前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
530件中 1 - 10件表示
  • ゼネラルモーターズ

    ゼネラルモーターズから見たクライスラークライスラー

    2008年10月のGMの新車販売台数が前年同月比45%減になる状況の中、10月31日に米国財務省はGMとクライスラーの合併に必要なリストラ費用100億ドルを、2008年に成立した緊急経済安定化法から支出することを拒否し、GMはクライスラーとの合併協議を中断した。格付会社S&Pは、GMの格付けを「B-」から「CCC+」に格下げし、見通しもネガティブとした。ゼネラルモーターズ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・クライスラーシリーズ

    三菱・クライスラーシリーズから見たクライスラークライスラー

    三菱・クライスラーシリーズは、三菱自動車工業が1972年から発売していたフラグシップスポーツセダンおよびクーペで、クライスラーのオーストラリア部門で生産していたヴァリアントを輸入して三菱ブランドで販売したものである。三菱・クライスラーシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • テン・ベスト・エンジン

    テン・ベスト・エンジンから見たクライスラークライスラー

    クライスラー 6.2L V8 OHV Hellcatテン・ベスト・エンジン フレッシュアイペディアより)

  • モンテヴェルディ・ハイスピード

    モンテヴェルディ・ハイスピードから見たクライスラークライスラー

    1969年発売。2ドアクーペ。エンジンはクライスラー製7,206cc。ブレーキは前後ともディスク。価格は2000万円。トランスミッションはATの他MTも選択できた。モンテヴェルディ・ハイスピード フレッシュアイペディアより)

  • ダッジ

    ダッジから見たクライスラークライスラー

    ダッジ(Dodge )とはアメリカの自動車ブランドである。1914年に設立されたダッジ・ブラザーズ(Dodge Brothers)自動車が前身で、1928年に買収されクライスラーの一部門となった。1998年からはダイムラー・クライスラーの一部門であったが、現在は再びクライスラーの一部門である。十字のフロントグリルが特徴。ダッジ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・モーターズ

    アメリカン・モーターズから見たクライスラークライスラー

    アメリカン・モーターズ・コーポレーション(American Motors Corporation 、略称AMC)は1954年から1987年に活動した米国の自動車メーカー。コンパクトカーに力を入れるなど、ビッグスリーとは一線を画したモデルを発売していたが、買収によりクライスラー社に吸収された。アメリカン・モーターズ フレッシュアイペディアより)

  • シムカ (自動車メーカー)

    シムカ (自動車メーカー)から見たクライスラークライスラー

    シムカ(Simca )は1934年にアンリ・テオドル・ピゴッツィ(Henri Théodore Pigozzi 、1898-1964年)が自動車メーカーとして設立した会社。クライスラーがヨーロッパ進出のため1963年に買収し、1970年にはイギリスのルーツ・グループとともに「クライスラーヨーロッパ」を形成した。1978年にクライスラーがヨーロッパ事業をPSA・プジョーシトロエンに売却した際、シムカブランドはルーツ・グループ系のブランドとともにタルボに置き換えられて終了した。SIMCAとは「自動車車両車体工業会社」(Société Industrielle de Mécanique et Carrosserie Automobile )の略。シムカ (自動車メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • エドセル

    エドセルから見たクライスラークライスラー

    フォード・モーターはエドセルを展開する事でゼネラルモーターズとクライスラーの市場シェアを大幅に奪取し、米国内におけるGMとのギャップを埋める事を期待していた。フォード・モーターは米国の消費者がエドセルが未来の車であると信じるように、1年に渡るティーザー・キャンペーンに大いに投資した - それが却って大きな失敗を招くとは予想もせずに。エドセルが一般公開された時、米国市場と消費者にはエドセルが魅力的ではなく、高価であり、その前評判はフォード・モーターによって過大評価されたものだと受け止められた。エドセルは米国の自動車購買層の支持を得る事は出来ず、売れ行きは大いに低迷、フォード・モーターはエドセルの開発・製造・マーケティングに関して1983年当時の換算で250万米ドルにものぼる損失を被った。エドセル フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・C・デュラント

    ウィリアム・C・デュラントから見たクライスラークライスラー

    ブリスコーはインターナショナル・モーター・カー・カンパニーを「ユナイテッド・ステーツ・モーター・カンパニー(United States Motor Company:USMC)」として設立し、それまでの自身の会社マックスウェル=ブリスコー社を傘下にいれた。ユナイテッド・ステーツ・モーター・カンパニーはマックスウェル・モーター・カンパニーを経てのちにクライスラーにつながる会社である。ウィリアム・C・デュラント フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン

    フォルクスワーゲンから見たクライスラークライスラー

    1953年にブラジルの現地法人である「フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」を設立し、「ビートル」や「パサート」などの生産を行うとともに、「ブラジリア」や「ゴル」などの独自車種の開発、生産も行っている。1979年には、経営危機を受けブラジル市場から撤退したアメリカのクライスラーの工場施設や販売拠点を買い取り、中型トラックの生産にも進出した。フォルクスワーゲン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
530件中 1 - 10件表示