530件中 21 - 30件表示
  • プリムス・バラクーダ

    プリムス・バラクーダから見たクライスラークライスラー

    バラクーダ(Plymouth Barracuda )は、クライスラーのプリムス部門で製造された乗用車。2ドアのクーペまたはコンバーチブルであり、1964年から1974年まで製造された。プリムス・バラクーダ フレッシュアイペディアより)

  • SLT 50 エレファント

    SLT 50 エレファントから見たクライスラークライスラー

    1960年代、当時の西ドイツとアメリカ合衆国との間で、新型の主力戦車の共同開発プログラム"MBT-70"がスタートした。この新型戦車は双方の国からの新技術の投入や要求仕様の盛り込みなどによって、車体重量が50トンを超えることが見込まれていた。このため、より積載重量の大きい新型の戦車運搬車が必要であることが明らかとなり、こちらも西ドイツ・アメリカ合衆国の共同開発プログラムとして、1965年に Heavy Equipment Transporter 70, HET-70プログラムが立ち上げられ、MBT-70プログラムと平行して進められる事となった。その後、アメリカのクライスラー社によってHET-70の試作車が製造されたが、予算の高騰を理由に1970年代に入りMBT-70プログラムは中止され、HET-70の共同開発計画も頓挫した。SLT 50 エレファント フレッシュアイペディアより)

  • モンテヴェルディ (自動車)

    モンテヴェルディ (自動車)から見たクライスラークライスラー

    社名はスイスでフェラーリなどの高級車ディーラーを経営していた創業者のペーター・モンテヴェルディ(Peter Monteverdi )に由来する。イタリアのカロッツェリアであるフィッソーレのボディと、主にクライスラー製V型8気筒エンジンを組み合わせたモデルを製造していた。当時、地元のジュネーヴ・モーターショーに毎年のように出展していたことでも知られる。日本では1970年よりイースタンモータースが輸入・販売していた。モンテヴェルディ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • CXCモータース

    CXCモータースから見たクライスラークライスラー

    しかし2012年3月、韓進グループの創業者・趙重勲の甥が設立した自動車輸入業のCXC(同社はクライスラー/ジープやプジョー、シトロエン車などの輸入も手掛けている)が三菱車を韓国国内で販売することを名乗り出たため、再び三菱車が販売されることとなった。その締結時には三菱自動車の社長・益子修(当時)も駆けつけ、現地向けのRVRも初披露された。CXCモータース フレッシュアイペディアより)

  • ダッジ・チャージャー

    ダッジ・チャージャーから見たクライスラークライスラー

    チャージャー (Charger) はクライスラー社の一部門である「ダッジ」が販売している自動車。いわゆるマッスルカーの1つである(一般的な乗用車にスポーツカー風のボディを架装したスペシャルティカーとする場合もある)。1966年に第一世代が登場し、2007年6月30日から2010年5月31日まで日本市場でも発売されていた。ダッジ・チャージャー フレッシュアイペディアより)

  • マトラ (自動車)

    マトラ (自動車)から見たクライスラークライスラー

    しかし、レース事業への注力で経営難に陥り、1969年12月にクライスラー傘下のシムカと合併し、社名を「マトラ・シムカ」に変更した。両社の関係は1980年代初めまで続いた。マトラ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・ロードランナー

    プリムス・ロードランナーから見たクライスラークライスラー

    ロードランナー(Road Runner)はクライスラー社のプリムスブランドから販売された自動車である。当時ブームに乗って高級化して行ったマッスルカーを、若年層を呼び戻すために徹底したコスト削減を行い販売価格を安価な設定に戻したことが特徴であった。プリムス・ロードランナー フレッシュアイペディアより)

  • クルーズコントロール

    クルーズコントロールから見たクライスラークライスラー

    クルーズコントロール(Cruise Control)とは、自動車の付加機能もしくはその装置の名称である。オートクルーズとも称する。アクセルペダルを踏み続けることなくセットした一定速度を維持する機能であり、運転者の疲労軽減並びに同乗者の快適性向上に寄与する。1958年にクライスラーが自動車の定速走行技術として初めて導入した。クルーズコントロール フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ウォルター・メイソン

    ジョージ・ウォルター・メイソンから見たクライスラークライスラー

    若い頃は地元のガレージで働き、大学での学位習得後にはスチュードベーカーに職を得た。その後幾度か職を変え、第一次世界大戦の時は軍務に服した。1921年にウォルター・クライスラーが率いていたマックスウェル=チャルマーズに職を得た。マックスウェル=チャルマーズは後にウォルター・クライスラーが改組し、クライスラーブランドの自動車を開発をおこなう会社である。ジョージ・ウォルター・メイソン フレッシュアイペディアより)

  • ナッシュ・モーターズ

    ナッシュ・モーターズから見たクライスラークライスラー

    主に中流を対象とした中価格帯の車を販売し、ビッグスリー(ゼネラルモーターズ、フォード・モーター、クライスラー)以外の独立自動車メーカーとしては第二次世界大戦後まで半世紀近くに渡って活動を続けた数少ない存在である。ナッシュ・モーターズ フレッシュアイペディアより)

530件中 21 - 30件表示

「クライスラー」のニューストピックワード