530件中 71 - 80件表示
  • クライスラー ブランプトン工場

    クライスラー ブランプトン工場から見たクライスラークライスラー

    ブランプトン工場(Brampton Assembly)はカナダ、ブランプトンにあるクライスラー社の自動車組み立て工場である。クライスラー ブランプトン工場 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー (自動車)

    ジェフリー (自動車)から見たクライスラークライスラー

    チャールズ・T・ジェフリーとトマス・B・ジェフリーが創業したトマス・B・ジェフリー・カンパニーでは1902年から1913年までランブラー(Rambler)という名前で自動車を販売した。創業者トマス・ジェフリーは1910年に亡くなり、息子のチャールズが事業を継いだ。チャールズは創業者である父を称え、1915年にランブラーをジェフリーと変更した。1917年には前ゼネラルモーターズ社長チャールズ・ナッシュに会社を売却し、ナッシュはナッシュモーターズを創業した。ナッシュモーターズはナッシュ=ケルビネーターコーポレーションを経て、1954年には合併でアメリカンモーターズコーポレーション(AMC)となり、最終的に1987年にクライスラーに買収されてジープ=イーグル部門となった。ジェフリー (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • プジョー・104

    プジョー・104から見たクライスラークライスラー

    104は当初純粋なプジョー車として開発されたが、プジョーが1974年にシトロエンを吸収合併し持株会社「PSA・プジョーシトロエン」(当初は単にPSAと呼称=Peugeot Société Anonyme)を設立、さらに1979年にクライスラー UK(旧ルーツ・グループ)及びシムカ)を傘下に収めると、両社のベーシックカーのベースモデルとして104が使われることになった。1975年デビューのシトロエン・LN、1978年発売のヴィザ、1981年登場のタルボ・サンバはいずれも104のフロアパンを用いた兄弟車である。プジョー・104 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・トリノ・タラデガ

    フォード・トリノ・タラデガから見たクライスラークライスラー

    トリノ・タラデガはフォードがサーキットでの勝利の為に心血を注いだ車体であり、その期待通りNASCAR・1969年シーズン中に29勝を挙げ、年間チャンピオンの栄光も勝ち取った。トリノ・タラデガの活躍に触発されたクライスラーは最初の挑戦者としてダッジ・チャージャー・500(:en:Dodge_Charger_(B-body))を送り込んだが、トリノ・タラデガの前に完敗を喫した。後の1970年にはダッジ・チャージャー・デイトナ(:en:Dodge_Charger_Daytona)とプリムス・スーパーバード(:en:Plymouth Superbird)を投入し、トリノ・タラデガを擁するフォード勢と激戦を繰り広げた。しかし、1971年シーズン前にNASCARは俗にエアロ・ウォーリアと呼ばれた大規模な空力付加物を装備した車両を全面禁止する事となり、トリノ・タラデガより始まったエアロカー(:en:Aero Warriors)の時代は幕を閉じる事になった。フォード・トリノ・タラデガ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・オーデット

    ダニエル・オーデットから見たクライスラークライスラー

    4年後にフィアットから独立し、F1やパワーボートの世界でスポンサー仲介業に就いた。1989年、クライスラーに買収されたランボルギーニのF1エンジンプロジェクトの責任者となり、1993年まで働いた。プロジェクトが閉鎖されるとエナジードリンクメーカー、パワーホース (Power Horse) がスポンサーを務めるスーパーバイク世界選手権に関わった。ダニエル・オーデット フレッシュアイペディアより)

  • 点火装置

    点火装置から見たクライスラークライスラー

    アメリカにおいては、電子制御式点火装置は1948年に冷陰極管方式のものをデルコ-レミー・エレクトリックがテストを行ったのが最初のものとされる。一方、ルーカス・インダストリーズは1955年に初めてのトランジスタ式点火装置を開発、BRMとコヴェントリー・クライマックスが製作したF1に搭載され1962年のF1世界選手権に投入される。同年、アフターマーケットパーツとしてAutoLite社がTransistor 201、:en:Tung-Sol社がEI-4という商品名で電子制御式点火装置を市場投入した。そして、ポンティアックは自社の乗用車に電子制御式点火装置をオプション設定した最初のブランドであり、この点火装置はDelcotronicとして、1963年の二代目シボレー・コルベットから全面採用されるようになった。フォードはルーカスのシステムを採用し、1962年のロータス・25に初採用、インディアナポリス500出場車にも1964年モデルでテストが行われ、翌1965年から本格的に搭載されるようになった。クライスラーでは1958年より:en:Earl W. Meyerの設計の元で電子制御式点火装置が採用され始め、1961年にはNASCAR参戦車両のクライスラー・ヘミエンジンにも搭載されるようになった。点火装置 フレッシュアイペディアより)

  • ハンバー・セプター

    ハンバー・セプターから見たクライスラークライスラー

    セプター(Sceptre )はイギリスにかつて存在した自動車メーカーであるルーツ・グループおよびその後身のクライスラーUKがハンバーのブランドで1963年から1975年生産した、比較的高級な内外装を持った小型乗用車である。ハンバー・セプター フレッシュアイペディアより)

  • プリムス・アクレイム

    プリムス・アクレイムから見たクライスラークライスラー

    アクレイム(Acclaim )はクライスラーの一部門である「プリムス」が販売していた自動車である。プリムス・アクレイム フレッシュアイペディアより)

  • クライスラーグループLLC

    クライスラーグループLLCから見たクライスラークライスラー

    クライスラーグループLLC フレッシュアイペディアより)

  • デソート

    デソートから見たクライスラークライスラー

    デソート(DeSoto 、De Sotoとも)は、アメリカのクライスラー社が北米で展開した自動車ブランドである。1928年のクライスラー黎明期に設立された。クライスラー内において、上級志向のモデルをラインナップしていたのが特徴であった。しかし自社内の高級路線の乱立による販路の混迷により、1961年までに終焉を迎えた。デソート フレッシュアイペディアより)

530件中 71 - 80件表示

「クライスラー」のニューストピックワード