530件中 101 - 110件表示
  • ライムグリーン

    ライムグリーンから見たクライスラークライスラー

    クライスラーでは1970年代初期、ダッジブランドでは "Sublime" 、プリムスブランドでは "Limelight" という明るい黄緑色の車体色があった。また、クライスラーでは同時期にメタリックの黄緑色を "Lime poly" と呼んで使っていた。2000年代中ごろのジープでは明るいメタリックグリーンを "Electric Lime" と称していた。ライムグリーン フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・コルト

    プリムス・コルトから見たクライスラークライスラー

    コルト(COLT )は、クライスラーのブランド、ダッジとプリムスブランドで販売された4ドアセダン、2ドアクーペ、ハッチバックである。すべて三菱・ミラージュのOEMである。コルトは、三菱・ミラージュの欧州名であった。プリムス・コルト フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・グランフューリー

    プリムス・グランフューリーから見たクライスラークライスラー

    グランフューリー(Gran Fury)はクライスラーがプリムスブランドで販売していた自動車である。プリムス・グランフューリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ロムニー

    ジョージ・ロムニーから見たクライスラークライスラー

    ロムニーはGM、フォード、クライスラーのビッグスリーに対抗する唯一の方法は小型車しかないと確信して、AMCの将来を賭けた。主任技術担当のミード・ムーア(Meade Moore)とともに、売れ行きが鈍っていたナッシュおよびハドソン2ブランドを終了させた。将来を賭けるブランドとしてランブラーが選ばれ、開発と宣伝に力を集中させた。AMCでは「コンパクトカー生産に集中する」という先進的な戦略でこれに臨んだ。この戦略が予想以上の成果を挙げ、経営が軌道にのった。1958年には過去3年間で初めての四半期利益を計上した。1958年は不況の年となり、売上を伸ばしたのはAMCだけだった。これによりAMCの全世界自動車メーカーランクは13位から7位となった。1950年代初頭にハドソンがNASCARレースでそのスピードで活躍したのとは対照的に、ランブラーはモービル主催の東西海岸間を結ぶ高速道路を経済走行するレース(モービルエコノミーラン Economy Run)で何度も優勝した。ジョージ・ロムニー フレッシュアイペディアより)

  • ミニライト

    ミニライトから見たクライスラークライスラー

    1964年 - デリックとジョンはアメリカにもミニライトホイールの大きな市場が存在する事を実感し、米国進出。特にルーツ・グループ(クライスラー・グループ)のにはミニライトが絶大な人気であった。ミニライト フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・ビンダー

    スティーヴ・ビンダーから見たクライスラークライスラー

    1968年、ビンダーがNBCで働いていたとき、局の幹部が『Hullabaloo』に出演したペトゥラ・クラークを主役に抜擢して特番を組むことになった。ゲストの黒人男性歌手ハリー・ベラフォンテと「On the Path of Glory」をデュエットした際、クラークはベラフォンテの腕に触ったが、これが番組のスポンサーだったクライスラーを困惑させることになった。大手自動車会社のクライスラーは、この一瞬の出来事が、まだ人種混交 (racial mixing) が大きな議論を呼んでいた当時の合衆国南部の視聴者たちの感情を害することを畏れたのである。クライスラーは「このタッチ (the touch)」を編集で切って、別の映像に差し替えるよう主張した。しかし、ディレクターだったビンダーは、クラークや、その夫でもあったフランス人プロデューサーのクロード・ウォルフ (Claude Wolff) とともに、これを拒み、収録されていたこの部分の他の映像をすべて廃棄して、「このタッチ」を含んだ形で番組を完成させてNBCに提出した。番組は1968年4月8日に放送されて高視聴率と好評を得、人種の異なる男女が直接触れる場面を含むアメリカ合衆国で初めてのテレビ番組となった。スティーヴ・ビンダー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・レバロン

    クライスラー・レバロンから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・レバロン(Chrysler LeBaron)(クライスラー・レバロン・GTS(Chrysler Lebaron GTS)、クライスラー・ファントム(Chrysler Phantom)))はクライスラー社が生産/販売していたミッドサイズ/コンパクトサイズの乗用車である。クライスラー・レバロン フレッシュアイペディアより)

  • タタ・イスパノ

    タタ・イスパノから見たクライスラークライスラー

    1962年、再び大工場へ移転し、ファクトリーアス・ナポレス (Factorías Nápoles, S.A.) となった。この会社ではスペインのみならず海外向けにもトラックとバスの製造を行った。1966年、会社はバレイロス・ディーゼル (Barreiros Diesel, S.A.) の一部門となった。バレイロスは1969年にクライスラーに買収されたが、バス車体製造部門は1971年にベルギーのバンホールに売却された。タタ・イスパノ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・インターナショナル

    ウィリアムズ・インターナショナルから見たクライスラークライスラー

    クライスラー社で自動車向けのタービンシステムの業務に携わっていたSam B. Williams博士だったが、小型のガスタービンを幅広く普及させたいという構想を抱いていた。1954年に彼はクライスラー社を離れミシガン州バーミンガムでウィリアムズ・リサーチ・コーポレーションを設立したウィリアムズ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • サイレントシャフト

    サイレントシャフトから見たクライスラークライスラー

    サイレントシャフトの登場によるランチェスターバランサーによる完全バランス達成はその後の直列4気筒の設計手法そのものに深い影響を与えることになり、三菱は後にフィアット、サーブ、ポルシェにサイレントシャフトの特許使用を認可、各社の2,000cc以上の大排気量直列4気筒エンジンに採用されることになった。また、当時三菱と提携していたクライスラー(ダッジ及びプリムス)の販売ルートにエンジンのOEM供給を行う事で、サイレントシャフト搭載エンジンは北米市場にも拡販されていった。また、韓国の現代自動車にもクライスラーと同様の形でサイレントシャフト搭載エンジンの供給が行われ、韓国国内でも販売が行われた。サイレントシャフト フレッシュアイペディアより)

530件中 101 - 110件表示

「クライスラー」のニューストピックワード