はクマである。他にも、ドイツのベルリンやスペインのマドリードの市旗と紋章もクマである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たアナグマ

    他の動植物の大型種に対して(クマゲラ・クマゼミ・クマバチ・クマイチゴ等)や、クマに似ているとしてつけられる(アナグマ・アライグマ・クマムシ)こともある。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た門歯

    頭部が大きいわりには目は小さく、耳も丸くて短い。視力は弱い種が多いが、聴覚・嗅覚は鋭い。顎が発達しており、犬歯も大きいが、ネコ目の多くが、臼歯(きゅうし)が肉を切り裂くための裂肉歯に変化しているのに対し、クマ科では裂肉歯が植物などをすりつぶすのに適した、短くて扁平なものに二次的な変化を起こしている。歯式は3/3・1/1・4/4・2/3=42(本) ・乳頭式は2+0+1=6(個) のものが一般的(アカグマの上顎門歯は2本)、寿命は25年から40年の種が多い。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た独立国家共同体

    また、ロシア帝国・ソ連は、クマに例えられることが多かった(国際情勢に関する風刺漫画などで扱われた)が、その後身であるCISやロシア連邦はそのように扱われることは少ない。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た脊索動物

    クマ(熊)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科の構成種の総称。(類縁関係が比較的薄いジャイアントパンダ亜科は除くこともある)クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たメドヴェージェフ

    メドヴェージェフ - ロシア語等でクマを意味する語に由来する姓クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た寄生虫

    なお、重篤な症状を起す寄生虫である旋毛虫が筋肉中に潜んでいる場合があるため、生食は避けるべきである。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見た視力

    頭部が大きいわりには目は小さく、耳も丸くて短い。視力は弱い種が多いが、聴覚・嗅覚は鋭い。顎が発達しており、犬歯も大きいが、ネコ目の多くが、臼歯(きゅうし)が肉を切り裂くための裂肉歯に変化しているのに対し、クマ科では裂肉歯が植物などをすりつぶすのに適した、短くて扁平なものに二次的な変化を起こしている。歯式は3/3・1/1・4/4・2/3=42(本) ・乳頭式は2+0+1=6(個) のものが一般的(アカグマの上顎門歯は2本)、寿命は25年から40年の種が多い。クマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たナマケグマ

    Melursus ursinus ナマケグマ Sloth bearクマ フレッシュアイペディアより)

  • クマ

    クマから見たアイヌ民族

    イオマンテ - アイヌ民族の熊送りの儀式クマ フレッシュアイペディアより)

110件中 71 - 80件表示

「クマ出没」のニューストピックワード