530件中 31 - 40件表示
  • カイザー=フレーザー

    カイザー=フレーザーから見たクライスラークライスラー

    第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけてカイザー・インダストリーズ(Kaiser Industries)を始めとする企業群を率いリバティー船の建造で「アメリカ近代造船の父」の名をほしいままにしていたヘンリー・J・カイザー(Henry J. Kaiser)と、かつてクライスラーに籍を置き自動車会社グラハム=ペイジ・コーポレーションの社長を務めていたジョゼフ・W・フレーザー(Joseph W. Frazer)が手を組んで1945年にカイザー=フレーザー・コーポレーションとして設立した。カイザー=フレーザー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見たクライスラークライスラー

    ゼネラルモーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラーの大手3社を総称してビッグスリーと呼び、この他にテスラモーターズなど新興メーカーがある。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • ルーツ・グループ

    ルーツ・グループから見たクライスラークライスラー

    自動車ディーラーとして創業し、1930年代までに、ヒルマン、ハンバー、サンビーム、タルボなどといった、いずれもイギリスの自動車メーカーを傘下におさめた。1960年代にはアメリカのクライスラーがその経営権を得、1967年には「クライスラー・ヨーロッパ社」として再組織した。同社は、1977年に経営破綻した。ルーツ・グループ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・マルキオンネ

    セルジオ・マルキオンネから見たクライスラークライスラー

    セルジオ・マルキオンネ(Sergio Marchionne, 1952年6月17日 - )はイタリアの実業家で、現フィアットグループ、およびフェラーリの会長、クライスラーの最高経営責任者 (CEO) 。姓は日本のメディアではしばしば「マルキオーネ」とも表記される。ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ会長と共に同グループの経営を立て直したことで広く認知されている。セルジオ・マルキオンネ フレッシュアイペディアより)

  • 法木秀雄

    法木秀雄から見たクライスラークライスラー

    法木 秀雄(ほうぎ ひでお、1945年 - )は日本の実業家、経営学者。早稲田大学経営大学院教授、元クライスラージャパン代表取締役社長、スタンフォード大学経営学修士。法木秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • パッカード

    パッカードから見たクライスラークライスラー

    1953年末、パッカードにとって非常に困難な事態が発生した。パッカード車のボディ製造を請け負っていたブリッグス社が、経営問題に乗じる形でライバルのクライスラーに買収され、パッカード車のボディの生産が出来なくなるという事態が生じたのである。交渉の結果1954年型の生産は継続されることになったが、それ以降は拒絶され、1955年型以降は他社に依頼するか自社で生産するかの選択を迫られた。パッカード社はブリッグス社の空いている工場を借り、ボディのみならず、最終組み立てもその工場で自社で行うと決定した。しかし、急ごしらえのラインで不慣れな工員に生産をさせたことが災いし、品質は低下、クレームが多発した。品質水準は徐々に回復したが、解決までには1年以上を要し、パッカードのイメージと信用は大いに傷ついた。パッカード フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・ヘミエンジン

    クライスラー・ヘミエンジンから見たクライスラークライスラー

    OHV方式で半球型燃焼室・クロスフロー吸排気方式を採用したエンジンは1940?1970年代にかけて世界各地で市販化された事例があるが、「ヘミエンジン」ないし「ヘミ」と称した場合、一般にはアメリカ合衆国のクライスラーが開発、1950年代以降に市販乗用車に搭載した一連のエンジンシリーズを指す。最盛期のクライスラーを代表するエンジンのひとつである。クライスラー・ヘミエンジン フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・スタリオン

    三菱・スタリオンから見たクライスラークライスラー

    アメリカ市場を意識していたため、低〜中回転域を重視したトルク重視のエンジンセッティングとなっているのが特徴で、2,600ccエンジンの最高出力は175psであったが、最大トルクは32.0kg-mを発揮していた。クライスラーにもOEM供給され、ダッジとプリムスからコンクエスト(Conquest)の名称で販売されていた。三菱・スタリオン フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・6G7型エンジン

    三菱・6G7型エンジンから見たクライスラークライスラー

    最初に登場したエンジン。クライスラー向けに大量にOEM供給された。また、パジェロなどの4WD車にも搭載され、乗用車用とは異なるセッティングが成されていた。三菱・6G7型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト大都市圏における日本人の歴史

    デトロイト大都市圏における日本人の歴史から見たクライスラークライスラー

    1980年代中期までに、反日感情は、特に若い年代では減少した。アメリカ政府および産業界の指導者の反日感情はトーンダウンした。デトロイトにおいては、日本製の自動車は、ブルーカラーの労働者間にも増加した。1991年にAP通信のシャロン・コーエン(Sharon Cohen)は、1981年から反日感情はほとんど減少し、米国自動車産業組合員も日本車製造に携わることになったと述べている。彼女はデトロイト大都市圏で、政治家やクライスラーの議長などが日本自動車産業へ対して公に悪口を述べているので、ジャパンバッシングはなお、存在すると付け加えた。デトロイト大都市圏における日本人の歴史 フレッシュアイペディアより)

530件中 31 - 40件表示

「クライスラー」のニューストピックワード