530件中 11 - 20件表示
  • ダッジ・A100

    ダッジ・A100から見たクライスラークライスラー

    A100は、アメリカの自動車メーカークライスラーがダッジブランドで生産していたコンパクトバンである。ダッジ・A100 フレッシュアイペディアより)

  • ダッジ・ラムバン

    ダッジ・ラムバンから見たクライスラークライスラー

    ラム・バン (Ram Van) は、アメリカの大手自動車メーカークライスラーがダッジブランドで生産していたフルサイズバンである。ダッジ・ラムバン フレッシュアイペディアより)

  • イーグル・メダリオン

    イーグル・メダリオンから見たクライスラークライスラー

    イーグル・メダリオン(Eagle Medallion)は、クライスラーが販売していた自動車である。ルノー・21のバッジエンジニアリングであった。メダリオンはルノー・21と同じプラットフォームを使用して製造されていたが、アメリカ市場のメダリオンは入手のし易さからドライブトレーンが異なり、外装においても現地の法規に合わせるべくフロントのデザイン、ボディ各部が異なっていた。当初メダリオンはアメリカン・モーターズ(AMC)からルノー名義で販売されたが、メダリオンが北米市場に導入された直後にルノー社はアメリカでの事業をAMCを買収したクライスラー社に売却した。イーグル・メダリオン フレッシュアイペディアより)

  • タルボ (自動車メーカー)

    タルボ (自動車メーカー)から見たクライスラークライスラー

    イギリスでは、1938年にサンビームとタルボを統合して「サンビーム-タルボ」ブランドが生まれた。その生産は第二次世界大戦中は中止されたが、1946年に再開された。1955年にはタルボブランドはなくなり、サンビームだけが1967年のクライスラーによるルーツの買収まで存続する。タルボ (自動車メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ハンバー (自動車)

    ハンバー (自動車)から見たクライスラークライスラー

    1966年から1979年まで生産されたハンバー・セプターがハンバー最後の車種となった。これはヒルマン・ミンクスの上級バージョンだった。ハンバー・ブランドは1975年まで続いたが、ヒルマン車がすべてクライスラーブランドとなった時点でハンバー・ブランドは使用されなくなった。この時点でヒルマン・ハンターはクライスラー・ハンターとなったが、1979年に製造中止となり、欧州クライスラーはプジョーに売却した。プジョー傘下でヒルマン車はタルボット(タルボ)の名を冠せられたが、タルボットも1986年には乗用車部門を終了し、その後の6年間はバンのみ製造していた。ハンバー (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・ホライズン

    クライスラー・ホライズンから見たクライスラークライスラー

    クライスラー・ホライズンはクライスラーのイギリス子会社の「クライスラーUK」(旧ルーツ・グループ)とフランス子会社のシムカにおいて1977年から1986年まで販売された小型乗用車である。クライスラーの世界戦略車として開発され、アメリカで1978年モデルイヤーから発売されたサブコンパクトカーであるダッジ・オムニ・プリマス・ホライズンと共に開発されたが、エンジン等が異なり部品の互換性は高くない。クライスラー・ホライズン フレッシュアイペディアより)

  • ダッジ・ラム50

    ダッジ・ラム50から見たクライスラークライスラー

    ダッジ・ラム50(Dodge Ram 50)はかつて、アメリカの自動車メーカーのクライスラーが、ダッジブランドで販売していたコンパクトピックアップトラックである。三菱・フォルテ及び三菱・ストラーダのOEM車であり、三菱自動車工業が日本の名古屋製作所で生産し、輸出していた。ダッジ・D50とも呼ばれていた。ダッジ・ラム50 フレッシュアイペディアより)

  • LVTP-6

    LVTP-6から見たクライスラークライスラー

    1952年よりエンジンの異なる試作車が複数製作され、その中でクライスラー製のエンジンを搭載したものが量産車として選定された。試作車はLVTP-5に比べて小型ながら凌波性にも優れ、10フィートまでの波浪の中でも安定した水上航行が可能で、地上での走行性能も良好であった。試験での評価も高く、「LVT-6」として採用が決定、派生型の開発も開始された。1956年には基本の兵員輸送型がLVTP-6として正式に採用されたが、LVTP-5は既に順調に量産されており、更に改良型のLVTP-5A1が完成していたことから、海軍艦船局および海兵隊は「2種類の車両を並行装備する必要性はない」と結論し、LVTP-6は制式化はされたものの量産発注が行なわれなかった。LVTP-6 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルマン・アヴェンジャー

    ヒルマン・アヴェンジャーから見たクライスラークライスラー

    ヒルマン・アヴェンジャー(Hillman Avenger )は クライスラー欧州部門が、その英国子会社のルーツ・グループのヒルマンブランドで開発、1970年から1976年まで、以降はクライスラー・アヴェンジャー、最後はクライスラー欧州部門が 1978年にPSA・プジョーシトロエンに身売りされたためタルボット・アヴェンジャーとして1981年まで生産・販売された後輪駆動の小型乗用車である。1970年代初頭には北米にもプリマス・クリケットとして輸出された。生産は当初はイングランドのライトンにあったルーツ・グループの工場が担当、後にスコットランド・グラスゴー近郊のリンウッド工場に移管された。ヒルマン・アヴェンジャー フレッシュアイペディアより)

  • PGM-11 (ミサイル)

    PGM-11 (ミサイル)から見たクライスラークライスラー

    レッドストーンはナチス・ドイツのV2ロケットの技術を用いて改良・大型化された弾道ミサイルで、本体全長21 m、直径1.8 m、質量約28,000 kg。生産はクライスラーが担当した。ロケットエンジンとして25%の水と75%のエチルアルコール(エタノール)を燃料とし、液体酸素を酸化剤として用いたA-6型を採用、真空中の推力は414.3 kN (42,251 kgf) であった。PGM-11 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

530件中 11 - 20件表示

「クライスラー」のニューストピックワード