530件中 91 - 100件表示
  • モンテヴェルディ・サファリ

    モンテヴェルディ・サファリから見たクライスラークライスラー

    1976年ジュネーヴ・モーターショーで発表され、1977年から販売された。エンジンはフロントに積まれたクライスラー製水冷V型8気筒、5,210cc、152hp/4,000rpm。最高速度は180km/h。3速オートマチックトランスミッションが標準。シャシは梯子型フレームで、前後とも半楕円リーフスプリング+リジッドアクスル。ブレーキは前がベンチレーテッド・ディスク、リアはドラム。内装は当時のレンジローバーより豪華だったと言われ、モンテヴェルディ後期の主力モデルとなった。1982年製造中止。モンテヴェルディ・サファリ フレッシュアイペディアより)

  • EXPOSED

    EXPOSEDから見たクライスラークライスラー

    クライスラー「ダッジブランド」CMソングEXPOSED フレッシュアイペディアより)

  • 大気浄化法

    大気浄化法から見たクライスラークライスラー

    1972年には1976年型の基準が定まった。窒素酸化物に対しては0.4g/マイルと規定されている。自動車の排気ガス規制法として当時世界一厳しいといわれ、クリアするのは不可能とまで言われたものであった。実際にはレシプロエンジンでは1972年に日本車メーカーのホンダがCVCCを開発してクリア、翌1973年にはマツダのロータリーエンジンもサーマルリアクターの改良によりクリアしているが、“ビッグスリー”側(ゼネラルモーターズ、フォードモーター、クライスラー)からの反発も激しく、73年4月にマスキー法は1年間の実施延期となり、翌74年6月には1970年改正法修正法が成立しマスキー法の正規規制値は実質的な廃案とされた上に、修正規制値の適用も更に2年間の延期となった。75年にはEPAが更に1年の実施延期を発表するなどの紆余曲折を辿った。大気浄化法 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車製造事業法

    自動車製造事業法から見たクライスラークライスラー

    本法の施行と、日中戦争勃発による円為替相場下落・輸入部品高騰の結果、3年後の1939年にフォード、GM、クライスラーの3社は日本から撤退することになった。フォードは、許可会社である日産およびトヨタとの合弁会社設立も検討したが、実現しなかった。自動車製造事業法 フレッシュアイペディアより)

  • 国民車構想

    国民車構想から見たクライスラークライスラー

    中国が直接的に国民車構想を打ち上げたことはなかったが、国策として1983年以降、相次いで外国メーカーとの合弁企業の設立。1980年代以前に行われていた古色蒼然の乗用車生産からの脱皮を進めた。これらの動きは、後の1990年代に三大三小政策と呼ばれ、事実上、国民車構想的なものとして後付けされた。三大三小政策の三大(メーカー)とは、第一汽車とフォルクスワーゲン、上海汽車とフォルクスワーゲン、神龍汽車とシトロエンの合弁企業を示し、三小(メーカー)とは、北京汽車とAMC(現クライスラー)、広州汽車とプジョーの合弁企業及び天津汽車とダイハツの技術提携の組み合わせを示している。国民車構想 フレッシュアイペディアより)

  • 紅旗・名仕

    紅旗・名仕から見たクライスラークライスラー

    アウディ・100をベースとするセダンで、紅旗のエントリーモデルである。エンジンはクライスラーのライセンス生産である1.8L CA4GE型を搭載し、フォルクスワーゲンからライセンス導入された5速マニュアルトランスミッションが組み合わせられる。紅旗・名仕 フレッシュアイペディアより)

  • ラルース・LH94

    ラルース・LH94から見たクライスラークライスラー

    前作との主な違いは、再給油が認められたことで燃料タンクが小型化したことと、異なるエンジンを搭載したことである。、ラルースはクライスラーが資金提供するランボルギーニV12エンジンを搭載していたが、ランボルギーニがF1を撤退したためフォード・コスワースHBエンジンを搭載することとなった。このエンジンは前年にベネトンとマクラーレンが使用していた物であった。ラルースはかつて、、にフォード・コスワースエンジンを使用していた。ラルース・LH94 フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・フューリー

    プリムス・フューリーから見たクライスラークライスラー

    フューリー(Fury)は、1956年から1968年までクライスラー社のプリムス部門によって販売された自動車である。プリムス・フューリー フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・380

    三菱・380から見たクライスラークライスラー

    「DB」シリーズの三菱・380の開発は、日本の三菱自動車工業経営幹部がMMALに2種類の近似モデルに関する作業開始を承認した2002年に始まった。最初のモデルはコードネーム「PS41」と命名された9代目ギャランの右ハンドル仕様であり、マグナとヴェラーダの代替となる予定であった。2番目のモデルは2007年に発売予定の社内で「PS41L」として知られたロング・ホイールベース版で、左右両ハンドル仕様が作られる予定であった。しかし三菱自動車工業の財務状況が更に悪化するとダイムラー・クライスラー社は三菱自動車工業との提携から手を引き、「PS41L」の開発は2004年に破棄され、「PS41」が量産に入るかどうかも疑問視されるようになった。2004年半ばに実施された会社の調査では84%のオーストラリア人(だいたい5人中4人)が三菱自動車のオーストラリアでの生産中止を信じ込んでいることが分かった。ブランドに対する信頼回復のために380の発売前の2004年12月に一連のテレビCMが放映された。後のMMALのCEOトム・フィリップス(Tom Phillips)を中心に宣伝は業界初の5年/13万km 保証の導入を喧伝した。三菱は元クライスラー社の会長リー・アイアコッカのスローガンをもじってCMの最後を「高品質で素質の良い車をお探しなら、これをどうぞ。」("if you can find a better-built, better-backed car anywhere, then buy it")で締めくくった。三菱・380 フレッシュアイペディアより)

  • 1925年のル・マン24時間レース

    1925年のル・マン24時間レースから見たクライスラークライスラー

    出走したのは49台。イギリスからはベントレーの他サンビームとオースチン、イタリアからO.M.(Officine Meccaniche )とディアット(Diatto )、アメリカからクライスラーが出場するなど外国の会社が参加し始めた。1925年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

530件中 91 - 100件表示

「クライスラー」のニューストピックワード